ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

脱がせ師のブロマガ

けものフレンズ2 全話見て

2019/04/04 00:57 投稿

  • タグ:
  • けものフレンズ2

 まず初めに最終話のネタバレを含みますので『まだ見ていない、コレから見る』という方は今すぐ最終話を見る予定を抹消して別のアニメを見ることを推奨します。


 既にTwitterを始めとして色々な場所でボロクソに言われていますので今更何を言うでもなく言われつくしているとは思いますが、如何せん誰かが言っているから良いか、で済ませられるほどの酷さではなく自分の言葉で残しておかないと気が済まないレベルでした。


 2と謳ってはいても1期と2期で別監督なのだから別物と割り切って見るべき、という庇護を良く見ましたし概ね賛成なのですが――それこそ花丸と活劇やガ○ダムとGガ○ダムを比べてどっちのほうがどうのと言われても困りますからね――1話の開幕から1期を見ていない前提だと「食べないでくださ~い」とかお前草食獣なら兎も角、肉食獣が何言ってるんだ?となるわけでして。
 じゃあ1期有りきで見るとなんでラッキービーストがフレンズと会話しているのさ、とかフレンズは文字が読めない筈では?とかもう突っ込みどころが満載なわけで、結局制作陣は何がしたいのかと。
 1期ありきでやるなら1期の設定をキチンと引き継ぐべきですし、1期とは完全に別物として作るなら1期を見ていなきゃ分からないネタを使うべきではないんですよね。

 
 とりあえず12話の感想を


 リョコウバトを探してホテル内を走り回るキュルル・・・セルリアンだらけのホテル内走り回って襲われていない時点でお前やっぱりセルリアンだろ。

 1話の伏線回収ですよと言わんばかりの割れ目・・・普通に跨げるよね?と

 ボートでやってくるかばんさん・・・いや連れてきた飛べないフレンズたちどうやってホテルに行ったよ?

 どこからともなく現れるフウチョウコンビ、そしておかしな問答を初めてうみの上で大好きだと叫ぶキュルル、キングゲイナーばりの恥ずかしい告白シーン。
あとキミは大好きだと叫んでいるけど視聴者の9割くらい(個人的な思い込み)はキミのこと嫌いだよ

 お前が騒ぐからアイツが来たと言いだすフウチョウコンビ、なおかばんさんは何故か見えてない聞こえていない感じなので多分キュルルの幻覚ですね。
なんならスケッチブックを返したりビースト召喚させたりしているのでセルリアンでしょう
何せこのフウチョウコンビが最初にスケッチブックを返さず紛失していればこの事態は起きなかったのですから

 現れるビースト、そして大人しく輸送される。
「連れて来たよ~」じゃないわ!散々フレンズたちが逃げ回っていたビーストを何の説明も無しに連れてくるとか理解出来ない。

大量のセルリアンを一瞬で~と驚いているけどジャイアントパンダも一瞬で倒していたし、フェネックは適当なチョップで倒していたし、アルマジロコンビも一瞬で大量のセルリアン倒していたので何一つ驚く理由が無い。

 案の定フレンズも追いかけるビースト
 本格的に沈みそうだからとみんな逃げる中大人しく瓦礫に埋もれていくビースト・・・んん??
 キュルルお前仲良くしたいんじゃなかったの?放置とか完全に亡きものにしようとしてるよね?使い捨ての道具にするのがお前のいう仲良しなの??

 沈んで残ったヘリポートでPPPがライブやりますって何言っているの??

 かばんさんは何を見てサーバルとカラカルとキュルルの三人を良いチームだと思ったの??
 そして、完璧なタイミングで流れ出すようこそジャパリパーク、これ以上ない侮辱だと思いますよホント

 そしてキュルルは何言いだしているの??ファミパンおじさんなの??
 僕がもっと役に立てることを探したいってキュルルお前12話通してやったことってセルリアンばら撒いただけだよね?何一つ役に立っていないよね?なんならキミの存在がパークの危機だよね?一番役に立てる方法はビーストと一緒に瓦礫に埋まって二度と現れないことだよね??

 そして前回意味深に立ちあがったイエイヌは手紙を取り出しただけって・・・
反応的にイエイヌも絵の存在を忘れていた感じではあるけれども。
 百歩譲ってフレンズは年取っても見た目が変わらないと理解出来ますけど、かばんさんの成長具合から考えるとキュルルがそのままの姿で描かれている時点でやっぱキュルルは絵を描いた子の姿を真似たセルリアンでしょ

 というのが12話の感想です。


 そんなわけでとりあえず全話を見て山積みな問題点の幾つかを1つずつ。

 

1:サーバルの必要性

 まず第一に全話見てサーバルって必要でしたか?と、個人的には必要なかったと思うんです。何せサーバルがいることでカラカルとの喧嘩がキチンと収まらない。

 例えば9話の喧嘩した後スケッチブックを見つけるシーンなんかはサーバルがいなければカラカルがスケッチブックを見つけて
「あいつ大事な物忘れてる、まったくもう」
と言いながら踵を返して届けに行く。ですんだ筈なのですが、変にサーバルがいるせいでカラカルが嫌なフレンズで終わってしまっているんですよね。

