まったり勢ないんちぇのグラブル放浪記

【なになぜ】2chアフィリエイトが嫌われる理由【疑問】

2017/03/12 14:08 投稿

  • タグ:
  • アフィリエイト
  • モラル
話題にあがったので。

2chのスレッドを使ったアフィリエイトに限定した話ですが。

主な理由は
・転載を望まない投稿に対しても都合の悪い部分を削除して記事にする
・スレッドの質を低下させる
・板のルールが変わる

この3つが主な原因となる。

・転載を望まない投稿に対しても都合の悪い部分を削除して記事にする
これに関しては、文章にさりげなく転載禁止などをつけながら話したり
アップする画像に麻薬取引を匂わせる発言などを追加したりして対策はしたものの
画像を載せなければセーフだとかSCだからセーフだとかって言い分でまかり通ってる。
文章を改変して記事にするブログも多い。
筆者が転載を望もうが望むまいが金に換えたいアフィリエイターは
法に引っかからないように気をつけて記事を作成する。
アフィリエイターがいるせいで板から人が減っていく。
アフィリエイターに我慢が出来るか出来ないかの2択が生まれるからだ。

・スレッドの質を低下させる
面白い物にしていこうという趣旨のスレッドが作成されても
馬鹿になりきれない自己誇張が激しい人によってスレッドがつまらなくなってしまう。
ネタにマジレス(本気の返答)する事により住人は冷めてしまいスレが育たなくなる。

例えるならキャンプファイヤーがそれに近い。
みんなでワイワイやってる所に参加しない人間がいるとする。
参加しない人間が大声でこう言う
「火の周りで踊る意味ある?歌う意味ある?」

最初はその言葉に耳を貸すような人間なんていないんだけど
一つの考え方として参加するかしないかの選択肢が出てしまう。
二分化してしまえば大衆は多い方につく。
結果的に参加はするけどしらけさせる人間が出てきてしまう。
注意を受けた人間は参加しないで批判する方に回ってしまう。
批判する側は自分達が少数派だから同志を募り声を大きくする。
楽しけりゃいいじゃんって人もだんだんそこに意味を求めはじめる。
馬鹿になって踊る事が出来なくなる人が続出する。

一人では馬鹿になれない。
馬鹿が馬鹿をやってそれを馬鹿だ!って笑いながら一緒に馬鹿をやる馬鹿がいなけりゃ
馬鹿は成り立たない。
それを見て笑ったまともなフリした自称健常者が最初は自分の方が面白い事できるぞ!
って志を持って参加するんだけど
意外と笑いを取るのが難しく受け入れられずただそれを見ているだけというのも出来ず
否定を撒き散らすゾンビが大量に現れる。新規参入者は特にゾンビになる。
アホには俺の凄さがわからないんだ!そうにちがいない!
ゾンビはそう考える。ゾンビの発言は頭が良く正しい。
だけどゾンビの発言は馬鹿には聞き入れられない。
それを聞いたら馬鹿をやめなきゃいけないから。
ゾンビは感染者を増やし仲間を増やす。
結果、スレッドに馬鹿は減り、ゾンビが増え楽しかった時間は失われる。
正しさと数の理を手にしたゾンビは価値が無くなった楽しかった場所を寝床にし
お山で誰が一番正しいか選手権を開く日々を続ける事になる。

少ないながらも残った馬鹿は昔のように騒ぎたくて新しくスレッドを立てる。
全否定やマジレスの嵐で、もう自分と一緒に馬鹿をやってくれる馬鹿は居ないんだと悟る。
こうしてスレッドの質が下がりそこから笑いが生まれなくなる。

ゾンビ=アフィリエイトブログなどからの参加者
馬鹿=原住民
こう置き換えて読んでいただければ/(^o^)\

・板のルールが変わる
一度、世代交代が行われればそれも正。
神である運営すらも黙認してしまう。

【まとめ】
結局何が言いたいかというと
馬鹿のキャンプファイヤーが話題になる→つまんない奴がメディア見て参入→真面目な話しばっかするんでつまらん→馬鹿が馬鹿になれと諭す→お前らに都合のいい世界なんて俺が変えてやる!→変わった世界はおっさんが愚痴を言い合う肥溜めになった→原住民「まとめブログのせいだ!」

VIPに限定するなら社会人の参入や非童貞の参入。女の参入を拒んでいた文化は
そういう背景にある物だから意味が無いわけじゃない。
当時、入場を拒まれた人は多いだろう。腹も立つだろう。
守るためだというのはわかって欲しい。

楽園はもう無いから好き放題すればいいんだけどね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事