のすじい@色鉛筆Pのブロマガ

のすじいのそーさく日誌217・・数少ない=のすジナル=・・

2021/02/16 00:12 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • CeVIO
  • オリジナル
  • のすじい
  • のすジナル
  • 素人DTM
新しいカバーでないと再生数は伸びない。
今風のビートとラップ風の詰め込み歌詞じゃないと駄目。
オケは無論オリジナルの縦ビート、DTM駆使。

まあ、こういう若い世界でおっさんホイホイのカバー曲など
どう考えても再生数が伸びる訳ないのは先刻承知。

でも、のすじいは昭和以前の研ぎ澄まされた定型の歌詞
音便にも配慮し脚韻踏むような悪戯さりげなく仕掛けてくる
野口雨情や北原白秋、西条八十などの詞が好きだったり・・
そういうのに影響され、拙い伴奏で拵えたオリジナルが実はある(笑)

午後のbossa nova 銀咲大和&すずきつづみ


某生放送で知り合った、たぶん孫でもおかしくない少女Pさんの提供曲に
のすじいの夏の午後の妄想のような気怠い歌詞つけた準のすジナルw
旋律線がお洒落だと、妙にかっこよく決まる、と思った曲である。

此の手を個人的に=おっほいオリジナル=と呼称してたりする(笑)

次の奴は遠い昔に温めてた挿話と旋律を演歌にしようとして挫折した
=兄妹心中(けいまいしんじゅう)=という=のすジナル=
雰囲気的には山崎ハコか津和のり子の世界を狙ったんだが・・
オケがのすじいの簡易DTMの3音限定の手打ちハープの類で
いまひとつ哀切さが浮かばず、UPしたはいいが、な純和風怨歌かも知れず。

兄妹心中 銀咲撫子(CeVIO)


あと、此れが最初に、もう40年近く前に作ったメロディ
フォークソング歌謡のような中途半端な代物だが
曲はのすじいで補作詞ものすじいが必要に迫られて・・
ちょい浜庫さんの雰囲気に似てる、と言われて嬉しかった曲とか・・

此の歌詞を書いたのはのすじいの戯れ絵に登場するちびデブ少女だ。
今にして思えばアレとの唯一の想い出の言の葉に成ってしまった・・か(笑)

あこがれ OИE (CeVIO) 


ああ、年内にもう一曲、いや、二曲ほど・・
昭和フォークのような昭和歌謡のような=のすジナル=を
世に残して行きたい気も・・やっぱDTM、勉強するか(笑) 老骨に鞭打って(爆)

伴奏。してくれるひと・・探すのが早かったんだが、昔は・・
































コメント

オリオンP
No.1 (2021/02/16 06:50)
のすジナルですか。いいですね。(オリオンP)

のすじい (著者)
No.2 (2021/02/19 09:40)
>>1オリオンPさま
まあ、古臭いのは此の歳ですんで仕方ないんですが
時に思いつくまま稚拙なりに歌詞綴りメロディ編んでみると
人工音声の進歩の有難さを痛感致します。
令和の不良じじいは、孤影の中にもこういう楽しみが残ってた、と。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事