日韓問題(初心者向け)

【日韓問題】ソメイヨシノの韓国起源説 前編

2018/03/24 23:48 投稿

コメント:9

  • タグ:
  • 政治
  • 韓国
  • ゆっくり解説
  • 日韓問題&マスコミ問題(初心者向け)
  • ソメイヨシノ
  • 韓国起源説

本日はソメイヨシノの韓国起源説の解説となりますが、元記事は多すぎるので以下のリンクを参照してください。

http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/tag/%E3%82%BD%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%8E?page=1




youtube版
https://youtu.be/O4OmKpMLf8I

以下は動画のテキスト版です。


レイム マリサ
ゆっくりしていってね。


レイム
さて、前回はちょっと特殊な回だったけど、今回からまた韓国が直接関わっていく事になるわね。


マリサ
なあ、その件なんだが、ちょっと調べたら少し前に韓国メディアが「ソメイヨシノと韓国の王桜は別種」って報道をしていたみたいなんだが。


レイム
ああ、それね。
それは韓国の政治情勢が深くかかわっているのだけど、その話は次回になるから今回はやらないわよ。
予備知識なしにやっても混乱の元だし。


マリサ
ってことは、ソメイヨシノの韓国起源説が消滅したわけじゃないのか?


レイム
そういう事ね。
このあたりは次回のブロマガ記事のほうでもやる「予定」らしいから、動画を見る前にそっちで予習するのもいいかもね。


レイム
あと、前回の動画なんだけど、まあ毎回の事だけど一応見なくても今回の動画は理解できるようにしてはいるけど、事前に見ておくと理解が深まるからお勧めとだけ言っておくわね。


レイム
そんなわけで本編へいくわ


最もカオスな韓国起源説


マリサ
いきなりぶっとんでんな。


レイム
あのねマリサ、このソメイヨシノの韓国起源説ってね、全体を把握するのは物理的に無理なのよ。


マリサ
なんでだ?


レイム
例えばなんだけど、根本のプロットそのものが崩壊してしまっているお話があったとするでしょ?
でもそれがなぜか人気が出て、多数の続編やスピンオフ、外伝、アナザーストーリー、他作品とのコラボ、マルチメディア展開が行われ、それぞれの繋がりに更なる矛盾がでている作品があったとするわね。


マリサ
なんか聞いてるだけで頭痛くなってくるな…


レイム
もしもよ、マリサがそれを時系列順にまとめて全く予備知識の無い人向けに解説動画を作ってみてといわれたら、どうする?


マリサ
嫌に決まってるだろ。
聞いてるだけで脳が溶けて鼻から垂れてきそうだぜ。


レイム
ソメイヨシノの韓国起源説ってね、例えるなら「そういう事」なのよ。


マリサ
おいちょっと待て、この解説大丈夫なのか?


レイム
大丈夫よ、この解説ではほぼ「本編」しかやらないから。
それでもかなりのカオスは覚悟して欲しいけどね。


マリサ
うわぁ…


意図的に混同


レイム
それでね、このソメイヨシノの韓国起源説なんだけど、出発点は以前も解説したようにかつて韓国での民族主義の高まりからソメイヨシノが「日本のものだ」とされて切り倒されまくった時期があって、その予防策として起源主張がされた事を説明したわよね。


マリサ
ああ、なんかあったな。


レイム
で、ハンギョレ新聞によるとこういう主張がされ始めたのは1960年代頃からのようなのね。

桜の花‘韓-日原産地論争’なぜ終わるのではないか
ハンギョレ新聞(韓国語) 2015-04-03
http://www.hani.co.kr/arti/society/environment/685392.html

「日本、京都の桜の花も、ワシントン、ポトマック川辺の桜の花も韓国産。」

韓-日関係が冷たく冷めても4月になれば間違いなくこういう記事があふれる。独島(ドクト、日本名:竹島)問題が熱かった2011年も、慰安婦問題がふくらんだ今年も同じだ。韓国と日本だけでなく米国など世界的に路上や公園にたくさん植えられる桜(厳密には王桜)の原産地が漢拏山(ハルラサン)で、これが日本をはじめ世界に広まったという主張は1960年代から出てきた。
(後略)


マリサ
なんか結構古いんだな。
もっと最近かと思ってた。


レイム
まあ、韓国起源説って韓国で民族主義が先鋭化する前はかなり大人しかったようで、そこまで過激ではなかったようだから目立たなかったのよね。


レイム
それでね、前に韓国で民族主義が先鋭化し始めたのは2002年頃からって解説したでしょ?
どうも政府が本格的に宣伝し始めたのは盧武鉉政権(2003から2008年)頃からのようなのね。

韓国文化庁
http://web.archive.org/web/20121103041302/http://www.cha.go.kr/unisearch/Uniresult_Db_View.jsp?VdkVgwKey=16,01730000,36

ソメイヨシノはバラ科に属する木として花は4月頃に葉より先に淡い白または淡い紅色を帯びる。 地形が高いところで育つ山桜と、それよりも低いところに育つ桜の間に生まれた雑種との説もあるが、済州島と全羅南道大屯のみ自生する韓国特産種である。

