大口歩也(著者) のコメント

大口歩也 (著者)
No.11 (2017/04/30 20:15)
>>7
厳密には、以下の部分は

>「劣等性の天秤」によって加害者が劣等性持つのに反比例して被害者は優越性を持つ

自身に落ち度(劣等性)があった場合でも、相手の落ち度(劣等性)を指摘する事で被害者と加害者を逆転できるといった法則もあります。
旭日旗問題などはその典型例ですね。

またセウォル号事件の事例のように、被害者とは関係のない人物が被害者と一緒になって叩く事で、その人物の序列も挙がるといった事例もあります。

>>9
実は見た事がありません。
3月頃に話題になったときにそんなに人気なのかと興味を持ちまして、一挙放送をするという事でタイムシフト予約をしたのですが、丁度北朝鮮情勢が悪化し始めた頃でしたので、情報収集を優先して「明日見よう」と思っているうちに視聴期限が切れてしまいました。

このコメントは以下の記事についています