Nineのメモ書き程度のマガジン

【デレステ攻略情報】202101 Live Carnival攻略 SSS最終編成と総評

2021/01/07 00:38 投稿

  • タグ:
  • デレステ

なんとか虹色トロフィー取ったので今回も記載。


【注意】
以下の画像はイベント中のものであるが、最終メンバーと変わりなかったためそのまま使用し、スコアは別途書くこととしている。

<1st Booth>
1st Boothの楽曲選択肢
・ラヴィアンローズ
・パステルピンクな恋
・クレイジークレイジー



最終スコア:2151050 最終Voltage Point:25812
MASTER+の楽曲がいずれもできない、オルタネイトが美玲とあかりしかいない、
およびGRANDへあかりを持っていきたいため、なんとかしてあかりを温存できないかと思考した結果、Cuの7秒レゾナンスを組んだ。理想のレゾナンス編成ではない(センター紗枝がViタイプだが幸子・悠貴はViタイプではない)ため、レゾナンスにしては低いスコアだが、あかりを温存しつつならば十分なスコアと考える。
せめてラヴィアンローズのMASTER+ができれば、オルタ&スライドアクトを用いることでまだまだ伸ばせただろう。


クレイジークレイジーMASTERやるなら以下のような編成
※センターはブリリアンスで代用OK。その場合は紗枝をスキブと入れ替える(SR可)
フリックアクト幸子はフリックアクト千夜でもOK


MASTER+ならば以下のような編成



※コンセを入れているが、腕前に応じてスコアアップに変える。こずえはあかりでもOK。
双方いない場合はアクト系をイベントSRで代用可



<2nd Booth>
2nd Boothの楽曲選択肢
・Halloween Code
・HARURUNRUN
・凸凹スピードスター
・Palette
・あんずのうた
・Naked Romance
・秘密のトワレ
・追い風Running
・ニャンと☆スペクタクル
・Heart Voice


最終スコア:1877712 最終Voltage Point:22533

MASTER、MASTER+ともに難曲ぞろいで、FCできそうなMASTER曲を軸に検討。
1stでレゾナンス編成にし、アピール値ボーナスを多く受けることができる形にしたため、
2ndにオルタ編成を持ってくることにした。凸凹のMASTERもHARURUNRUNのMASTER+もFCできなかったため、最終的にこれに落ち着いた。トリコ菜々を温存できたのが救い。
※紗枝→コンセの菜々、フリックアクト幸子→チューニング千佳(双方11秒周期)
も選択肢にあったが、千佳の育成状況が芳しくないのと追い風RunningやHeart Voiceなどの難易度27の曲のFCに自信がなかったため結局HARURUNRUN。
実力と育成不足が悔やまれるブースとなった。




<3rd Booth>
3rd Boothの楽曲選択肢
・THE VILLAIN'S NIGHT
・Can't Stop!!
・炎の華



最終スコア:1774670 最終Voltage Point:21296
THE VILLAIN'S NIGHTが難しく、得点源にできなかったのが悩ましい。
結果としてフリックアクト凪を採用しなかったため、もったいなさが大きかった。
11秒のユニゾンを持っていればまだマシな勝負ができていただろうし、戦力不足を感じるブースとなった。



以下は、THE VILLAIN'S NIGHTをプレイする際のフリックアクト編成
ユニゾンが居ない場合はプリンセスやブリリアント(SRでもよい)で代用し、茜をスキブに変更する。



<4th Booth>
4th Boothの楽曲選択肢
・冬空プレシャス
・モーレツ☆世直しギルティ!
・Sunshine See May
・Romantic Now
・お散歩カメラ
・毒茸伝説
・Radio Happy
・ステップ!
・LET'S GO HAPPY!!
・TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!


最終スコア:1781462 最終Voltage Point:21377
※実際はRomantic NowでFC
できれば冬空プレシャスのMASTER+がよかったが結局FCできなかったので、難易度27から
Romantic Nowを選択した。(LET'S GO HAPPY!!も比較的FCしやすい)
営業を用いてレイナンジョーの二人をファン人数50万にして、なんとか見れる数値にはなったかと感じた。ここも実力・育成不足。



<5th Booth>
5th Boothの楽曲選択肢
・オウムアムアに幸運を
・さよならアンドロメダ
・双翼の独奏歌
・Gaze and Gaze
・ヴィーナスシンドローム
・小さな恋の密室事件
・青の一番星
・こいかぜ
・Sparking Girl
・エチュードは1曲だけ