ソメイヨシノは、かつての日本の国花として切り倒される受難をされたりしたが、日本にはソメイヨシノの自生地がなく、純粋な韓国の特産種として日本には韓国のソメイヨシノが導入されて行って育っていると推定している。

大屯ソメイヨシノ自生地は大興寺裏手麓に位置しており、2本の木が育っている。 年齢は知ることができません。大きな木の高さは15m、周囲は0.8mであり、小さな木の高さは7m、周囲は0.3mである。 済州島を除く陸地では、唯一のソメイヨシノ自生地で、現在は鉄柵を作成し、保護している。

ソメイヨシノは韓国が起源で、その数は非常に少ない希少種なので、生物学的価値が高く、植物地理?


レイム
それでね、この時点での特徴として、この韓国文化庁の記事にもあるように、ソメイヨシノは韓国の王桜と同種であり、韓国の自生種を日本に持ってきたのがソメイヨシノであるとしているの。
後ほどこれが重要になるから覚えておいてね。


マリサ
あれ?ちょっと待ってくれ、ソメイヨシノと王桜って単語が出てきているけど、これはどういうことだ?


レイム
ああ、そのあたり説明していなかったわね。
韓国ではね、韓国済州島に見られる王桜と日本のソメイヨシノが「同じ桜」であるとして、意図して単語に区別をつけていないのよ。


レイム
このあたりはgoogle翻訳で「ソメイヨシノ」と「王桜」を韓国語に翻訳してみるとわかるわ。
どっちもハングルで同じ「ワンボンナム」って読みの単語が出てくるから。


※ソメイヨシノ、王桜共に翻訳すると「왕벚나무(ワンボンナム)」という単語になります。


レイム
さらにね、韓国は意図して王桜にソメイヨシノと同じ「学名」をつけたりしているのよ。


マリサ
なんか混乱してきたんだが、ソメイヨシノと王桜は別種なんだよな?


レイム
別種よ。
ソメイヨシノは前回の動画で解説したように、オオシマザクラとヤマザクラの交雑種と、エドヒガンが交雑した種って事が遺伝子解析で判明していて、王桜の方はエドヒガンと「オオヤマザクラ」の自然交雑種だからね。

‘染井吉野’など、サクラ種間雑種の親種の組み合わせによる正しい学名を確立
森林総合研究所 2017/1/18
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2017/20170118/documents/20170118press.pdf

(一部抜粋)
ポイント・4つの種間雑種の学名を、エドヒガン等の親種の組み合わせで整理しました・Cerasus × yedoensisという学名は、エドヒガンとオオシマザクラの種間雑種名として用いるべきことを示しました・韓国済州島のエイシュウザクラは、‘染井吉野’と異なり、エドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種(C. × nudiflora)であることを明らかにしました

※エイシュウザクラは王桜の別名


レイム
実際、韓国があまりにも学術的な研究を無視して無茶苦茶やるものだから、森林総合研究所のほうで明確に遺伝子解析して別の学名をつけて国際的に論文発表したしね。


マリサ
ほう、韓国関連では異様な圧力がかかる事が多いのに、森林総合研究所はちゃんと仕事したんだな。


レイム
それはね、KBSがここの研究員の勝木俊雄さんを「騙して」取材して、韓国起源説を認めているかのように印象操作して、国際的なプロパガンダに利用したからなのよ。


KBSが発端


マリサ
KBSって韓国の公共放送だよな?
何をやらかしたんだ?


レイム
その前にね、元々ソメイヨシノの韓国起源説って、実は2014年頃まではそこまで規模の大きな起源主張ではなかったの、元々原理主義的民族主義者が騒いだ結果の予防策だったしね。


マリサ
そこにKBSが何かやらかしたって事か?


レイム
そう、2014年にKBSが特集を組んで大々的に報じたの。
背景の詳しい解説は次回になるけどね。
ちなみに、KBSって韓国で最も影響力のあるメディアだからね。

「花の戦争…桜の花原産地は‘韓国’」 
KBS(韓国語) 2014.04.03
http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2838738&

<アンカーコメント> ちょうど今、桜の花で、全国各地壮観を織り成しているでしょう?
この桜の花は、ほとんど王桜で我が国をはじめ、日本で最も多く見られる種類です。
ところが、日本がこの桜の花の原産地も歪曲しているといいます。
(中略)
<質問>それでは、桜の花の原産地はどこですか?
<回答>去る1908年に、済州島を訪問したフランス人神父タケが漢拏山中腹から王桜の自生地を発見します。

文献を見てみましょうか?
朝鮮総督府でも我が国全域を直接現地調査し、桜の花の原産地が済州島だと明らかになりましたが、日本の船乗りたちが桜を済州島から持ってきて神に献上したという文献もあります。

特に原産地を判断するのに最も重要なのが自生地であるかどうかで、済州島には、自生桜が確認されただけで200本を越えました。

国立山林科学院キム・チャンス博士の話を聞いてみましょう
<インタビュー>キム・チャンス(国立山林科学院、暖帯亜熱帯山林研究所):"変異がずっと正規分布をする必要があります王桜の葉の形がこのようにできたとすると、これを基準として…"

