ニーサンの○○について語ってみよう!

MADの話~初めて音MAD制作したのですが・・・~

2013/05/30 19:00 投稿

  • タグ:
  • MAD
  • 音MAD
  • アイカツ!
こんばんわっす。

自分は制作しない、制作できないけど良く観るMADジャンル

というのはないでしょうか?

自分は沢山あります。
その中の1つとして

音MAD

ジャンルがあります。

■音MADはファンが作品を魅せる事が出来る最大のジャンル■

一般的といいますか、ニコニコ的に主流になるMADというのは『使用作品に違う作品の音楽を重ねるPV系』作品です。
このPV系の場合、MADとして魅せたい作品の『映像』のみを使う事が多い為、アニメ等では、その作品の

声やBGM

といった、音声部分を使わない事が多くなります。
アニメというのはやっぱり 映像+音声 で構成された作品であり、その作品の魅力を伝えるなら是が非でも両方をMADに組み込みたい所です。

ですが、PV系は構成次第(OPパロやEDパロ等)では音声を入れる余地がありません。
その為、映像の素晴らしさを伝える事はできても、そのアニメの声優は音響の演技・技術を伝える事は難しくなってきます。

そこでの

音MAD

となります。

ですが「この場合、音しか伝えられないのでは?」との疑問が出てくるかもですが・・・

■音MADだけど映像が重要■
音MAD と言われるジャンルですが、面白い事があります

・音だけの作品
・映像付きの作品

この2つだと同じ『音』部分の出来でも、見てて楽しい、評価されるのは確実に『音と映像』この両方が備わった作品と言えます。

その為、今、音MADを作るなら確実に 映像 までつくらないといけなくなる、一番制作が難しいMADジャンルでしょう。

■作品を魅せる事が出来る■

というわけで、この音MADを映像付きで制作する事ができれば、その使用した作品の魅力を十分伝える事ができる作品形態になると思います。

・・・制作できれば、ですけどね(´・ω・`)


■音MADの制作の難しさ■

音MADを制作するには

・音声素材
・音声を複数並べる事が出来る制作ソフト
・最終的には音に合わせて映像を複数並べる事が出来る制作ソフト
・音MADネタによっては映像構成を一緒にしなくてはならない技術

これが必要になってきます。

通常のMADなら映像を並べる事のできるラインは1つでも制作可能の場合がありますが、音MADの場合は音声に合わせて映像も複数だしたい時もあり、ラインが1つだとどうしても厳しくなるのが現実です(´・ω・`)。
さらに、先駆者、大元ネタが映像で魅せる事をしていると、後から追随する人らはその映像構成すらマネをしないといけなくなる・・・もう、一番ハードルの高いジャンルかもです。

ただ、背景や色合いが一緒であれば、あとは特に映像構成自体には拘らないネタも多いのですが。

■というわけで制作■

自分はMADが大好きです。

なら制作した事のない音MADも自分でも作ってみたくなるのが心情と言えるでしょう。
というわけで、試行錯誤しながら制作してみました。
それがコチラです。



まぁ出来はおさっしってな事で(゚∀。)

なんだろう、制作中は結構良くできた感覚でしたが、投稿してみると、ツメが甘い感じがしております。

なお、今回はいつもの師匠に事前に見せて確認が出来なかった為、投稿後見せて点数評価してもらったところ

「40点」

との厳しい評価でした(´・ω・`)

|-`).。oO(なお以前のアイカツ!MADは80点以上の出来との評価でした)

ただ音声部分はそうでしたが、映像部分に関しては「頑張った」との評価をもらえたので嬉しい限りです。
というわけで、これも数をこなしてセンスを磨くしかないジャンルと思いますので、機会と時間があれば別キャラでも挑戦したい所ですね(´・ω・`)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事