黒猫のウィズの適当なメモ

ボクシング ジョシュア vs パーカー

2018/04/01 07:48 投稿

  • タグ:
  • ボクシング
レフェリーが駄目にしてしまった可能性が高い試合。
あからさまにジョシュア贔屓のレフリング、ジョシュアが開始のゴングが鳴ってもコーナーから出てこなくても何も言わず、ジョシュアのテーピングが剥がれてきても止めない。

とくに酷かったのは、接近戦をレフリーが封じてしまったこと。お互いに接近戦の戦略、特にジョシュアはアッパーを考えていたのだろうけど、このレフリーが潰してしまった。ひどい時はクリンチしていないのにストップかけてた。

見ていて、ああこれはそうなんだなと解ったのはやっぱりジョシュアのテーピングが剥がれても無視したことだろう。流石にあれは丸わかりで、WOWOWの解説陣も明らかにテンション下がっていた。
全然レフリーが止めてくれないので、最後はジョシュア本人が勝手に引きちぎって勝手にコーナーに戻ってセコンドにテープの巻き直していた。

相手のパーカーもよく戦ったけど、もっと良い試合になったと思うだけにすごい残念。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事