科学的な研究結果も桜の花が韓国産であることを裏付けています。
山林庁が、日本と韓国の桜のDNAを分析した結果はもちろん、米国農務省が、最近の日本と韓国の桜試料82個を採取して塩基配列などを分析した結果でも、済州王桜と日本のソメイヨシノが遺伝的に同一であることが確認されました。


<質問>ところが、日本は桜の花の原産地が自国だと主張していないですか?
<回答>先に文献で桜の花の原産地が済州だと認めた日本が、光復以後、突然態度が
急変しました。日本の桜と済州島の王桜は完全に別の種というものです。

先に見た、韓国と米国の遺伝子研究結果にもかかわらず、日本は自生種であるエドヒガン
とオオシマザクラの雑種交配で、済州王桜である「ソメイヨシノ」が生まれたと主張しています。

日本の専門家の話を聞いてみましょうか?
<インタビュー>カツキトシオ(博士/日本森林科学園):"桜の花は、元々、日本に自生していた私たちが見る桜の花はソメイヨシノを含む栽培品種というものです"

しかし、肝心の日本は自分たちの桜の花の自生地は、まだ探しているという立場です。
自生地をまだ知らないというものです。

<質問>日本はこの桜の花も外交的に利用していますね?
<回答>はい、ご覧の画面が大規模な桜祭りが開かれるアメリカワシントンDCポトマック川沿いです。去る1912年、日本の東京市長が桜3000本をプレゼントしたのがきっかけになりました。第二次世界大戦当時、日本が真珠湾を襲撃し、桜を切ろうという動きがあったが、李承晩元大統領が桜の原産地が韓国だという事実を知らせて維持された。

日本はこの桜の花が日本産だと主張しているが、この花さえも、済州王桜と同じ種であることが確認されました。このように、私たちが無関心な間、日本軍国主義の象徴でもある桜の花は、アメリカとヨーロッパに木が伝えられたり、各種キャラクター商品化を通じて日本を知らせる外交的手段で着実に活用されているのが実情です。

国境を越えて誤った認識が根付いている状況なので、今でも正すための努力が必ずされなければならないと考えられます。


レイム
このKBSのニュースが発端なんだけど、ここにソメイヨシノの韓国起源説の問題のほとんどが詰まっているから、重点的に解説していくわね。


レイム
まず、「去る1908年に、済州島を訪問したフランス人神父タケが漢拏山中腹から王桜の自生地を発見します。」とあるけど、これは事実ね。


マリサ
王桜って発見が意外と襲いのな。
あれ?なんかおかしくないか?


レイム
マリサまあちょっと待って、他にも情報があるから。
このフランス人神父が王桜を発見して、元々この神父は日本に滞在していた事があった背景から、この王桜はソメイヨシノの亜種では無いかと考えて、ドイツベルリン大学の植物学者ベルンハルト・ケーネ教授にサンプルを送ったのね。


レイム
で、このケーネ教授はこれを「ソメイヨシノの亜種である」と発表したのも事実よ。


マリサ
あれ?遺伝子的に別種と確認が取れているんだよな?どういうことだ?


レイム
それはね、元々王桜はエドヒガンとオオヤマザクラの交雑種だから、その中に「ソメイヨシノと見た目が似た個体」があっただけなの。
例えばさ、同じ親から生まれた子供が「みんな同じ顔」になるわけじゃないでしょ?
でも同時に「片方の親」が同じなら「似た子供」が生まれる可能性だってあるわよね?


マリサ
ああ、そういうことか。
遺伝子的に似ている部分があったから、遺伝子解析がなかった当時はそれがわからなかったわけか。


レイム
もう一つ問題があってね、ドイツには当時日本固有種であるオオシマザクラのサンプルが無かったから、それとの比較が出来なかったって問題もあったの。


マリサ
それで「ソメイヨシノの亜種」って判断をしたわけだな。


レイム
あとはね、明治から昭和初期までは、日本でも「ソメイヨシノの自生地」があるんじゃないかと思われていて、それを探す研究がされていたから、それも影響したでしょうね。
あと、日本の植物学者の小泉源一博士(1883年から1953年)も似たような結論を出していたのだけど、これも結局後の研究で否定されたわ。


マリサ
結局どういうことだ?


レイム
要するに、王桜にはオオシマザクラの遺伝的特徴が無い上に、ソメイヨシノにはオオヤマザクラの遺伝的特徴が無く、後にソメイヨシノは接木で増えるクローン園芸品種でそもそも原種がないって事が判明したから、ケーネ教授や小泉博士の説は否定されたって事。


マリサ
要するに韓国は、過去にそういう学説があったってだけのものを、背景を無視して主張し続けているって事か。


レイム
そういう事。
根拠の概念が希薄な韓国社会らしい出来事なのよ。


レイム
それで次に「米国農務省が、最近の日本と韓国の桜試料82個を採取して塩基配列などを分析した結果でも、済州王桜と日本のソメイヨシノが遺伝的に同一であることが確認されました。」と書かれているわね。


マリサ
これまでの経緯を知っているとこれもやっぱり、「そういうこと」なのか?


