のすじい@色鉛筆Pのブロマガ

のすじいのそーさく(笑)日誌39・・極私的=夜の池袋=・・・

2017/08/28 21:18 投稿

  • タグ:
  • 池袋
  • 昭和
  • CeVIO
  • ハルコ(笑)ロイド
  • 昭和の大学生

夏も終わりに成ってくると思い出す
残暑の中憮然と彷徨い歩いた昭和50年代の池袋。

バブルが始まる前、為替不況の真っ最中で
二流私大生の就職募集先に名の売れた企業名など無く

持ち帰り寿司の京樽の幹部候補生に成るか?などと
在学時代三流サヨクセクトと音楽系サークル団体の
仲介やらされ第四インターの糞餓鬼に追われて
学舎の便所に籠城した自分は学生課から勧められたりしつつ

右翼系ガードマンの蹴り用の靴、
つま先に鉄板入れた安全靴の足音が
耳障りな大学から逃れ逃れて
ついつい足が向いた、あの当時の池袋東口界隈。

其処か雑然として暗がりには怖さが潜み
其れで居て妙に都会臭くない・・
こころが切ない田舎出の三文学生には
何処となく親近感の湧く=悪場所=だった。

日勝と日勝地下と言う往時は三番館併設な
洋画と邦画の映画館が在り、良くオールナイト行った。

確か・・愛のコリーダ、洋画扱いでリバイバル上映してて
往時つるんでたちびデブを騙しすかして同伴し・・



・・せんぱぁい、此れお洒落なえいがぁ?・・
・・ああ、混血児(あいのこ)リーダって欧州映画で・・

などと莫迦を言いながら連れ出したものの
映画館前でポスター見て大ごねにごねられた挙句
映画鑑賞したあと這い込んだ安おでん屋で
サービスされた玉子二個を見て二人赤面し固まると言う
得難い青春(性旬)の一頁も在った街だった。
(蛇足だが愛のコリーダには、其の・・女性器にええと・・
玉子=入れちゃう描写=が・・在ったのだなw)




アルバイト先の池袋東口、バニーの姉ちゃんが群れてる
高級なイメージのカラオケ置いてるクラブ風呑み屋。

夜8時まで吹奏の練習して都バスで向かう夜の池袋。
東口、浅草寿町線の停留所降りてビル街の路地抜けて
ちょいと大きな呑み屋ビルの地下と一階2フロア

地下はボックス席の赤絨毯ハウスボトルがリザーブで
1階は楕円カウンターとテーブル席でボトルがオールド
地下に行くと如何にもホステスなドレスの姉ちゃん
1階はバニーちゃんとスナックのちいママ風が半々。

其処の両階で自分は3年間フロアの下膳から
8トラックカラオケのテープ掛け替えと頭出し
リクエスト客に向けてのMCまでやって
最後はフロア坊やの筆頭になっていた記憶が。

最初、学生ちゃんと呼ばれてた通名と言うか綽名が
4回生の夏前には=バイト長=とかに成り
最後卒論書くのに辞めると申し出た時には
ちょい強面の如何にも其れ筋なオーナーから・・・

新宿に新店舗出すんだが=テツガク=、お前
この際うちに就職して其処の店長やる気ねえか?
どうせ=テツガク=なんざやってたら就職無いだろ、と

真顔でリクルートされた記憶が何となく残る

ああ、同じバイトやバーテンダーには=テツガク=と
ちょいと揶揄するような語感の単語で呼ばれてたな。



朝まで撞球の点取り役付き合わされて小遣い貰ったり
美久仁小路の奥にある同業者が溜まる終夜営業バーや
人世横丁の8勺1本90円な謎の熱燗出す立ち呑み屋に嵌って・・

まあ深夜過ぎると近くの公園から勝手にベンチ持ってきて
野外座り呑み屋、時に新聞紙カーペットに化けてたが。

其処の隣の食堂の炒飯が醤油汁なスープ付きで110円
化学調味料の味しかしない、後味は凄く悪いものの
喰ってる最中は何故か異様に旨く感じる麻薬的な代物で

うん、愛しかったちびデブと冬のさなか入り込んだ
背もたれの高いベンチシートの同伴喫茶も此の辺だったし
他大学の奴とバイト代賭けて張った赤ドラ麻雀の雀荘も。



外から見ると危険で怖い、柄の悪い三業地だった池袋も
中に入り込むと田舎もんには何処か居心地が良かった。

子持ちのバニーちゃんの息子と仲良くなって
其のこまっしゃくれた小学生と良く大判焼き喰ったなあ
其れも餡子じゃなくミートソースとか入れたり
チーズとハムが入ってる=呑兵衛焼き=とか言う
多分、あの街のあの店にしか無い・・謎の喰いもん。

・・あの餓鬼、母親の新しい男が気に入らねえと言って
  ちょいちょいあの夜の街ふらついてた小学生・・

まだ生きてるんかなあ・・ちょいと頭の良さそうな顔の。
=カラオケの兄ちゃん=は其れでも生きてるぜ、坊主。

池袋の夜 銀咲撫子


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事