MMさくらのブロマガ

伊吹萃香は何故雑魚に成り下がったか?

2020/01/28 23:36 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • 幻想入りざ・かおす
  • 解説
  • 伊吹萃香
  • 原作クラッシュ
  • 幻想入り
  • 幻想入りシリーズ
  • 東方
  • 東方Project
  • 価値観
  • ブーメラン
これは、拙作『幻想入りざ・かおす』の伊吹萃香についての解説になります。

本作では、伊吹萃香は雑魚に成り下がります。
強さのランクとしては、ド○クエでいえば、スライムとかドラキー位でしょうか。
何故か?結論から言うと、自分を否定したからです。
原作(東方の)設定でも言われていますが、妖怪というのは精神面が強さに直結します。
今までやってきたことを全否定すれば、全てを失うというのがうp主の解釈です。

鬼の言い分だと、
卑怯な作戦でだまし討ちをする人間に、愛想を尽かして姿を消したとあります。
これは、人間が鬼を恐れていたからです。いんちきでもしなきゃあ強すぎて勝てない。
そして鬼の所業の人さらいや殺人は、人間社会にとっては敵対行為です。
ただでさえ強い鬼がそういうことをするなら、恐るべき敵です。
真っ向から戦っても勝てないから策を使う。当たり前のことですね。
有害だから退治された。これも当たり前。人間社会は外敵の排除を行っただけです。
退治されたくなきゃ、悪事を行わなければよかった。
鬼として悪を成すなら、最後まで生き方を貫き退治されるまでが誇りということですね。

それで、自分の納得いく戦いが出来なくなったから、鬼は人間を卑怯者呼ばわりした。
まともに考えれば、やるだけやって逃げた鬼のほうが卑怯者ですものね。
人間を嘘つきだとか卑怯者呼ばわりする鬼が、自身でやったことへの責任も取れない。
実は鬼のほうこそが、真の意味での卑怯者。まさにブーメランってやつです。

もう少し話を簡単にしましょうか。
やったことには結果が伴う。自分がやった結果を否定すれば、名誉も恥も全部失います。
精神が強さに直結する妖怪なら、これは致死レベルの弱体化を招きます。

トップに戻る

コメント

MMさくら (著者)
No.6 (2020/12/12 10:23)
>>5
それ、いいですね。
ちょっとななめ上ですが、一度だけ訂正した正式版出します。
某動画は、恐らく私も見てますよ。
kaisen
No.7 (2020/12/28 04:58)
改訂版と最新話観ました。
スキマの人物像を考えてみますと…
①身内(幻想郷設立時のメンツ)や古株で能力の高い者(神格)に甘い。
②人里は”牧場”で博麗は”番犬”と考えていた。
③器物妖怪(付喪神)や新参に対しては厳しめ軽めに見ている。
④スキマを操っているせいか、管理者(賢者)と私情の”スキマ”に嵌って詰めが甘くなっている。
こんな感じでしょうか?
射命丸文も”幻想郷の伝統の文屋”と言って千年前からの付き合いと取れるし、西行寺幽々子は”生前からの知り合い”なので”激甘”なのではないかと。
鬼とかも千年前から表舞台から幻想郷に越してきてるみたいなんで甘い様でしたし(タイトル回収)
伊吹萃香にも悪落ちオーブが入ってたかもしれませんね(雑魚に成り下がった際に排出されたとか)
守谷の八坂神奈子の幻想郷入りをブロック出来なかったのも①の辺りで甘かったかと。
(やらかした際に出れなかったのは結界維持か?)
隙間を操ってるつもりが”思考の隙間”に挟まっているのかもしれませんね。(詰めの甘さ。)
幽々子異変終了時に思いっきり子供みたいに泣いていそうな気がします。
kaisen
No.8 (2021/01/31 22:15)
マスコミ絡みのネタで沖縄基地問題と内地での差が見れそうなものを1つ(10年前ですが)

沖縄ばっかり大々的に扱われてるけれども、神奈川の方も危険だったりする

米海軍ヘリがサッカー練習場に不時着、平塚市の相模川河川敷/神奈川  (2011年)
http://www.kanaloco.jp/article/24903
米海軍ヘリがサッカー練習場に不時着、平塚市の相模川河川敷/神奈川 | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞 (kanaloco.jp)
見出しは不時着だけれども、実際には緊急着陸な点は置いておくとして、
”相模湾での訓練を終えて同基地に戻る途中だった。”
とあるんだけれども、緊急着陸をした場所より相模湾側には化学薬品工場などが多数あって、万が一そういう所に墜落していたら大火災になってたと思う。
(沖縄の小学校に緊急着陸だったら3日間はバッシング続くでしょうが…)
同じ記事の中に”寒川町の畑に、潜水艦などを探知する際に用いる「ソノブイ」(約8キロ)を落下”
とあ... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事