レイム
まあお察しの通りよ。
実際のアメリカ農務省の遺伝子解析結果はこちらね。


Characterization of Wild Prunus Yedoensis Analyzed by Inter-Simple Sequence Repeat and Chloroplast DNA
(シンプルシーケンス反復と葉緑体DNAにより分析された野生のPrunus Yedoensisの特性)
http://www.ars.usda.gov/research/publications/publications.htm?SEQ_NO_115=205306

Interpretive Summary: Yoshino cherry (Prunus × yedoensis) is one of the most popular ornamental Prunus species in landscapes around the world. There are debates on the differences between this species and a taxon from Korea. Some believe the Korean taxon is related to one of Yoshino cherry hybrids. Parentage of Yoshino cherry hybrids has also been confusing and was reported to be a hybrid between the double white-flowered P. speciosa and the single pink-flowered P. subhirtella. Based on the differences of amount of hairs on calyx lobes and shorter peduncles, P. yedoensis was considered different from Yoshino cherry hybrids. This study seeks to determine the taxonomic identity of Korean taxon and Japanese hybrids of Yoshino cherry using molecular markers and from chloroplast DNA. This study showed that Prunus japonica var. nakaii, P. buergeriana, and P. maximowiczii were not genetically related to P. yedoensis. Accessions belonging to each of P. serrulata var. spontanea, P. serrulata var. pubescence, and P. sargentii were not closely related, but were each closely related to P. yedoensis and P. ×yedoensis. In conclusion, it appears that the Korean taxon, P. yedoensis, can be considered different from Yoshino cherry hybrids.

Technical Abstract: This study was initiated to establish the relationships of the wild species of Prunus and to attempt clarify the identities of taxa referred to as P. yedoensis Matsum. that grows under natural environments in Jeju, Korea and of Yoshino cherry hybrids (cultivars of hybrid origin of P. × yedoensis) that grows only in cultivated conditions in Japan and to understand the status and difference between these two taxa. Prunus yedoensis and other species collected from natural habitats from Jeju, Korea and cultivated materials of Yoshino cherries from Tokyo and Washington, D.C., were analyzed with inter-simple sequence repeat (ISSR) markers, and sequence analysis of two chloroplast DNA (cpDNA) genes, rpl16 and trnL-trnF spacer. Depending on the source of Yoshino cherry, accessions show variations with ISSR and cpDNA. Prunus japonica var. nakaii (H. Lev.) Rehder, P. buergeriana Miq. P. maximowiczii Rupr. are not considered genetically related to P. yedoensis. Accessions belonging to each of P. serrulata var. spontanea (Maxim) E. H. Wilson, P. serrulata var. pubescens (Makino) Nakaii, and P. sargentii Rehder were not clustered together, but grouped closely to P. yedoensis and Yoshino cherry accessions. However, some Yoshino cherry accessions showed the same rpl16 haplotype of AA at the position of 113 and 206 which were found in four out of 21 P. yedoensis accessions. Seventeen accessions of P. yedoensis showed rpl16 haplotype of TA at these positions. Putative parental taxa for both P. yedoensis and Yoshino cherry hybrids could not be revealed by ISSR and nucleotide indels. However, P. yedoensis native to Korea can be considered different from Yoshino cherry of hybrid origin from Japan based on ISSR markers and rpl16 haplotypes. Therefore, it may be concluded that the Korean taxon currently referred to as P. yedoensis can be considered sufficiently distinct to warrant recognition as a distinct entity.


機械翻訳
解釈の要約:吉野桜(Prunus×yedoensis)は、世界各地の風景で最も人気のあるプルヌス種の1つです。 この種と韓国の分類群の違いについて議論があります。 韓国の分類群は、吉野桜のハイブリッドの一つと関連していると信じている人もいる。 吉野桜の雑種の親子も混乱しており、二重白花のP. speciosaと一本のピンク花のP. subhirtellaとのハイブリッドであることが報告されている。 P. yedoensisは、葉の葉や短い柄の毛の量の違いに基づいて、吉野桜の雑種とは異なると考えられていた。 本研究では、分子マーカーと葉緑体DNAを用いて、日本のタキソウと日本の吉野桜の雑種の分類学的同一性を決定することを目指している。 この研究は、Prunus japonica var。 ナカイ、P. buergeriana、およびP. maximowicziiはP. yedoensisと遺伝的に関連していなかった。 P. serrulata var。 spontanea、P. serrulata var。 PubescenceおよびP. sargentiiは密接に関連していなかったが、それぞれP。yedoensisおよびP.x yedoensisと密接に関連していた。 結論として、韓国の分類群、P. yedoensisは、吉野桜の雑種とは異なると考えることができるようである。

