null

【ポケモンSM】精神的苦痛ベストテン

2016/12/22 23:41 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケモンSM
今作はいつもより難易度が高くやり応えがあった。
今回はそういったゲーム内の精神的苦痛・苦行をランキング化してみました。

10位:ガオガエン
今作なんか難しいなあ~タフな雑魚敵が増えたなあ~ガオガエンって見た目の割に火力ないな~と思いながらクリアした後、ジャッジでステータスを見たら攻撃に下降補正かかってるうえに個体値が最低というとんでもない個体のポケモンを掴まされていたことが発覚した。
島キングのハラさんは竹を割ったような性格に見えて実は悪意の塊のような人である。もし俺が人を疑うことを知らないピュア小学生だったら死ぬまで人間不信になっていただろう。

9位:リーリエ
リーリエファンの方には「リ、リリリ、リーリエ殿の何が不満でござるか!?」と怒られそうだが、クリア後まったく出てこないのはいくらなんでも酷い。真田昌幸死んだあとの真田丸や孔明死んだあとの三国志を読んでるような気分である。女オタク向けに用意されたNの観覧車イベントのように、いち男のオタク用イベントを設けてブヒらせてほしいものである。

8位:デクシオ
この男の乱入ぶりは酷い。幸いエスパー統一だったためガオガエンがラリアットしてるだけで勝てたが、ピュアな小学生だったら人間不信になるだろう。だがこれはまだ序の口であった。

7位:レッドとグリーン
初代発売から20年経ち大人になった姿になったことで、いつまでも小2病感覚でポケモンという名のネバーランドに居座る俺に時の流れを見せつけてきた。
まあそれは別にいいのだが、この2人の乱入ぶりは酷い。森を抜け平原を抜け岩場を抜け断崖を抜け精神的にも肉体的にもヘロヘロになりながらやっとバトルツリーに到達したことろへ、待ってましたと言わんばかりの不意打ちである。いつまでもピーターパン気分が抜けきれないプレイヤーに大人になるという現実を見せつけてくるメガガルーラよりも恐ろしい存在だ。

6位:図鑑コンプリート
ぶっちゃけそこまで苦労してない。前作より150匹少ない上に、GTSのUBやカプシリーズへの交換条件も緩く手短に達成できた。強いて言うならポリゴン2・Zが厳しかったくらいか。
なかなか交換できない人は色違いポケモンなどをどんどん放出しよう。

5位:釣り
今作は概ね楽しめたが、釣りシステムだけは酷い。レアポケモンが出現する波紋ポイントが一回釣っただけで消えてしまうため、1回釣るごとに画面切り替えポイントを往復しなければならない。ダダリンのように波紋ポイントと画面切り替えポイントが近いのはまだいいが、サニーゴのように波紋ポイントと画面切り替えポイントが遠いものは苦行である。しかもサニーゴの場合、サニーゴ捕獲で1回、ヒドイデ捕獲で1回、再生力ヒドイデ捕獲で数回と何度も何度も往復しなければならないのである。正直、波紋は1回で消えず永久不滅に出るようにしてほしかった。

4位:処理落ち
動きがスローモーションになったりゲーム開始の起動が遅いのはまだいい(よくない)。俺なんかバトルツリーの連勝中に、サトシゲッコウガの変身が処理しきれずフリーズして全て台無しになってしまった。ただしこれは、近所の中古屋でジャンク同然に売られてた5000円の3DSを使ってる俺が悪い。

3位:バトルツリー50連勝
進化前のポケモンや一切出てこないうえにメガシンカなんかも出てくるようになり、前作のぬるすぎるバトルハウスに比べ難易度が上がったのは結構なことだが、光の粉持ちが多すぎるのは酷い。特に50戦目のレッドのラプラスに光の粉で避けられ負けたときは発狂のあまりファイアローのような奇声を出す羽目となった。

2位:ポケファインダー Ver5.0
10万の経験値を稼ぐことすらなかなかの苦行なのに、そこから更に140万も経験値を稼がなければならないのである。まるでDQ5ギガンテスのレベル上げだ。で、4時間ほど例の岩場でキテルグマとオニドリルを延々延々延々と撮影し続ける作業をやっていた。これは一見起伏がない単純作業のためラクにも思えるが、出口の見えない単純作業ほど苦しいものはない。なんというか鉱山で延々とトンネルを掘り続けるような気分であった。

1位:隠れ特性サメハダー捕獲
今作の隠れ特性捕獲は「仲間呼び」を利用するのだが、これがかなり面倒くさく隠れ特性捕獲するための1回の戦闘に約30分~1時間近くかかる。なかには鮫肌ガバイトの厳選で精根尽き果てた人も多いのではないだろうか。
その中でも最も面倒だったのがサメハダーである。仲間を呼ばない、仲間が出てこない、鮫肌でHPを削る、仲間同士でいばり合い自滅する、いやなおとで身代貫通で防御を下げる、といった5重苦のポケモンで鮫肌ガバイトの数段上を行く難易度であった。1時間に15匹ほどしか呼ばない上にいつ悪あがきで自滅するかわからない。何か別のゲームをやっているような気分であった。結局、捕獲までトータル換算すると8時間近くかかっていたことになる。


まとめ
文句の山となっているがなんだかんだで楽しめたのではないだろうか。
ポケモン対戦の方は、またレート2000に載せたらお寒い構築ブログでも書いていこうかと思ってます。


前向きに考えれば旅パは個体値厳選する必要ないということにもなる。前向きに考えればね・・・

コメント

野獣Vマンダー
No.1 (2016/12/24 18:32)
相変わらず面白すぎたので心内評価5億で!

対戦の方も頑張ってください。
নুরউদ্দিন (著者)
No.2 (2016/12/25 23:46)
>野獣Vマンダーさん

年末年始は少し頑張ります。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事