nipperのブロマガ

あ、危険、うたた寝

2016/03/09 00:10 投稿

  • タグ:
  • AC
  • 交通標語
  • すぎちゃん

だんだんいい匂いがしてくるようになりましたね。春を思わせる何かが風に乗って香るようで、毎日出勤するときに深呼吸をしては春が近づいてくるのを感じてウキウキしています。
少し甘い感じがするのでおそらく植物の花の香りもある程度は混じっているんじゃないかと。ということは花粉もだんだん風に舞うようになってきているということですね。

花粉症の人にとってはいよいよこの時期が来てしまったかというところでしょうか。はぎは花粉症ではなくなったので、春はただ待ち遠しいばかりですが・・・。確か小学生の頃に花粉症の症状が一度出た記憶があります。それ以降は幸いなことに出ませんでした。田舎のおかげで花粉が少なかったんでしょうかね。

花粉症の人は年々増加しているようで、その理由は様々ですがその内の一つはコンクリートが関係しているようです。一度舞った花粉が地面に落ちても分解されずにまた舞い、どんどん体内に取り込まれ、急に増えた花粉を体内の抗体が勘違いして攻撃してしまい、花粉症となってしまうそうです。体内にどれくらいの花粉を取り込んだら花粉症になるのかは人それぞれで、体質やストレス状況にもよるみたいです。

花粉症のうち、スギ花粉については標準化されたアレルゲンが発見されていて、唯一の根本的治療法としてアレルゲン免疫療法(減感作療法)というのが注目されているんだそうです。

これは花粉症の原因であるアレルゲンを次第に増やしながら注射してゆき、アレルゲンに対する免疫を得ようとする治療法です。スギ花粉で悩んでる人は一度アレルギー専門医に相談してみるといいかもしれません。
花粉症は一度なったらなかなか治らないイメージがありますが、今はこんな治療法があるんですね。

花粉症に限らず風邪薬を服用するときもそうですが、抗ヒスタミン薬を服用すると眠気やだるさを伴う可能性があるので運転や危険な作業をする前のは厳禁と覚えておきましょう。薬を服用するときの注意書きのところに書いてあるので大丈夫だと思いますが。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事