技術概要:この研究は、プルヌスの野生種の関係を確立し、P. yedoensis Matsumと呼ばれる分類群のアイデンティティを明らかにするために開始された。 日本の栽培条件下でのみ生育する吉野桜の雑種(P.x yedoensisのハイブリッド品種)の繁殖状況を把握し、これら2つの分類群の地位と差異を理解することが重要である。 (日本植物病理学会)、日本植物病理学会(日本植物病理学会)、日本植物病理学会(日本植物病理学会)、日本植物病理学会(日本植物病理学会) 、rpl16およびtrnL-trnFスペーサー。 受託者は、吉野桜の源によっては、ISSRとcpDNAとの変異を示す。 Prunus japonica var。 ナカイ(H. Lev。)Rehder、P. buergeriana Miq。 P. maximowiczii Rupr。 P. yedoensisと遺伝的に関連するとは考えられていない。 P. serrulata var。 spontanea(マキシム)EH Wilson、P. serrulata var。 Pubescens(Makino)Nakaii、P. sargentii Rehderは群をなしていなかったが、P. yedoensisおよびYoshino cherry加盟群に密接に分類された。 しかし、一部の吉野桜の受託者は、21頭のP. yedoensis受託品のうち4種に見出された113および206の位置に、同じrpl16ハプロタイプのAAを示した。 P. yedoensisの17回の受託は、これらの位置でTAのrpl16ハプロタイプを示した。 P. yedoensisおよびYoshino cherryハイブリッドの両方の推定親種は、ISSRおよびヌクレオチドindelsによって明らかにすることができなかった。 しかし、韓国産のP. yedoensisは、ISSRマーカーとrpl16ハプロタイプに基づいて日本からのハイブリッド起源の吉野桜とは異なると考えることができる。 したがって、現在、P. yedoensisと呼ばれている韓国の分類群は、別個の実体としての認識を保証するために十分に区別されていると考えることができる。


レイム
見ての通り、「したがって、現在、P. yedoensisと呼ばれている韓国の分類群は、別個の実体としての認識を保証するために十分に区別されていると考えることができる。」と書かれているわ。


マリサ
やっぱりか、よくこんなすぐばれる嘘を…


レイム
韓国では良くある事よ?


レイム
そして最後

「花の戦争…桜の花原産地は‘韓国’」 
KBS(韓国語) 2014.04.03
(一部抜粋)
日本の専門家の話を聞いてみましょうか?
<インタビュー>カツキトシオ(博士/日本森林科学園):"桜の花は、元々、日本に自生していた私たちが見る桜の花はソメイヨシノを含む栽培品種というものです"

しかし、肝心の日本は自分たちの桜の花の自生地は、まだ探しているという立場です。
自生地をまだ知らないというものです。


レイム
ここに出てくるカツキトシオって名前の人がさっきの森林総合研究所の勝木俊雄さんよ。
彼はそもそもKBSがソメイヨシノの韓国起源説を主張するための特集を組むって事を知らずにインタビューを受けたそうなのね。


マリサ
なんか日本のテレビ局や新聞社みたいなことやってるんだな。


レイム
テレビ局や新聞社なんて、どの国でもこんなものってことでしょ。
それでね、勝木さんはどうも「明治から昭和初期の学者は自生地を探していた」って事と、「ソメイヨシノの接木の元となった原木はまだみつかっていない」ってことを説明したら、「肝心の日本は自分たちの桜の花の自生地は、まだ探しているという立場です。自生地をまだ知らないというものです。」と曲解されたようなのね。


マリサ
こういう手法、TBS初音ミク事件の動画で紹介した、TBSやNHK、フジ、毎日新聞の事例とそっくりだな。


レイム
どの国のテレビ局や新聞社であっても、安易に取材を受けちゃいけないって事が良く解るでしょ?
しかもね、この後この勝木さんの取材内容の曲解は、多数の韓国メディアで宣伝されるようになって、さらには韓国外での起源主張でも使われるようになったのよ。


マリサ
あー、だからさっきの「王桜の学名」を確定させる論文に繋がったのか。


レイム
そういうことね。


「深淵」へようこそ


レイム
さあマリサ、ここからがソメイヨシノ韓国起源説の「カオス」の始まりよ。
深淵を除く準備はいい?
根拠を重視しない社会というものが何を意味するか、マリサはその真の姿を知る事になるのよ。


マリサ
おい、怖くなるからそういう言い方やめろ。


レイム
じゃあいくわよ。
まずさっきのKBSの特集から数日後の同じくKBSの特集からね。

[取材後]花の戦争...桜の原産地は?
KBS NEWS(韓国語) 2014.04.11 
http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2843708

日本の代表的な桜の名所である東京上野公園は、桜見物しようとする日本の人々で賑わっていました。ところが、我が国の花見とは風景が少し違います。日本語で「コンノリ」を意味する「花見(ハナミ)」文化が日本人の長年の伝統となっているように見えました。桜の下に座って談笑も交わしながら、桜を楽しむ姿が風景と調和しています。日本人は桜を日本の精神と結びつけたりもします。一方、我が国は、桜の花自体への愛情はありません。なぜでしょうか。

