ゲスト のコメント

ゲスト
No.14 (2016/09/08 07:54)
>>13
レス有難う御座います。

一番最後の箇所に関しては了解です。
理解が足りず申し訳ありませんでした。

「客観的根拠」に関しては、日本では拙くても強引でも一応の「言い訳」が必要となるのに対して、韓国ではそれすらも不要であると見受けられますね。
例えば、慰安婦の日本軍による組織的な強制連行説が破綻した際も日本の左翼は「広義の強制」(笑)や「強制連行の有無に関係無く女性の人権ガー」という論点そらしで保身を図りましたが、韓国では吉田清治の証言が矛盾していようが本人が嘘を認めようが済州島民に否定されようが絶対の史実として「言い訳」による理論武装ももどかしく予備工作も無しの徒手空拳で正面突破を図ってくる訳です。

「良心的日本人」に関しては、やはり、「誰がそう言っているのか」の主語を毎回明示すれば済むのではないかと思います。
あと一つ付け加えるなら、「韓国人の絶対的正しさを受け入れた」というのは語弊があるので撤回しておきます。
そもそも、「日韓の絶対的な価値観の違い」が実在する事実について正しく認識していなければ、「韓国人の絶対的正しさ」という概念の存在を知り得るはずもなく、存在そのものを知らなければ「受け入れる」以前の問題ですからね。
強いて言うなら、「韓国人の絶対的正しさを受け入れたと韓国側から誤解される原因を作った」とでもするべきでしょうか。

このコメントは以下の記事についています