黒猫のウィズの適当なメモ

WBSS バーネット vs ドネアの結果

2018/11/04 09:13 投稿

  • タグ:
  • ボクシング
改行































ドネア4ラウンドTKO勝ち!!!!!
ひゃっほーーーーい!!!
やったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

とは言っても相手の棄権勝ちなのだけどね。しかも4ラウンドまでだと多分ポイントは向こうが勝っていただろうという。しかし勝負は勝負どんな勝ち方でも勝ちは勝ち。最後にリングに立っていたものの勝ちなのである。

試合はバーネットが離れて動き回り、時々飛び込んで行くというのは予想道理だったのだけど、実はドネアが予想より動きが良い。特に一ラウンドは積極的に前に出て迫力のあるパンチを振るっていく。2・3ラウンドはバーネットがギアを上げたようにスピードを上げ、するとドネアがついていけなくなり、何発かパンチを直撃される。ドネアはコーナーに追い詰めて怖いパンチを打つけど、バーネットはすべてそれを外してみせる。という感じで、2・3ラウンドははポイントはバーネットに行っただろう。そして4ラウンド、バーネットが右を振るうと突然右腰を抑えながらマットに膝をつく。かなり痛そう。なんとか立ち上がるのだけど、そこにドネアの猛攻。それでも流石というかその猛攻もしのぎ、4ラウンドは終了するのだけど、そこでバーネット棄権。という試合だった。

で、試合を大雑把に振り返るとそういう感じなのだけど、バーネットの怪我が事前にあった故障じゃないとすると、あの箇所はドネアが1ラウンド終了間際に、飛び込んできたバーネットにボディーカウンター入れた場所なんだよね。あれがもしかしたらバーネットの故障につながったのかもしれない?

まあしかし、これでとにかくドネアが勝ち上がり。多分次の試合はドネアもっと調子を戻してくる可能性あるから、vsテテはかなり面白そう。

ただ、そうなるとこのWBSSは
井上(日本)
ロドリゲス(プエルトリコ)
テテ(南アフリカ)
ドネア(フィリピン)
…これ、準決勝、同日に日本でできないかな?

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事