我が国では、桜は日本の花という認識のために、日帝強占期以降そっぽ向かれてきました。
実際、1980年には、日本が日帝強制占領期の昌慶宮に植えられた日本の桜の木、約2千本を宮廷の格に合わないという理由で昌慶宮復元の過程で排除したりもしました。はい、そうです。
我が国に植えられた桜はほとんどが日本人たちが植えた桜の木なんです。

しかし、桜の原産地を確かめてみれば話が変わります。韓国の複数の植物学者たちは、過去の日本人が済州島にある王桜を日本に持っていったことが、日本の桜の始まりであると主張します。学界ではすでに桜の原産地についての熾烈な攻防が展開されていました。韓国と日本の植物学者たちが主軸になって、米国農務省も関心を持って桜の原産地を研究しています。

取材陣は、日本の桜の植物学者である日本の山林科学園所属のカツキトシオ博士に会いました。カツキ博士は、日本の桜の品種は「ソメイヨシノ」で済州の王桜とは別種だと主張します。
日本に「エドヒガン」と「オオシマザクラ」を人為的に交配して最もきれいな品種である今の桜「ヨシノ」を作ったとのことです。カツキ博士は、非常に親切に取材に応じたが核心的な質問は賢明に避けていきました。桜の自生地を問う取材陣の質問に「まだ探している」と遠まわしに答えたりしました。

しかし、韓国植物学者の立場は違います。国立山林科学院所属のキム・チャンス博士は、日本の桜の原産地が済州島だと主張し、次の根拠を提示しました。

最初は、済州島には自生地があるということです。済州王桜の自生地は、1908年に済州島を訪れたフランス人神父'タケ’が漢拏山の海抜500~600mで発見し、学界に報告され、現在天然記念物に指定され保護を受けています。原産地を判断するには、自生の有無が重要です。
自然に育ったのか、それとも誰かが別の場所から持ってきて植えたのか、これが判断基準になるためです。済州島には、200年以上の桜から若木の桜まで、様々なソメイヨシノ200本余りが生息していることが確認されたのに対し、日本では自生地がまだ発見されずにいます。

だから、実際に日帝強占期の時に発刊された文献には、日本の植物学者たちが日本の桜の原産地を済州島と明らかにしました。1939年、朝鮮総督府でも、韓国全域を直接調査し、研究結果を発表した「朝鮮森林植物編」でも、桜の原産地が済州島と明らかにするなど、このような内容は、色々な日本の文献で見つけることができました。1989年には、日本の筑波大学で出た農林年報には、「明治時代、日本の船乗りたちが桜を済州島から持ってきて、日本人が崇拝した権現という神に献上した」という内容の推測もあります。また、一部では、百済時代の僧侶たちが日本に仏教文化を伝えながら、桜も日本に渡っていったと推測したりします。三国遺事に「桜で作った桶」という意味の「櫻桶」の記録が出て、八万大蔵経の木版も桜だったという事実を勘案すると無理な推測でもありません。

次に、変異の幅も重要です。済州王桜は、人為的な交配ではなく、野生で数代に渡って繁殖をしてきたので、変異の幅が大きくなります。ある親の下に生まれた兄弟が、顔立ちが多様するように。一方、日本の桜は、変異多様していないだけではなく、一つの桜を作った後、複製したため、顔立ちが全く同じ王桜の変化幅の中に日本の桜の木が含まれるとします。DNA分析の結果も、このような事実を裏付けています。1999年の国立山林科学院では、韓国にある桜が、日本から持ってきて植えたかどうかを確認するために遺伝子検査を行いました。塩基配列分析過程で、日本の桜が済州島で自生する王桜の一種である可能性が高いという結果が出ました。済州王桜のDNAと一致するというものです。

米国でも似た研究が進められました。
農林部所属の博士らが、日本と韓国、米国の桜試料82個を採取して遺伝子を分析した結果でも、日本桜が韓国済州王桜の変異種の一つと明らかになりました。まさに「Characterization of wildPrunus yedoensis analyzed by inter-simple sequence repeat and chloroplast DNA」というタイトルの論文です。しかし、この研究には1つの秘密があります。

<<<<論文発表の直前に、済州王桜と日本桜は異なる種であると、結論が逆になったのです。
「韓国に自生している王桜は日本からの雑種交配したヨシノザクラとは違う。(P.yedoensis
native to Korea can be considered different from yoshino cherry of hybrid origin from Japan)
」です。一緒に研究を進めてきた研究者でさえ驚きました。当時の研究に主導的に参加したチョン・ウンジュ博士は、結論が変わる前の原本を提示し、誤った結論のために、恥ずかしながらこの論文は、日本側の主張を裏付ける根拠として利用されているそうす。>>>>百科事典ウィキペディアでも、この論文を引用して「日本と韓国の桜は明確に異なる種に分類される。(Prunusyedoensis concluded that the trees native to these two placescan be categorized as distinctspecies)」という日本側に有利な説明が書かれていて。チョン博士は、その事実を覆すために研究内容を補足して、新しい論文発表を控えているといいます。