 10話のラストシーンも話を聞くのがサーバルでは無くカラカルで持ち前の憎まれ口で元気づけようとすれば良かったわけですしね。

 サーバルが悪いと言うわけではなく総じて2人で良い筈のところに無駄に3人いるせいでチグハグになっている感じでした。
・・・・・・というかサーバルをキュルルと一緒に旅させずにかばんさんと一緒にいさせりゃ何も問題無かったと思うんですよね、最終話のあのシーンだって
かばん「あの二人良いチームだよね」
サーバル「わたしたちも負けてないよ」
という流れで良かったじゃん!
人気のあるフレンズだから出しとけ出しとけ、とやった結果の悲劇だと思うんです。


2:伏線の回収が下手くそ

 OPのモノレールを筆頭にイエイヌ、アムールトラ、マーゲイ、うみのごきげん、等々とにかく伏線回収が下手くそ過ぎるんですよね。
 OPを見て今回はモノレールで色々なちほうに行くのかと思いきや1話で出番終了。

 人探しの依頼を受けているフレンズが出てきてその依頼主は、と引っ張っておいて目的のおうち探しとは一切関係ない、そのあげくイエイヌは最終話的に特定の誰かを待っていたわけではないという救いの無さ、登場まで数話引っ張る必要皆無でしたよね?旅の途中で3人が寄るだけで成り立ちましたよね?と

 1話から謎のフレンズとして出てきてビーストと呼ばれていたアムールトラ、話の流れ的に救ってあげたいという感じの伏線を張っていってからの都合よく利用して瓦礫に埋めて殺処分
 ビーストのままだったとしてもせめて沈むホテルからフレンズが逃げている時にアムールトラを模したセルリアンが襲ってきてそいつをくいとめてそのまま瓦礫で・・・とか救わないにしてもやりようはありましたよね?と適当に投げっぱなしただけじゃないですか

 かばんさんのマーゲイを訪ねると良いという話もマーゲイ何も教えてくれませんでしたよね?

 最終話で船のセルリアンはどこかへ行って出てこない、巨大な影として出てきて11話でアレだけ自己主張していたのはなんだったのかと

 うみのごきげんの話も海底火山が~という話だけで対処は無し、それともアレですか?1期のラストで海に落としたセルリアンのせいで海底火山が活発になったから全部1期が原因だと言いたいんですかね?

 結局キュルルは何ものなのか、サーバルは何故記憶を失っているのか等々散らかしっぱなしで最終回。

 で、まだまだけもフレは続くと監督談・・・いやキチンと決められた話数で〆ることも出来ないとかプロ失格でしょうに、そんな適当が許されるなら原作ありきのアニメは原作を丁寧になぞったから中途半端に終わる、というのも許されてしまうでしょうが、少ない尺に収めるために色々なシーンを削って必死で1クールに納めているアニメに謝れ


3:各話の意味の無さ

 1話と10話11話12話でけもフレ2の話は完結しているんですよね、2~9話はせいぜいフレンズが出てくる程度しか意味は無いんですよ、無駄で無意味
ならいっそ2~9話の尺を後ろに回して回収できなかった伏線をキチンと回収すれば良いのに


4:キュルルの性格

 9話でのイエイヌへの対応を筆頭にとにかくフレンズに対してかばんちゃんと違う対応に文句は多々出ているわけですが、そもそもキュルルに善人面させるのが大間違いだというお話、最初から一貫して視聴者から見て分かりやすく嫌な奴であればもっと肯定されていたと思います。
 それを中途半端に善人ぶってフレンズのために~大好きだから~とかやるから言っていることとやっていることのギャップにコイツサイコパスだろ、とか言われたりふざけるなと嫌悪されたり、そうかつまり君はそういうやつなんだなとエーミールられるんですよ、最初から一貫して性格クズであればまぁキュルカスだし、で済んでいたんですよ。
 いい例がゴマクソちゃんことロードランナーの愛されっぷりで、結局キャラの性格に一貫性があればある程度の人気は確保出来ていたと思うんですよね、


5:1期の人気に便乗している

 サーバル然り、博士と助手然り、かばんさん然り、PPP然り、フェネックアライさん然り、所謂1期で人気があったフレンズをとりあえず出しておけば数字取れるだろうと言う腐りきった思想が見え隠れするんですよね、その挙げ句キャラの掘り下げは適当、それどころかワザと1期と違う動きをさせて1期を否定して回っているのが透けて見えるんですよね・・・そうかいそんなにたつき監督が嫌いかい、と。

 記憶を失わせて別のパートナーを無理やりつけられたサーバルに、何一つ伏線も理由もなく激辛鍋を料理して出す博士と助手、フレンズを欠片も大事にしなくなったかばんさん、ただの人気取りの為だけに出たPPP、なんの伏線も無しに突然出てくるフェネックとアライさん、しかも絶対にアライさんの代名詞的な台詞を言わせない。


 1期と完全な別物として作ればまだときどきあるクソアニメ程度だったものを1期と繋げて1期を蔑ろにしてこき下ろして悪意の塊のような話にしたものですからね

 個人的に今まで見たアニメの中で最低最悪な作品でした。

 そして場外話として監督とPのTwitterでの数々の発言でこの人らが絶望的にプロとして作品を作る精神年齢に達していないと思いました。
 

 
 とまぁ大体個人的な感想としてはこんな感じでした。
いやまぁ感情任せの文句であればそれはもう掃いて捨てるほど出てくるのですが、そういうのを書きだすと
そういうことを書く人が1期のあの世界が好きな人たちなんですね。なるほど。
と言いだす人がいますからね、1期のあの世界が好きな我々は賢いので行きすぎない程度に自重しておきますハイ


 さてDアニメでけもフレ1期を見直そう
 



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事