ギタ唄ブロマガ

ニコニコ生放送について

2013/03/24 15:44 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ生放送
  • 有益
  • 無益
  • 匿名
ギタ唄オーナーのオデワンです。

疲労というか(金)、(土)は腕が痺れて泥のように眠ってしまいました。
仕事が追い込みだったという言い訳は抜きにしてストロークさえ出来ない状態でした。

二日間ともリアルでのイベント、バンドのサポートしてました。
"現場に機材を運ぶ、演奏する、気を使うw、機材を片す、帰る"。

こと"演奏する"という事に限れば、この点でニコ生は大変優れています。

リアルでは現場に行ったら最低でも3~4時間は居ることになります。
ニコ生では30分。この差は極端すぎます。
3~4時間は長すぎる、ニコ生では物足りなさ過ぎる。

"演奏する"以外のことで言えばリアルでは生のコミュニケーションがあります。
その場の人たちと食べる、呑む。時には愚痴や悪口の言い合いも。
これはネット配信では実現できないところです。

あ、愚痴や悪口は出来るか。匿名で。
リアルでは言い得ない「死ね」だの「殺す」だの。
罵詈雑言、誹謗嘲笑、これは2chから始まったと言われてますが、
自分の記憶では初期の2chにはなかったと思いますし、2ch以前もありました。
いつからは定かではありません。

ネットは自己責任の世界なので言いたい人は言えばいい、と思います。
リアルでは気を使ってしまって言いづらい、表に出しづらいことを表現するのがネットです。
当たり前ですが言い過ぎると自分の首を絞める事になります。

自分のお気に入りの生主さんは皆さん大人な対応をしてる方が多いです。
でも自分は不健全な生主の放送も好きだったりします。
BAN寸前の所まで放送する。その危うさに惹かれます。
胸糞が悪くなる時もありますが、腹抱えて笑いが止まらない事もあります。
色々あるから面白い。アクシデントや自然突発的な放送はやはり楽しいです。
ビックリしたい時があるんです。
前回のブロマガで"無駄な放送がある"と書きましたが
無駄なものと有益なものは必ず存在します。
"無駄"とか"有益"とかは主観で相対なものなので見る人がその時に決めればいい。

人って裏表が結構ある。自分にも当然。
そんな自分にクルーズというシステムは大変ありがたい。
自分で検索すると無難なもの、毎回同じものしかヒットしない。
クルーズに乗ってるとビックリするような放送を見つけることができます。
あと同じ放送でも別の日に観たら違って見える事があります。

お気に入りの生主の放送を観るときでも匿名でコメントしたい気分の時があります。
Dislikeなコメントは使いません。運営には自分だとばれていますから。

自分の放送をしているときは一応w多少は気を使って大人な対応をします。
でもはっちゃけたい時ってどんな場所でも必ず来る。
そんな時は匿名で草を生やすのです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事