nocaの徒然

【MMDおそ松さん】シャルル【マフィア松】

2017/04/06 00:13 投稿

コメント:7

  • タグ:
  • MMDおそ松さん
  • 感動
皆様こんにちは。
初めましての方は初めまして。
nocaと申します。



先日投稿した↑の解説くれと言われたのでここに書いておきます。

※ご本家様とは解釈が違っておりますのでご注意ください

***

まずは動画のご視聴有難う御座います。

格好いいマフィア松動画が多い中、こんな仄暗く報われないような動画は果たして受け入れて貰えるだろうかとドキドキしておりましたが、杞憂に終わりホッとしています。

ストーリー性のある動画を作る際は一応大まかなテーマをいつも考えてるのですが、今回のテーマは『死んだ兄弟と次男』でした。

はい、これがもう答えですね!

***

マフィアなのでなんやかんやあって抗争が起こります。
そこで命を落とした兄弟達。
(因みに順番などは決めてないです。一人ずつでもいいし、5人いっぺんでも。)

遺されたのはファミリーの参謀である次男。

そこで彼は考えます。

戦況が悪化している今、もしここでボスの死亡が敵勢力に知れたらどうなる…?

ファミリー全滅を恐れたカラ松はボスになり替わることを決意します。
だからベースがおそ松なんですね。

そしてその他の装飾品は弟たちの遺品です。

三男の黒手袋
四男のネクタイ
五男のベルト
六男の帽子

…正直ネクタイは他の松もしてるのでどうかなと思いましたが、アレは四男のやつだってことにしといてください。(きっと裏に猫ちゃんの刺繍してあるんや…)

そして、カラ松自身の要素が無くなってしまってることについてですが、これは私の中の次男がそこまで器用な人間ではないからです。キングオブポンコツだと思ってます。(因みに私はカラ松ガールです)

兄弟を想って身に着けてたらいつの間にか“自分”の隙間が無くなってた、って感じ。

***

動画は抗争を終わらせた次男が雨の降る中、兄弟たちの墓参りに行くところから始まります。

因みに動画に出てくる花は百合です。
花束の中に青っぽい花が混ざっているのはコメで指摘されて初めて気づきましたww

余談ですが、曲の始まりに雨音を入れさせて頂いているのが個人的にお気に入りです。雨粒の跳ねる感じも好き。

最初の『笑って』は、その前のシーンの次男の表情を見た兄弟からの声だと思って頂ければ、よりしんどくなれるかと思います。オススメ。
(そしてきっと最期の表情見た兄弟達から「そうじゃねーよこのポンコツ!」って言われる)

***

そして兄弟たちと次男の表情の差ですが、次男は「これでいいのだ」と思っているので終始笑顔です。それに引き換え兄弟たちは次男の現状に不満があるので表情は冴えません。


トド松は愁い、そして呆れ顔
(どうせカラ松兄さんは僕たちがやめろって言っても聞かないんでしょ?)

十四松はただひたすら心配そうに
(カラ松兄さん!おそ松兄さんの真似すっげー上手いね!だけど本当のカラ松兄さんはどこに行っちゃったのかなぁ…)

一松は苛立ち、後悔を滲ませて
(クソ松の癖にヘラヘラしてんじゃねーよ)

チョロ松は困惑、切望の表情で
(お前はそんなに器用なやつじゃないんだからさ、あまり無理しなくても良いんじゃない?)

そして苦笑を漏らすおそ松
(お前はお前のままで良いんだから、もうやめろよカラ松)


其々のシーン、セリフを付けるならこんな感じかと。
表情で表現できていたらいいけど…。

***

次男に戻った(というか戻らされた)次男は孤独に苛まれます。だから苦し気な表情なんです。
彼が一人で踊るシーンはいつ見ても心臓がキュッてなります。

やっぱり六人一緒がいいよね、ってことでああいうラストになりました。
カラ松だけが幸せな終わりですね。

…因みに最後の瞳の変色も気に入っているところの一つです。
もかださんモデルは本当に瞳が美しい…。

***

ここまでお付き合いいただき有難う御座いました。
またお目に掛かれたら嬉しいです。
おそまつさんでした!

noca

コメント

noca (著者)
No.6 (2017/05/04 08:34)
nheadso様有難う御座います!
わざわざ誕生日に合わせてくださるとは…!とても素敵な誕生日プレゼントです(´;ω;`)♡
早速拝読いたしました。
私の意図したことをきちんと汲み取ってくださっている内容で、色々と考えながら書いてくださったのだなぁ…と思い嬉しかったです。
最期のカラ松の言葉、結局はこれに尽きますよね。
素晴らしい作品を有難う御座いました♡
CROSS
No.7 (2018/02/24 01:46)
今さら何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、先日アップされました動画を拝見してこちらにたどりつき、見て、号泣を繰り返しております。世界観、設定、カメラワーク、演出すべてにおいて素晴らしくて泣くしか道はなかったです。
カラ松がおそ松の幻想を見る一瞬の表情、おそ松を扮したカラ松からおそ松が出てきてすべてがわかる演出、最後のカラ松。すべてがもう、引き込まれていました。ヒバナのほうも泣きました。色々、すごい色々と想像してしまって。本当に素晴らしい作品をありがとうございました。バッドエンドがかくことができない病気にかかってるような自分にとって悲しくも感動する作品でした。これからも応援しております。ありがとうございました。
noca (著者)
No.8 (2020/09/07 21:50)
>>7 CROSS様
お返事が大変遅くなり申し訳ございません。
とても細かいところまで見ていただいたこと、MMDer冥利に尽きます。
ヒバナの方も見ていただけたということで、とてもうれしく思います。
(メリー)バッドエンド、カラ松の兄弟へのちょっとズレた愛、を感じていただけたなら幸いです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事