ダークソウル カンスト攻略へのデータ類

属性武器について

2020/04/20 12:25 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ダークソウル
前提としてダメージ計算の説明をする。

ダークソウルにおいて、武器攻撃力は物理・魔法・炎・雷の4つの合算値が表示される。雷武器においては、例えば武器攻撃力400(物理200・雷200)といった具合である。

それに対して防御力は、それぞれ物理・雷等は別個に計算され、合算した値がダメージとして現れる。
例を挙げて説明する。武器攻撃力400の武器、①物理400と②物理200・雷200の武器があるとする。これに対して敵の防御力を物理100・雷100と仮定する。
①の場合
物理400-100=300ダメージ
②の場合
物理200-100=100ダメージ、雷200-100=100ダメージ
⇒100+100=200ダメージ

といった具合に算出される(実際には攻撃力に武器それぞれのモーション値がかけられた数値での計算となる)。
つまり、属性武器は武器攻撃力として表示される数値は一見大きいものの、実際に与えるダメージはそれほど高くないことに留意する必要がある。

属性武器を装備する恩恵がある場合は、筋力・技量による補正があまり得られないキャラクターであるといえる。具体的に挙げるなら、筋力16技量12みたいな状態である。
攻撃力で考えると、混沌武器(人間性10以上)>雷武器>炎武器の順に攻撃力が高い。実際同じ武器を使用する場合、混沌武器が最も威力が出る場合が多い

例外を以下に示す。
①混沌武器よりも雷武器が効果的な敵
クラーグ、グラナ(苗床前)、アーマードタスク(猪)、鎖巻き虜囚(ウーラシール)

②属性武器よりも大王の大剣両手持ちが効果的な敵
(筋16技12、武器攻撃力438)
石像、霊廟の聖獣、アルトリウス、マヌス、カラミット


コメント

ニトロン
No.1 (2020/05/20 19:29)
こういった属性武器の話で魔法、魔力武器が余り話題にあがらないのはやはり結晶魔法などの強力なエンチャントがあるからですかね(神聖、邪教も同じく)。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事