日本は今でも桜を外交的手段として活用しています。中国が友好のシンボルとしてパンダをプレゼントするように、日本は桜の木をプレゼントしています。日本が桜と一緒にお花見の文化を伝播して得る付加価値は、ものすごいものです。一方、ある人は、桜の原産地を追究することが何の意味があるのかと反問します。民族的に感情的に訴えることは望ましくないという意見も多いのが事実です。しかし、桜のことを正しく知れば、しっかりと楽しめて、愛情も大きくなります。そうすれば数年平行線をたどっている韓国と日本の立場の差を少しずつ狭めることができるのではないでしょうか。小さな葛藤を一つずつ解決してみると、ひいては日韓関係の改善にも役立つだろうという希望を持ってます。


レイム
まずこの部分なんだけど

[取材後]花の戦争...桜の原産地は?
KBS NEWS(韓国語) 2014.04.11 

だから、実際に日帝強占期の時に発刊された文献には、日本の植物学者たちが日本の桜の原産地を済州島と明らかにしました。1939年、朝鮮総督府でも、韓国全域を直接調査し、研究結果を発表した「朝鮮森林植物編」でも、桜の原産地が済州島と明らかにするなど、このような内容は、色々な日本の文献で見つけることができました。1989年には、日本の筑波大学で出た農林年報には、「明治時代、日本の船乗りたちが桜を済州島から持ってきて、日本人が崇拝した権現という神に献上した」という内容の推測もあります。また、一部では、百済時代の僧侶たちが日本に仏教文化を伝えながら、桜も日本に渡っていったと推測したりします。三国遺事に「桜で作った桶」という意味の「櫻桶」の記録が出て、八万大蔵経の木版も桜だったという事実を勘案すると無理な推測でもありません。


レイム
朝鮮森林植物編って本は実際に存在して、調べてみると第5輯(しゅう)に「済州島漢拏山の森林に生じ稀品なり。分布,日本に広く栽培すれど其産地を知らず」とあるのね、恐らくこれはさっきのドイツのケーネ教授の研究結果を受けてのものだろうけど、明確に起源なんて主張していないのね。

レイム
「明治時代、日本の船乗りたちが桜を済州島から持ってきて、日本人が崇拝した権現という神に献上した」にいたっては調べた限りでは確認できなかったわ。


マリサ
なんか無茶苦茶だ…


レイム
次にこの部分

[取材後]花の戦争...桜の原産地は?
KBS NEWS(韓国語) 2014.04.11 

次に、変異の幅も重要です。済州王桜は、人為的な交配ではなく、野生で数代に渡って繁殖をしてきたので、変異の幅が大きくなります。ある親の下に生まれた兄弟が、顔立ちが多様するように。一方、日本の桜は、変異多様していないだけではなく、一つの桜を作った後、複製したため、顔立ちが全く同じ王桜の変化幅の中に日本の桜の木が含まれるとします。DNA分析の結果も、このような事実を裏付けています。1999年の国立山林科学院では、韓国にある桜が、日本から持ってきて植えたかどうかを確認するために遺伝子検査を行いました。塩基配列分析過程で、日本の桜が済州島で自生する王桜の一種である可能性が高いという結果が出ました。済州王桜のDNAと一致するというものです。


レイム
ちょっと解り難いんだけど、実は韓国にはソメイヨシノの韓国起源説が大きく分けて2系統あって、一つは王桜がそのままソメイヨシノであるという主張で、これは最初のほうで紹介した韓国文化庁の紹介にもある説ね。
2014年4月3日のKBSニュースの特集もこの説よ。


レイム
もうひとつが、この2014年4月11日のKBSのニュースの特集で主張されている、王桜が日本に持ち込まれて交配され、それが園芸種としてのソメイヨシノになったという主張。


マリサ
ちょっとまて、KBSは3日と11日の特集で矛盾する主張しちゃってるじゃないか。


レイム
そう、ここが問題で、彼らは根拠を重視しないものだから、その場その場で矛盾する主張を同一人物や同一組織が平然と主張するのよ。
そしてソメイヨシノの韓国起源説の場合、そのカオスっぷりがひときわ激しいの。


マリサ
「意見対立がある」じゃなくて、異なる説がその時その時で対立もせずに好き勝手に主張されているって事か…
整合性もなにもあったもんじゃないな。


レイム
さらにね、これは今年の記事なんだけど

全北金堤「金山寺桜」口径来
ベータ経済(韓国語) 2018-03-23
http://www.betanews.net/article/828552
(一部抜粋)

ソメイヨシノが日本の国花と桜の起源を日本で知っているが、実際には漢拏山とヅリュンサンが起源とする。 済州島に宣教師としてきたフランス人の神父が1908年漢拏山のソメイヨシノを見たという報告もある。 日本の強制併合以降、日本が濃くに軍港を建設することになるが、この時、都市美化のとして植えられたのがソメイヨシノだ。


レイム
こちらでは「済州島に宣教師としてきたフランス人の神父が1908年漢拏山のソメイヨシノを見たという報告もある」となっているの。


マリサ
なんで中途半端に伝聞になってるんだ…


レイム
他にもね

今春、桜の雨にフリージアの花の香り、漂わす君が降る
中央日報(韓国語) 2018.03.18
http://news.joins.com/article/22450400

(一部抜粋)
済州島に宣教師としてきたフランス人のタケ神父が1908年漢拏山で王桜を、1912年にはドイツの植物学者ケーネが漢拏山観音寺付近で王桜を、それぞれ発見して学界に報告したので、済州島が自生地という説が非常に有力になった。



マリサ
ちょっとまてい!
ケーネ教授ってタケ神父からサンプルを渡されただけで、朝鮮半島に行ってないよな?
なんだこれは!


