実話怪談

調布市国領で聞いた話

2015/01/21 11:57 投稿

  • タグ:
  • 怪談
  • 実話
  • 不思議譚
  • 東京都


2008年、東京都調布市国領の飲み会で聞いた話。


その時、私は国領である飲み会に参加する機会があった。
一次会が終わり二次会に参加した際に、少し不思議な話を聞いたことを留めて書く。

その人物はAというのだが、
彼は仕事で遅くなり、京王線の終電ギリギリで帰ってきたのだという。

その日は夕方から雨で、宵の口からさらに雨脚が強くなり、
深夜にはちょっとした強い雨になっていたらしい。

Aは折り畳み傘を取り出そうとしたが、その日に限って自室に忘れてきたのを思い出した。

やれやれと思いながら改札を抜け、階段を降りる。
彼はそこで一本の放棄されたビニール傘を見つけた。

透明であるはずのビニールは色がくすみ、
傍目にもわりと年季が入っていることが伺えた。

元の持ち主は、古くなったのが原因で捨てたのだろう。

渡りに船とばかり、ありがたくその傘を使わせてもらおうとした。
ビニール傘を手にしようと思った瞬間、


―――バッ、と傘が開いた。

誰が手にしたわけでもない。

唖然とするAを前に、ビニール傘はクルクルと二、三度回った後、
フラフラ深夜の街に消えていった。


東京のような画一化された都市部でも、まだ妖怪は生きている。

この話を聞いて、なんか嬉しくなった。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事