Nineのメモ書き程度のマガジン

【遊戯王 封印されし記憶】初心者のF6チャレンジ 結果と使用戦術

2020/05/14 15:36 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • 封印されし記憶

◆はじめに
「初心者がF6に挑んでみた」のコーナーの結果と戦術の報告みたいなものであるため、詳細部分は異なっている可能性があります。予めご了承ください。
また、配信やチャートおよび動画等で封印されし記憶RTA走者の方々の戦術を参考にさせていただきました。感謝申し上げます。


◆デッキ編成
下級4、上級8、雷8、MBD2、装備5(シャインキャッスル3、秘宝、覚醒)、迷宮壁
フィールド4(山2、海2)
ブラックマジシャン3、スカルビショップ1、封印壺1、サンダーボルト(初期)
草原神官兵200勝ほど ゲーム通じて12時間くらいの稼ぎ
デッキ最高攻撃力はMBDに4枚装備の5500
究極嫁を想定し、MBDに装備2枚で並ぶことができる状態
また壁は2段階強化でゲートガーディアンまでは抑え込める(壁は覚醒装備可能)
※欲を言えば、地雷や巨大化が欲しかったが、いかんせんくれませんでした...


◆経過と戦術
10回目のチャレンジで制覇
ヘイシーン&セト3戦目で計6回、カード魔人(真の姿)に3回敗北
→大体巨大化&究極嫁

※前提として
・F6はイカサマの温床である→相手のエースモンスターが開幕で出て来ることが多い
・相手は手札の中から基本は攻撃力or守備力の高い順にモンスターを出す
・相手の場にモンスターがなく、こちらに表側のモンスターがいる場合はモンスター召喚が優先される


①セベクアル
・戦闘経過
山を伏せてから2ターン目で双頭龍を月で召喚。
闇込みのデビルゾアにダイレクトアタックを食らうものの、以降は双頭龍で押し切る。

・戦術
最高値は闇込みのデビルゾア3100なので、1段階強化の双頭龍やMBDを手早く出したい。
ただ、開幕で多いのはメタルデビルゾア3000なので迷宮壁を出せば止まることも多い。
メタルデビルゾアは攻撃力3000だが機械族であり海で弱体化するので、海か山を出してから双頭龍としても問題なし。千年の盾や迷宮壁がいるため、双頭龍は月で対応する(冥王星だと相手に守護星有利を取られてしまう)。
また、千年の盾や迷宮壁が出て来る関係上隙が結構あるので立て直しも十分可能である。



②ネクベトス
・戦闘経過
海伏せ→羽箒→デッキを回しつつ双頭龍召喚
デビルゾアに突破されサンダーボルトを伏せる
デーモンの召喚まで出てきたが、サンダーボルトを撃ってブラックマジシャンを召喚
以降は双頭龍でなんとか撃破

・戦術
開幕ではスカルビショップ3150が多く来るので、それ以上を手早く出したいところ。
牛鬼が融合できる状態ならばひとまずの時間稼ぎにはなる。
フィールドを使って双頭龍を強化していく場合は、相手が闇を3枚持っている関係上即使用ではなく伏せて使用したいが羽箒もあるので状況次第で。


③ヘイシーン
・戦闘経過
初期手札が事故っていたので手札回し→開幕青眼
1段階強化双頭龍を冥王星出し+1段階強化スカルビショップ召喚
ゲートガーディアンは出てこなかったのでそのまま勝利
→ゲートガーディアン想定なら双頭龍に2枚目のシャインキャッスルをつけるべきだった...
※青眼は太陽なので双頭龍を月出しすると1段階強化でも持っていかれるので注意

・戦術
のっけから3750のゲートガーディアン(月)が出て来る上、巨大化も使用してくるので早期決着を狙いたい。MBDならば太陽で出せば1枚で対処できるので、入っていれば引きに行く。
フィールドは海優先だが、とにかくゲートガーディアンを突破したいので山も選択肢に入れ、伏せか即使用かはお好みで(フィールド張り替えは見たことがない)。
いかに早く、MBDか2段階強化の双頭龍を召喚できるかが肝要となる。



④セト3戦目
・戦闘経過
開幕究極嫁→地雷伏せ
3ターン目に2段階強化のMBDが出せ、牽制状態を作る。
2枚目の地雷が伏せられるもデッキを回しながら弱いモンスターで処理。
サンダーボルトを織り交ぜつつ攻撃力5000のMBDを作成し、押し切る。
正面から究極嫁を倒すのは気持ちがよかった。

・戦術
開幕究極嫁召喚7割付近と明らかなイカサマを使うので、2ターン目までで倒す(牽制する)か処理するかのどちらかを取れないと大体終了。マジでこのゲーム最強のデュエリスト。
F6でこいつに究極嫁を出されて負けた場合は「これがF6だ」と考えるしかないと思う。
こいつのために、ウィルスカードや封印壺を取るプレイヤーも多い。
また、最高攻撃力が究極嫁を上回ることができる状態も作っておきたい。
準最強のゲートガーディアンの処理に関してはヘイシーンと変わらない。
トラップは地雷しかないので、弱いモンスターでの処理をきっちりと行う。
また、羽箒使用率も高いので地雷を伏せる場合は注意すること。


⑤カード魔人
・戦闘経過
開幕MBDが来るが、こちらも2ターン目に1段階強化のMBDを召喚しそのまま圧勝。
・戦術
最高攻撃力はMBDの3500まで落ちる。
双頭龍までしか出せない場合は頻度が高いコスモクイーン対策として月で出すと良い。
使用する魔法罠の種類が多く読みにくいが、果敢に攻めていったほうが良い模様。
とにかく速攻で攻め込まないと面倒なことになるので早期決着をつけたいところ。
なおこの戦いでは山はあまり役に立たない(3000以上はMBD・BDD・青眼の3体なので)。

⑥カード魔人真の姿
・戦闘経過
デッキを回しつつ装備1枚と双頭龍を作れる体制をスタンバイ。
開幕ゲートガーディアン召喚され、山を伏せて賭けに出る(MBDが来たら終了)。
→正直伏せる意味はないと後で感じた...
しかし2体目はメタルデビルゾアだったので、山使用からの双頭龍に秘宝装備で3800。
更にはMBDも来たのでそのまま押し切る。


・戦術
このゲームの攻撃力の高い順にモンスターカードを詰め、魔法罠はないデッキ編成の模様。
イカサマはしてこないらしいが、究極嫁をなんでかよく出してプレイヤーに絶望を与える。
究極嫁対処の仕方はセト3戦目と変わらないが、ここまで来たら祈る部分も大きい。
開幕は様子見を行い、出てきたモンスターをどう対処するかを考えていく。
ゲートガーディアンは月、MBDは火星なので有利が取れるモンスターがいると心強い。
出来る限り攻撃力の高いモンスターを手早く召喚し、押していきたい。




◆完走した感想
RTAでよく見かける構成よりも強いデッキ編成ではあったものの、究極嫁をバンバン出されてどうしようもないパターンが多く、結構辛かったのが大きい。
とはいえ、判断ミスも結構目立ったので改善できるポイントは多くあった。
辛い戦いであるのは幾度となく見てきて感じていたが、やってみると見ているだけでは味わえないしんどさがあった。
また、セト3戦目を超えたときの緊張感もかなりのものであった。
RTAとかできる気がしない....


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事