草の根東方手書き作者ブログマガジン

④お絵かきソフトの紹介

2020/10/16 18:19 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • 東方手書き劇場
  • 東方
  • フリーソフト
  • お絵かきソフト

お絵かきソフトの紹介です。自分で使っていたソフトや
手書き作者様に聞いたソフトの中から4つを選びました。


今回紹介するペイントソフト

●FireAlpaca(ファイアアルパカ)(無料)
●MediBang Paint(メディバンペイント)(無料)
●Sai(サイ)(5500円)
●CLIP STUDIO PAINT PRO(クリップスタジオペイントプロ)(5000円)





●FireAlpaca(ファイアアルパカ)(無料)
私も昔使っていました。かなり軽くてシンプルです。
PCのスペックが相当低くても動きます。無料です。
サポートも手厚くて、しょっちゅうアップデートしています。
絵を描いて塗るなどの一通りの事は出来ます。
無料のフリーソフトとは思えない安心感です。
モノクロの場合はメディバンペイントがオススメです。
描いた作品は商用利用しても良いです。



●MediBang Paint(メディバンペイント)(無料)
ファイアアルパカのパワーアップ版です。
これも私は使っていました。
なんと無料です。スクリーントーンを貼ることが出来ます。
アルパカに出来ることは全部できます。

サイトの方もサポートが充実しています。
しょっちゅうアップデートしています。
描いた作品は商用利用しても良いです。
アルパカより少し重いです。




●Sai(サイ)(5500円)
私は体験版だけ触ったことがあります。
イラストの書き味はかなりの高評価だそうです。
シンプルな仕様で初心者でも使いやすいです。
ライセンス料は月額ではなく5500円の買い切りですので
一回買ったらずっと使えます。安心です。
クリスタより軽いと言われています。
描いた作品は商用利用しても良いです。




●CLIP STUDIO PAINT PRO(クリップスタジオペイントプロ)(5000円)

5000円で買い切りですが、iPad版は今のところ月額のみです。
私が使っているのは、PROの上位のEX(23000円)ですが
PROでも十分です。
とにかく素材が多く
創作応援サイトでユーザーが毎日素材を配布しています。
無料の素材もたくさんあります。
ここにある素材は一部を除いて商用利用可能です。

3Dモデルや3D背景が完備されています。
アニメーションを作る機能もあります。

ただし、すっごい重いソフトであり
メモリ4GBだとかなりきついです。
私、8GBでも「もう無理メモリ100%」でクリスタ再起動させますから。
B4サイズでレイヤーをたくさん使ったり、アニメーションやる人は
16GBのメモリが欲しい所です。

あと、機能が多すぎて最初は頭が痛くなります。
最初は使わない機能は使わないというシンプルスタイルが良いです。
私が訊いた中では、手書き作者様に
一番多く使われていたペイントソフトです。

描いた作品は商用利用しても良いです。

コメント

二ノ瀬泰徳 (著者)
No.6 (2020/10/17 13:48)
→5

補足ありがとうございます。確かに互換性ありましたね。でも同じソフトが二つあったら
結局最初からメディバンを使えばいいという事になってしまいますね。
アップデートを両方行うのは地味に面倒ですし。ただ個人的にはアルパカの方が使いやすかったです。
macky
No.7 (2020/10/18 02:51)
数年アルパカを使っていましたがメディバンを知りませんでした。
インストールして少し触ってみましたが私にはなかなか使い勝手が良さそうでアルパカから乗り換えようかなと思っています。
アルパカと使い方が同じで機能は増えているのが嬉しいですね。
ご紹介に感謝します!
二ノ瀬泰徳 (著者)
No.8 (2020/10/18 07:18)
→7

ありがとうございます。今まで製作ファイルが無駄にならないのも乗り換えやすくていいですね。
メディバンの支援サイトも大きいです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事