レイム
わけが解らないでしょ?
これこそが韓国なのよ。
根拠を前提とせず、誰もがうろ覚えの「自分の正しさ」を絶対の前提として主張するうえに、それが大手メディアで報じられるものだから、伝言ゲームみたいに途中で話が変わり続けて、最早意味不明のカオスなのよ。


マリサ
脳が…脳がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


レイム
しかもね、そもそも王桜がソメイヨシノならば、日本に入ってきたのはいつかって事が必要になるのだけど、それも百済の時代から文禄・慶長の役、江戸時代の朝鮮通信使、明治維新直後、日韓併合後まで多数あって、そのどれもが韓国内で「史実」としてまかり通っちゃっているのよ。
勿論客観性も根拠も皆無で。


マリサ
おいちょっと待てレイム、少し休憩させてくれ、頭の整理をする時間をくれ、たのむ…


レイム
他にもね、ドイツ学者のケーネ教授が王桜がソメイヨシノの亜種という発表をしたのが1912年でしょ?つまりこのときに初めて王桜=ソメイヨシノ起源説が出来たのに、韓国では1912年2月14日に横浜港を出航してアメリカのワシントンに運ばれた桜が「王桜だ」とか言ってるのよ。


マリサ
宇宙の 法則が 乱れる!
うわああああああああああああ


レイム
マリサ


マリサ
え?


レイム
韓国ワールドへようこそ


マリサ
うわぁ…

今回のまとめ
・問題が大きくなったのはKBSの特集が発端
・韓国側は資料や論文を捏造、改竄、曲解何でもありの状態
・整合性や根拠は無視される、それがソメイヨシノ韓国起源説
・韓国ワールドへようこそ


レイム
マリサ、韓国ワールドは堪能できた?


マリサ
最早私の理解の範囲を超えているぜ。
なんで韓国人達はこれをおかしいと感じないんだ…


レイム
それが韓国なのよ。
まあ、次回はこれよりかはカオスじゃないから、まあ安心して。
そんなわけで今回の本編はここで終わるわ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~


マリサ
つかれたぜ…
一歩も動いてないのにフルマラソンを走った気分だ…


レイム
慣れよ、慣れ。


大口
そうそう、慣れてしまえばどうって事ないよ。
そのうちマリサも「ああ、韓国だしな」と思えるようになるって。


大口
まあ、次回は政治的な要素が強くなるから、別の意味で疲れるかもしれないけどね。


マリサ
なんか、そっちの方がマシに思えてきたぜ。


レイム
そんなわけで今回はここで終わるわ。


レイム マリサ 大口
またらいしゅ~



お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。



人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事マイリストです、もしよかったらこちらもどうぞ。





動画版マイリスト







コメント

大口歩也 (著者)
No.7 (2018/03/26 23:03)
>>6
ソメイヨシノの問題に関しては、次回の記事や動画でもやりますが、韓国内の南北対立や自治体の利権、キリスト教団体の介入などの様々な思惑が重なっているため、単純な利権や起源主張とは性質が異なり「価値観」だけの問題ではないのでかなり厄介です。
f岡
No.8 (2018/03/27 06:36)
>>7
凄い展開ですね!
大河ドラマ並み。掘り下げを期待します。

韓国の「フェミニズム」も興味深く、韓国へ行ったら話題のフェミニズム小説を買いたいと思います。それが生まれて来た背景が、あの国では掘り下げられてないと思うからです。
urisama
No.9 (2018/04/05 10:42)
韓国文化庁
http://web.archive.org/web/20121103041302/http://www.cha.go.kr/unisearch/Uniresult_Db_View.jsp?VdkVgwKey=16,01730000,36

韓国が王桜=ソメイヨシノと思っているのは確かで、Yoshino Cherryは韓国原産とするチョン・ウンジュの記事(確か済州の声)もありますが、この原文では왕벚나무となっていますから、自動翻訳でソメイヨシノと出ても王桜と翻訳すべきですね。こちらまで混乱に巻き込まれて必要以上に混乱を撒き散らす必要はありません。

「結論が変わる前の原本を提示し、誤った結論のために、恥ずかしながらこの論文は、日本側の主張を裏付ける根拠として利用されているそうです」

このチョン・ウンジュは米国から帰国して今江原大学の教授になってますが、ちょっと前に確認したけど未だに「その事実を覆すために研究内容を補足した新しい論文」は発表されて無かったですけどね。

この農務省の論文の著者は韓国系ばかりで、こい... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事