のすじい@色鉛筆Pのブロマガ

のすじいのそーさく日誌148・・菓子給わずんば弄うぞえw・・

2019/11/01 20:49 投稿

  • タグ:
  • CeVIO
  • さとうささら
  • ハロウィン
  • 河童
  • 通りゃんせ

ハロウィン=万聖節は本来ケルトの土俗。

ジャック・オー・ランタンと言う
南瓜(本来は蕪)にとりついた妖精、
いわば式神の力を借り悪霊を祓い
秋の収穫を確実なものにするという呪祭。

アメリカ人が子供のお菓子くれ祭りにしたお蔭で
最近は日本で妖怪仮装パーティ野放しナイト(笑)



まあ、楽しけりゃ起源なんざ・・が、わが国
日本という亜細亜の東端な島国の習いではあるが
お蔭で最近、クリスマスの影が薄いとか・・

まあ、年末糞忙しく糞寒い中での莫迦騒ぎより
晩秋、この時期の長夜に騒ぐ方がまあ・・楽だよな。

ただ、洋物のお化けばかりクローズアップはちと業腹だ。
本邦には山川草木悉皆神性ありという伝統・・
魑魅魍魎から付喪神に至るまで見境なしに神、な伝統がある。
今更ドラキュラだの持ち出すのも無粋じゃね?

実は、河童・・このポピュラーな妖怪の一類は
秋に成ると河から出て山に行き
山童(やまわろ)という妖異に変わると言う説が。

此れは古い日本の古俗で、田の神帰依の季節が
山の神信奉の季節に変化した祭祀の名残とも・・

正直言わせて貰えば日本にも魅力的な妖魅怪異の
イベントに成るような伝承、古俗は多いんだよな。
のすじいの大本家がある福島県境の一帯に残る
狐の嫁入り伝説とか佐渡の団三郎貉(むじな)
粟島という県北の離島には祀り神として
宮沢賢治が作品のヒント得たと思しき
=風の三郎さま=という自然、精霊神がおわす。

ハロウィンやるならこの時期河童変身祭りとかさあ
水着で現れた兄ちゃん姉ちゃんがさっと山衣装っうか
野良着ってえかに着替え、海の幸山の幸集めて
飲めや歌えの大騒ぎして山海の恵みに感謝するとか(笑)



あ、基本化粧は緑系で・・トップレスも可(爆)とか。

此れからのイベントは和風、伝統回帰っすよやはり。
そういう部分の国粋主義は大歓迎だがなあ。

のすじい、死んだら次の世は
河童か魍魎(もうりょう)に生まれたいなあ。




うん、ちびの少女河童かちんまりした魑魅(ちみ)と
永遠に寄り添うように此の国の暖かい豊穣の闇に潜んで・・
時々迷い込んでくる人間におせっかいして。

ああ、もう現世に左程の未練は無く成ったから(微笑)

通りゃんせ さとうささら(CEVIO)






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事