MMさくらのブロマガ

依頼絵とは?

2020/01/21 01:34 投稿

  • タグ:
  • 絵師
  • 依頼
  • 商売
  • 立ち絵
  • 社会
  • ルール
  • コミッション
  • 二次創作
  • イラスト
  • イシュタル
依頼絵というのは、絵師様さんにお仕事の依頼をして受領する絵のことです。
お仕事である以上、当然金銭が発生します。


よくネット上で、絵師はタダで絵を描いて当たり前とか言う人が多いですね。
依頼料を安くしろという値引き交渉。気持ちはとってもよく分かります。
そんなことされたら、絵師さんもやってられなくなります。

絵師さんは、売り物になる絵を描けるようになるまで、努力しまくってます。
アートという単語がありますが、芸術という意味の他に、もうひとつ意味があります。
要約すると、ものすごく訓練して手に入れる精密な技能です。
それを買うのに、お金(≒敬意)を払わないという考えが何処から出てくるのか。

敢えて言いますが、金の介在しない仕事は只の徒労であり、絶対に無責任なものになります。目標(≒報酬)なくして人は動くものか。
その絵師さんの絵が本当に好きで、仕事の依頼をする。
ならば、報酬くらいはきちんと支払いましょう。お仕事には敬意を。
みんな誰かの仕事の上で生かされてます。


私見ですが、依頼する場合は、これらを心得たほうがいいと思います。

①依頼文は結論から書け。結論とは報酬だ。
だいたい予算いくらと予め決めておいたほうが、トラブルが少ないです。
料金プランを予め決めてる絵師さんに依頼する場合とかは、別ですよ?

②納期は余裕をみろ。決して急かさない。
急かされた仕事っていうのは、大概碌な結果になりませんね。

③ラフを受け取ったら、しっかり見て、変更等の希望はそのときに伝える。

完成間際に大きな仕様変更をされたら、対応に困ってしまいます。

これらを押さえていれば、余程のことが無い限りはトラブルにならないと思います。

それで、かなり生々しいお話になりますが、報酬のお話を。
絵師さんの月あたりこなせる依頼がだいたい3~5件。
そのひとの筆のスピードや、リアル都合によってだいぶ変動しますが
サラリーマンの報酬をそれで割ると、一件あたり4~6万円くらいにはなります。

副業無しの絵一本で食っていく為には、最低限それだけの報酬が必要だってことですね。

自分が出来ないことを、仕事として専門家にやってもらうのが依頼。
それならば、報酬を惜しむという選択肢は、限りなくBADだと思います。
安くすませたいというのは、消費者としては当たり前の心理です。
が、値引き交渉を、やられる立場で考えたらどうでしょうか。
報酬ダウン≒生活の質ダウンです。
サラリーマンだって、給料減らされたら、色々切り詰めないといけないでしょう?


私見ですけれど、依頼するなら正札通りの報酬を支払って、稼がせてやるのが正しい。
そうすれば絵師のモチベが上がって腕を上げてくれます。次の依頼もしやすくなりますし。
リアル絵師様達は、この記事をどう思うでしょうか?


##ここからオマケです##


ちょっと黒歴史ですが、暫く前に、依頼する為に自分で書いたキャラ本体と付属品です。


これが、こうなる訳ですから、やっぱし本職さんってスゲーって思います。それでは。

トップに戻る

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事