けつばんPのブロマガ

PS2 Tool-Assisted動画のつくりかた(操作・出力編)

2013/02/12 22:17 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • TAS
  • PS2
  • エミュレータ

ショートカットキー

  • F1 - ステートセーブ
  • F2 - ステートセーブのスロット切り替え(0→1→2→…→9→0)
  • Shift + F2 - ステートセーブのスロット切り替え(0→9→8→…→1→0)
  • F3 - ステートロード
  • F8 - スクリーンショット
  • F12 - AVI録画機能(あとで解説)
  • Esc - ゲーム画面を一時停止してメイン画面へ
  • P - 一時停止/再開
  • Space - 次のフレームへ

F1~F3、SpaceキーはTAS製作で多用するため、慣れるようにしましょう。

キームービーの製作

「設定」→「CDVD-ROM」から、TASするゲームのISOファイルを選びます。
「設定」→「メモリーカード」をクリックし、「Memory Card Slot 1」「同2」のチェックを外します。(セーブデータ利用TASの場合など、メモリーカードを必要とする場合はチェックを入れる)

「Movie」→「Record」をクリックします。下のようなウインドウが表示されます。

[...]からキームービーの保存先、名前を決めて、[開く]をクリックします。
「~.p2mがありません、新規に作成しますか?」といったメッセージは「はい」を押してください。
必要に応じて「Start paused」(一時停止の状態から開始する)のチェックを入れ、OKをクリックします。ゲーム画面が開きます。

あとはSpaceキーのコマ送り、F1-F3のステートセーブ/ロードなどを駆使して、完璧なプレイを目指すだけです。

キームービーの途中から続ける

途中まで作って終わったキームービーの続きを作るには、次のようにします。

まずISOファイルやメモリーカードの状態が前回作った時と同じかどうか確認します。
特に前回のキームービーでメモリーカードにセーブなどした場合は注意。

「Movie」→「Play」をクリックします。下のようなウインドウが表示されます。

[...]から前回のキームービーを選択します。
「Read-Only」のチェックを外し、必要に応じて「Start paused」にチェックを入れてください。
キームービーが最終入力に到達する直前で、ステートセーブ→ステートロードを行います。
その位置から追記ができます。

入力を終了する

キー入力が終了した地点でEscキーを使いメイン画面を開きます。
「Movie」→「Stop」でキームービーの記録を停止します。

動画出力

事前に「Ut Video Codec」などのコーデックを用意してください。
無圧縮で書きだそうとすると、2GB(だったかな)を超えたところで動画が壊れます。
それと、HDDに十分な空き容量を確保してください。

ISOファイルやメモリーカードの状態がキームービー製作当初と同じものか確認します。(desyncを防ぐため)
「Movie」→「Play」をクリックします。下のようなウインドウが表示されます。

[...]から完成したキームービーを選択します。
「Start paused」と「Read-Only」にチェックを入れ、OKをクリックします。

ゲーム画面が表示されたら、F12を押します。次のようなウインドウが出ます。

「Browse...」で動画を保存する場所を決めます。
プルダウンから、使うコーデックを決めます。(画像でUncompressed=未圧縮となっているところ)
Ut Video Codecを入れた場合には、「(DMO)Ut Video Codec YUV420 (ULY0) DMO x86」を選べばOKです。
ここから直接MP4にするような無茶はしない方がいいと思います。

OKを押すと、録画を開始します。
とは言っても先ほど「Start paused」にチェックを入れているので、正確には録画待機状態となります。
Pキーを押すと録画を開始します。
もう一度F12キーを押すと、録画を終了します。

録画された動画には音声が付いていません。(つまり、映像のみ)
音声はPSCX2本体があるフォルダに「record.wav」(SPU2-Xの場合。ZeroSPUの場合はzerospu2.wav)という名前で保存されています。
これらを動画編集ソフトでひとつにまとめます。(自分はAviutlを使っています)

注意すべきなのは、音声の長さと映像の長さが異なるという点です。
映像は先ほどのウインドウでOKを押したときから録画されますが、音声はF12を押した直後から録音しているのです。
つまり、音声の方が「F12を押してから、各種設定をしてOKを押すまでの時間」だけ前半に空白ができているということです。
そのため、動画と音声は後ろ詰めで揃え、前半の音声部分はカットしましょう。

あとはMP4動画にエンコードして、動画をアップロードするだけです。
お疲れさまでした。

こんな稚拙な記事でも、TASさんになろうとする方々への参考となれば幸いです。
おわり。

コメント

まっち@もっすらP
No.1 (2013/06/14 22:59)
凄く参考になりました
ありがたい
SSR(スア)
No.2 (2014/11/26 21:13)
参考になりました
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事