ポタリング、中国時々日本

【GIANT Escape SL1】 日本用組み立て完了

2018/12/18 00:42 投稿

  • タグ:
  • 自転車
  • クロスバイク
昨年日本に持ち込んでいた【ESCAPE SL1】のフレーム
部品もすべて揃えてあったのですが組む暇がなくて放置状態でした。
散らかし放題の部屋を片付けて自転車を組めるスペースの確保からです。


【なぜいきなり組もうと思ったか?】
GIANTも2019モデルで【ESCAPE RX DISC】を出してきました。
悔しいことにフロントフォークはカーボンです(SL1はアルミ)
欲を言えばフラットマウントでスルーアクスルなら申し分ないのですが
ポストマウントのクイックでした。

部品の構成ですがクランクとディレーラーは以前の記事で実証済
105 FC-5703にDEORE FD-M590の組み合わせで決まりです。
今回はアウターを52Tに交換してみました。

他のコンポは新型DEORE6000シリーズでブレーキも揃えました。
ハンドルとシートポストはGIANT純正のカーボン製を取り寄せ。
サドルは fi'zi:k アリオネ R1 OPEN(上の写真は取り寄せ中で別のモデル)
ホイールは後々のため11速まで対応のSHIMANO WH-RX010に変更。
タイヤはロゴとほぼ同じ色合いのストライプが気に入ったので
IRCのメトロ(スカイブルー)700C-28
その他の部品は前回と同じです。

車体と部品代を合わせると【ESCAPE RX DISC】が3台買えます。
これが出るって知っていればなぁ ww
いや!【SL1】のフラットブラックにスカイブルーのカラーリングが
お気に入りなのでゆずれない!(と心に言い聞かせる)
まあ一番の理由は【自分でいじり回す楽しさ】ですね。


今回オイルディスクのホース接続&フルード注入初挑戦です。
オートバイではブレーキのエア抜きの経験はあるのですが
フルードの注入からは初めてだったので少し心配でした。
ここはエア抜きさえ確実にやっておけば問題なしのはずです。
実際やってみたところ基本は同じだったので意外と簡単でした。


さて、ここからが一番重要なチェーンラインの位置合わせです。

FC-5700シリーズまでのロード用10速スプロケット幅はMTBや
現行TIAGRAの10速より幅が狭く作られていてロー側が1mm外に寄っています。
それに合わせてクランクとのチェーンラインも決められていたので
MTB用よりも中心が外にずれている事になります。
先に組んだSL1は行き当たりばったり的な感じだったので
アウター、ローのたすきがけで逆回転させると
ローが引っ張られてトップ側に落ちていました。
アウター、ローは普通やらないしその状態での逆回転もあり得ないので
妥協していたのですがこの機会になんとかしたい!

分解図で説明します。


まずチェーンリング側に付いているプラスチックの部品を0.3mm程削ります。


左には更にスペーサーを入れないとならないのですが
前回は左に2,5mmのスペーサー2枚で5mm寄せでした。
しかしこれ以上入れるとねじのかかりが浅くなりすぎてNG。
トリプル用の軸受とアームの間に挟むスペーサーは隙間が見苦しいので却下。
そこで軸受(外に飛び出している部分)がMTBより1mm広いロード用BBを
左側に使用して2.5mm+1.8mmスペーサーを合わせることで
ねじのかかりに余裕をもたせた上で5.3mm左に出すことができました。


ガタもなくピッタリと収まりクランクアームとチェーンステーの間隔もOKです。

(クランク回りの作業工程は日本で撮っていなかったため中国での同じ作業のものです)

もしかしたら最初からダブルのクランクを使っていたら
丁度いい具合に合わせられたかもしれません。

OLD135mmのMTB規格のフレームにロードクランクを取り付け
他はMTB用で動かすって事で始めた作業ですがチェーンラインの問題は解決
アウター、ローたすき掛けでの逆回転でも外れなくなりました。

【おまけ情報、105 FC-5700シリーズのアウターの歯数を変えたい方に】
ノーマルクランクのFC-5700とトリプルのFC-5703は互換性有りです。
スモールクランクのFC-5750はインナーが34Tで径が小さいので
共締めのアウターのボルト位置もそれに合わせて小さくなっています。
なのでFC-5750のみ他の歯数への交換は不可能と言う事になります。

最後に毎回おなじみの多摩湖まで試運転で行って来ました。


【補足】
【Escape SL1】は日本でも通販等で手に入るようです。
ただ並行輸入品なのでGIANTのサービスはうけられません。
【Escape RX】とは共通部品が多いので自分で調べて取り寄せは可能です。

【防犯登録】は個人持ち込みだったのですがいつもお世話になっている
フレンド商会さんで手続きしてもらいまいた。
車体番号がはっきりしていて購入証明(領収書)等があればOKです。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事