※最終スコアはそのまま
正直MASTER+はどれもFCできないのでMASTERでプレイ。
ロングノーツ50%付近のアンドロメダをオルタ&ロングアクトでやるのが最も強いと実感。
瑞樹の育成不足解消が今後の課題となる。
強いて言えば、ヴィーナス・エチュードあたりはMASTER+でも勝負できるようになりたい。



<6th Booth>

最終スコア:2172580 最終Voltage Point:26070
Voのみ参照のその1
ボーナス値が大きいので、自分がFCできる中でなるだけ難易度が高い全体曲を選択した。
11秒スパークルはいたがVo型がいなかったのでそのままみくで勝負。一度実験してもよかったかもしれない...
このブースは飛鳥・輝子の育成不足でそこまで伸びなかった。


<7th Booth>

※最終スコアはそのまま
Voのみ参照のその2
7秒周期のレゾナンス編成だが、7秒周期でVoのシンデレラエールはまだ未実装なので
他タイプの7秒周期のシンデレラエールを持ってきた(ここでは肇にしたがシンデレラエール藍子でもOK、それもいないならばスキブ悠貴で)。
ゲストでリフレインほたるを勧誘し、スキル的には盤石の態勢を整えた。
楽曲は28でFCできそうであったTake me☆Take youにしたが、楽曲相性的にはEVERMOREで十分なスコアが見込める(実際やると上画像より2万少ない程度であった)。


※6thと7thのゲスト起用に関して
レゾナンス編成を組もうとしたときに、あと1人だけ足りないという状況ならばレゾナンス編成を前提としたゲスト起用、そうでないならば無理せずトリコロールセンターにし、8thや9thでゲスト起用したほうが無難と感じている。

<8th Booth>

最終スコア:2134939 最終Voltage Point:25619
スターランクは左から20, 6, 20, 5, 11
ユニゾン未央スターランク20を軸に組んだため、オルタネイトをゲスト起用することに決めた。夏樹は9秒型であったためフリックアクトは凪ではなく梨沙を採用。普段あまり起用していない友紀・梨沙の育成不足がかなり響いた。


<9th Booth>


※最終スコアはそのまま
例によって卯月艦隊+ゲストで挑戦。
Cu曲MASTER+の中で比較的FCしやすい風色メロディを選択した(前回はS(mile)ING!)。
筆者のメンバーではNG's3人がポテンシャル35であるが、SSRで艦隊を組んだ時スキル周期の被りがないのが卯月のみであるため基本は卯月を軸にしている。
こずえ(ポテンシャル35)をゲストで迎え、ポテンシャル最高値で挑戦。
できればここでもオルタネイト編成を組みたかった。
ここにポテンシャルの高いレゾナンス編成を組めれば理想だが、あまり現実的ではない...


<10th Booth>


最終スコア:2312284 最終Voltage Point:27747 ※PIANOをFC

軸になりそうな美波や菜々、紗枝・周子・あかり・ナターリアをGRANDまで連れてこれるかが1つのポイントとなる。
・6thと7thのVo要求でシンデレラエール美波やトリコロール菜々を起用
・1stと2ndのCuブースで紗枝やあかりをオルタやコンボナなどで起用
・3rdや4thでMASTER+用にナターリアを、5thでコンボナに周子を起用
これらをレゾナンス編成等でうまく切り抜けないと、アピール値的にかなり厳しい。
前回に比べ温存が難しいため、GRANDでは稼がない方向性でもよいと考える。
今回の場合、レゾナンスを組み込むのはイベント対象アイドルを考えると相性があまりよくないため、無難にトリコロール3チームで編成した。
各チーム周期被りに気を付けながらシンデレラエールを配置し、なんとか形にした。


<総評>
GRAND自体はメンバー的に前回と比べかなりスコアを出しにくくなった。
一方でレゾナンス・ユニゾン・オルタネイトの数が多くなったことを受け、
ボーダーは244693と前回より1万ほど上がっており、インフレが過ぎると感じた。
筆者の手持ち的にはリフレインの李衣菜が起用できていない、およびレゾナンス仁奈・エールまゆ・エール肇・チャームありすなど、Viの面々が実力を発揮できていないため、
相性がそこまでよくなかったというものもある。
次のカーニバル以降は虹色トロフィー争奪戦から退く可能性もある...


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事