kensaku のコメント

kensaku
No.21 (2017/05/04 17:58)
>「否定を前提とした自己アピール」は日本人の一般的な価値観では
>受け入れがたいため、多くの人が不快に感じた

この部分、ダイソンのCMを強く思い起こしました。
日本のCMでよくある『当社従来品との比較』も、
それはそれで何か違うようなとは感じているのですが、
あのCMは、またそれとは違う、より不快感に近い違和感を感じます。
最近は当初の物より柔らかめになったように思いますが。

今回取り上げられた件の自分の解釈は、
「同じテレビ業界人なんだから、先輩として水面下の努力等を汲み取ってやって
節度ある態度として発言を選ぶ対応をすればよかったし、そうすべき地位や立場だった」
そして古館氏は、音楽番組や件の出演者らを
自分と同じ業界とは考えてなかった節があるのではないか、
だからこそあのような態度を出すことができたのではないか。
ここの記事的には"ウリとナムの境界線"の引き方が他に受け入れられなかったというか。

そして今回の記事全体としては、言いたいことがよくわからない
構成になってたと思います。まるで自分のこの文章みたいに。
最初に取り上げた事件とその後の展開に関連性がほとんど感じられなくて。
途中で急激に話題が変わった感じがして混乱したという感があります。
読み手の感じ方と言われれば、それもあるでしょうけど。
まあ、新しい記事として繰り返し韓国人の特性を紹介する投稿をするのは
とても重要なので、その点は良いのですが。
誰にもスッキリ読みやすい文章を書きたいと思った時、少し気にしてみてもいいかと。

>>2などの
決まって一方的な譲歩を求める人を非難する内容のコメントを見て、
イスラム教の人たちのことを思い出しました。
あの人たちって、そういうところあるように感じています。
テレビでイスラム教の偉い人が「理解してください知ってください」
と言ってたけど、私には
食堂の台所の掃除や注射前の消毒にアルコールを使うのはやめろとか
日本の会社は1日5回のお祈りのために休み時間を作れとか
日本人に対して一方的な譲歩を求めると言ってるように聞こえたよ。
よその土地に居たいなら特にお互いに譲歩が必要だよ

>>13
それも多分にあると思います。
そして古館氏は職業がお笑い芸人ではなかったと。

このコメントは以下の記事についています