MMさくらのブロマガ

初心者さんがパソコンを買う場合の注意点

2021/03/07 02:23 投稿

  • タグ:
  • 商売
  • パソコン
  • PC
  • 家電量販店
  • パソコンショップ
  • セットアップ
  • 初期設定
  • 経済
  • 初心者向け
  • セキュリティー
##初心者さんがパソコンを買う場合の注意点##

皆さん今日は、MMさくらです。
最近、パソコン量販店や電気屋等で商品の売り方に問題ありだと思います。
なので、記事を書かせてもらいます。
当方は、元ですが、ア〇〇〇〇というパソコン量販店の修理受付に務めておりまして。
そこで経験したことを内容に反映させてもらいました。
恐らく、勤務していた時にこの記事を書いてるのバレたら縛り首でしょうが。

##パソコンは電気屋さんで買っちゃダメ##

パソコンは電気屋で買っちゃいけません。
答えは簡単、高くつくからです。

初心者さんは店員さんに色々教えてもらいたいでしょうが、
お店側としても商売。出来るだけ利益を出そうとします。
お客さんが無知であれば、それに付け込んで色々なサービスを売り込んできます。

##初期設定は自分でやりましょう##

お店でパソコンを買うと、セットアップを自分でやるか、
店に任せるかを聞かれます。無論、店に任せた場合は有料です。
提供されるサービスはオプション形式となっており、内容によって課金されます。

料金メニューは店によって異なりますが、丸投げするとだいたい2~4万です。
初期設定4000円、リカバリディスク作成6000円。
Officeソフトインストール3000円、OSアップデート6000円。
ファイアーウォール設定4000円、データ移植12000円。
これらを全部受注すると、35000円になりますね。

初心者さんはどれが必要なものかは分かりません。
だから店員の勧めに乗せられて、高いものをどんどん受注させられます。
ぶっちゃけ、やり方が超汚いです。

で、それを問い詰めたときの店員さんの言い分がコチラ。

セットアップは丸一日かかる。
一度間違うと、取り返しがつかない。
最近のパソコンは、昔のと違って設定が難しい。

はい。全部嘘です。

パソコンの構成にもよりますが、セットアップにかかる時間は1時間程度。
OSのアップデートを含むのなら、状況次第ではありますが。

一度間違うと取り返しがつかないなんてこともありません。
後から何度でも設定のし直しが出来ます。
そもそも、セットアップは最低限やれば十分。
必要になったら、その設定は後から追加すればいいんです。

昔と違って今のパソコンは難しいというのも間違い。おバカさんでも簡単にできます。
やり方が分からないっていう方は、ネットで調べれば簡単にやり方が出てきます。
そもそも、初心者に難しいのであれば、注意書きがないと商品として失格です。
一部のPCの部品には、専門家による取り扱いが必要であると注意書きにありますし。
これは、下手に扱うと壊して台無しにしえしまうからです。
パソコンに、専門家によるセットアップが必要なんて言う注意書きは無いでしょう?

客の無知に付け込んで、サービスを特盛にする商売は最低です。
その代金が浮けば、1~2ランク上の商品が買えます。

##有料のセキュリティソフトは不要##

ウインドウズには標準でセキュリティソフトが付属しています。
ウインドウズ・ディフェンダーっていうんですけどね。
これがポンコツ欠陥かというと、そうではなく、ムッチャ優秀です。
何せ、ウインドウズを作った会社が出しているんですから。

それなのに関わらず、セキュリティソフトが絶対必要だとか言って、
サードパーティー製のそれを強力に勧めてきます。
セキュリティが必要なのは嘘ではありませんが、よほど特殊な使い方をしない限りは、
サードパーティー製のソフトは不要です。

その事実を隠して、無知な人の不安を煽る形で売り込んでくるので注意です。
何でそんなことをするのかと言えば、それにも理由があります。
ズバリ、ソフトの会社とタイアップしており、売れば売るだけマージンが貰えるから。
会社の都合にお客さんを巻き込むのは最低のやり方です。

それで、ネットで検索すると、
標準のセキュリティソフトが欠陥品だという情報が多く出てきます。これも嘘です。
もし欠陥品であるなら、何でウインドウズの開発元にクレームが行かないんですか?
これはアフィリエイターがセキュリティソフトを買わせる為のポジショントークです。

##販売店は悪者か?##

それで、今まで販売店を悪者みたいな言い方をしてきましたが、
彼らが悪者かと聞かれれば、答えはノーです。
お店である以上は、もうけを出す必要があります。

初心者さんができない、やりたくないことを代替してやるのであれば、立派なサービス。
サービスであるならば、料金をもらうのは当たり前ですね。
筆者が問題にしているのは、お客様にきちんとした説明が無いということです。
そして、料金が発生するということは、それに比例した責任と保証が発生します。
サービスが適正に運用されているのであれば、それは客にとっては安心となります。

そして、何故初期設定を有料にするかも、きちんとした理由があります。
無料だとやってもらって当たり前となり、販売店側が過労死してしまうんです。
有料だという事実は、そういう人たちを遠ざける門番にもなります。

##パソコンは目的と予算、性能だけで選びましょう##

家電量販店に行きますと、店員さんがパソコンを勧めてきます。
その時に重視するべきは何だと思いますか?答えは簡単。予算と目的、性能です。
だからこそ、狙うのはビジネスモデルかBTOです。

付属ソフトについてですが、皆さんはそういうの使いますか?
必要であればあとで買い足せば済むだけの事。
パソコンの値段には、付属ソフトのライセンス料も含まれているんです。

だから、いらないものが付いてないビジネスモデルはオススメです。
あとは注文と同時に製造が始まるBTO。

最低限の知識があるのであれば、ネットで買うのもオススメです。
一人でどんなパソコンが欲しいのか十分に吟味できます。

そして、販売店に赴いた場合、店側の思惑も絡んでくるんです。
店側としては在庫を売りたい訳ですから、店の都合で商品を案内される場合もあります。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事