null

【ORASシーズン10】復活とリハビリと謎のレート2100到達と次シーズンに向けての考察

2015/07/12 10:58 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケモンORAS
  • 駄文

※無意味な追記あり(7/15)

前回のブログで

>シーズン9は時間的にも余裕がある(と思われる)ので、

と書いたものの、時間があったら時間があったで全く別のことやってて1ミリもポケモンに関わることがなかった。

また4ヶ月ぶりのポケモン対戦というのは、さすがに離れすぎたのか、
神速の優先順位忘れる、リザードンの素早さ種族値忘れる、ポリ2が輝石持ってるの忘れる、
相手がハチマキorメガネ持たせてることにダメージ量で気づかないetc・・・
といったような基礎から応用までポケモン知識が満遍なく抜け落ちておりなかなか苦労した。

とはいえレートそのものは順調に勝ち続けあっさり目標の2000まで到達した。
ポケモン対戦は知識抜け落ちてても、その場の勢いでなんとかなる。勢いだけでなんとかなるんであるんである。


シーズン終盤でこの試合数ですら到達まで8~9時間近くかかってる。レート2000の道のりは時間的にもダルい

今シーズンは単なるリハビリで終わったが、
次シーズンこそはマニアックなポケモンを使ってマンネリ化した高レート環境に挑戦していきたいと思っている。




※追記

シーズン10最終日に仕事の疲労感を背負った捨て身のプレイングでレート2100到達した。
正直、かなり意味不明な2100到達で一体こんなんでいいんだろうかという気分になっている。


勝率7割超えられなかったのは残念。相手が強すぎるから仕方ないが

パーティは前使ってたボーマンダ・エンテイ・ジバコイル・ゲッコウガ・ギルガルド・カバルドンの6体をベースに努力値・技・個体を少しいじってるが、特に新しい記事こしらえるようなものでもない。(詳細はこの記事を参照)

リンク先見てもらえばわかるが、このパーティは基本選出というものが無く、立ち回りも毎度俺自身の気分によって不規則で、また戦略も一切ないフルアタ&ゴリ押し&読み(?)で動くため安定感がなく、一体こんなんでいいんだろうかという気分にもなる。

パーティ自体は気に入ってるので、今後も構築に行き詰ったきなど再利用したい。
金がなくなったらすぐ再結成するバンドみたいな感じで。



■今後使ってみたいポケモンたち


 
雪降らしアマルルガ
弱点のバーゲンセールポケモン。天候使ったゴリ押し大好きなので注目している。
というより無理してダブルバトルやってゲットしたんだから無理してでも使わなきゃという強迫観念がある。


  
メガエルレイド
メガルカリオのピーキー感に比べると数値&特性に中途半端感漂いまくるが、逆にそこに注目している(意味不明)
また見た目がカッコいいのは良いことなのだが、そのカッコよさがヘタレ感を余計に醸し出している点もポイント高い。



メガメタグロス
おなじみ不安定な命中やら、技の火力の無さやら、流行の霊悪地に弱いやら、
耐久の水電気に大してダメージ与えられないやら、
メガシンカしたにも関わらず様々な角度から不利な目に遭ってるのでなんとかしたい(説明が適当すぎる)


言うほど3匹ともマニアックでもない。
メガオニゴーリとメガハガネールも考えたがメガサメハダー以上に苦しいものがあったので諦めた。


■リハビリ中に気になったポケモンたち


 
あまのじゃくジャローダ
お試しで使われて終わるかと思ったら、完全にレート環境に定着してて驚いた。
ニコ生のTS見てても上位勢の対戦ですら選出の際に軽視するとパーティが半壊しており油断ならないポケモン。



ゴツメマンムー、チョッキマンムー、
詳しい事情は知らないが、いつの間にやらメガボーマンダのパートナーとしての地位を確立していたポケモン。
どうやらボーマンダがランキングに再復帰してたのも、このポケモンとの組み合わせが定着したことが大きいらしい。


 
いやしのすずブラッキー
いつから流行り始めたのかわからないが、かなり面白い型のブラッキー。
実はシーズン8のとき俺もこのタイプに何もできず負けている。毒を打ったあと癒しの鈴を使われ、顔が福本伸行の漫画みたいにグニャったのは忘れられない。
今のところHBベースが多いようだがHDの方が幅広くパーティに組み込めそう。

HDファイアロー
詳しい事情は知らないが、水や電気タイプにやる気ない火力のポケモンが増えたので出てきたんだろうか??



 
いばみがマルマイン
マルマインというポケモンの意味不明な感じと、いばみがの不条理な感じがいい具合にマッチしてて良い。A種族値が無駄に高いボルトロスにも強いのではないだろうか。
しかし、競合相手に強敵クレッフィがいるせいで流行りそうにないのが残念。



チョッキマンムーといやしのすずブラッキーの型はスタンダートになりそうですね。
特にマンムーは道具がますます読めなくなるのはつらい。
俺のパーティは何作っても大抵マンムーに弱くなるのでつらい。あとブラッキーもブイズに弱いのでつらい。


マルマインは絶対に流行らないと思うが、
見せ合いでマルマインが存在するだけで笑えるので多くの人に使ってほしい。

また、いばみが戦術を嫌う人は多いが、マルマインの長い間不遇を被ってきた精神状態から繰り出されるいばるは、クレッフィやボルトロスの事務処理的ないばるとは感情の深みが違う。
いばりまくって初代の元同僚コイルにつけられた差を取り戻せ(無理)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事