おはら汁

調味料/ドレッシングとしても使えるエシャロットのぽん酢和え

2013/04/30 22:20 投稿

  • タグ:
  • レシピ
  • 自炊のススメ
  • エシャロット
突然でなんですが



いただき物のエシャロットを大量に押し付けられた。

どうも農家の方にいただいたようで、根も泥も付きまくり、一部は葉っぱが茶色くなってしまっている。”早めに食べろオーラ” をヒシヒシと感じるのだが、いきなりこんな量のエシャロットを消費できるレシピなんか浮かばねえよ……。

という訳で、今回は ”料理” というより、調味料として保存しておける路線で進めてみようじゃないかと思った次第でございます。



とりあえず、泥と悪くなっちゃってる部分を落として洗ってみた。



続いて球根の部分と葉っぱの部分とに切り分ける。



葉っぱの方は、キッチンペーパーを敷いた容器に入れて冷蔵庫へ。
香りがネギなんかとは微妙に違い、どことなくエスニック風味なので、捨てずに保存しておくと色々な場面で使えるんじゃないかと。



そして球根の部分はスライスして、葉っぱの部分と一緒にボールへ。



そこに、ぽん酢大さじ3+普通のお酢大さじ2を加え、全体に馴染ませたらラップをかけて冷蔵庫へ。30分くらい置いたら出来上がり。(お好みでパクチーを刻んで混ぜておくとより美味しく頂けます)

で、肝心のお味がいかがなものかと申しますと、和食で言えばミョウガの酢の物なんかに近いかなあ。酸味を強めに付けているんだが、この酸っぱさがエシャロットの独特な風味に非常に合っている。

また酸味が強い分、このレシピのように塩気を抑えても物足りなさはない。これだけつまみながらお酒やお米を食べてもいいし、何か他の料理にドレッシングのようにかけてもいい。


という訳で、例えばこんな使い方
↓↓↓


ご飯の上に、焼いた豚肉と、しめじとピーマンの炒め物を乗せ、その上から今回のエシャロットのポン酢和え(パクチー入り)をかける。お好みで目玉焼きを乗せたら国籍不明のエスニック丼の完成。(塩気は豚肉の下味に振ったふたつまみ程度の塩+ぽん酢だけ)

卵の黄身と、エシャロットだれの酸っぱさが思った以上にマッチしてうめえ!
極端に塩気を抑えてみたけれども、やっぱ酸味が立ってるからそれで味が誤魔化せる。


こんな感じで、基本的にエスニック(アジア)風のお料理との相性が抜群だと思う。もう少し辛味を増せば、【香草+辛味+酸味】という組み合わせになるので、なんちゃってタイ料理なんかが出来るかも。

また肉にも魚にも合うので、エシャロットが叩き売られてた時なんかにこのたれを大量に作っておいて、後は特売品の肉や魚を焼いて上からかけるだけでも満足できるはず。


■板橋区リンク
日本の特別地域〈3〉東京都板橋区 (地域批評シリーズ日本の特別地域 3)
「Googleストリートビューで行く! ぶらり板橋」のまとめ
板橋グルメマップGoogle版
板橋区のばら
シャバゾウblog
おいしい店・うまい店・安い店
板橋的マダムな生活
ときわ台ぐらし
板橋ぶろぐ
Loveita
板橋のいっぴんを巡るブログ
にんにき日記。
地酒専門店 新井屋酒店のブログ
板橋ハ晴天ナリ。

■番外編 「正しい板橋区の歩き方」 シリーズ
正しい板橋区の歩き方 大山編その1
正しい板橋区の歩き方 大山編その2
正しい板橋区の歩き方 大山編その3
正しい板橋区の歩き方 区役所前編 その1
正しい板橋区の歩き方 志村坂上編
正しい板橋区の歩き方 小竹向原編その1
正しい板橋区の歩き方 小竹向原編その2
正しい板橋区の歩き方 突発徒歩デート編その1
正しい板橋区の歩き方 突発徒歩デート編その2
正しい板橋区の歩き方 突発徒歩デート編その3
正しい板橋区の歩き方 ぶらり東武東上線の旅 その1
正しい板橋区の歩き方 JR板橋駅編その1
正しい板橋区の歩き方 高島平編 その1



オートモッドのジュネ兄さんを力いっぱい応援中
↑上のバナーをクリックすると私の、下のテキストリンクの方をクリックしていただけますとジュネ@オートモッドのランキングポイントが上がります。(たぶん)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事