岡山工場(inpipo)(著者) のコメント

岡山工場(inpipo) (著者)
No.17 (2016/03/06 16:52)
>>16
それではお答えします

1.ゲームを中断したら
ゲームは中断できないでしょう。
なぜなら、ゲーム結果が現実になっているのではなく、ほぼ同時並行に進んでいたからです。
我々がクトゥルフ神話TRPGで遊んでいるとき、邪神も我々を見ているのです。

2.にゃるの見落とし
一言でいうと、KP(阿求)の幻想郷面々に対する評価がロール判定の前提条件に影響してきているということです。
たとえば、霊夢が不利な事態に陥っても、KPは必ず同時に幸運ロールをしていました。
しかし途中でKPを代えることもできず(連続性維持と代役の欠如)、にゃるはハンデを負っていると気づいたのです。

3.途中で火力を減らす方向へ
2の答えともかぶりますが、にゃるとしては「足掻いて苦しみながら狂気に沈んでいく幻想郷」を楽しみたかったのです。
絶望する人間が好きなのです。
ところがどうも雲行きがおかしい。
先読みをして、まさかの時のために大砲を減らしておこうとしたのです。

4.お空よりもフラン優先
紫にとって、一番大切なことは「幻想郷の奪還」であり「幻想郷の維持」だったのです。
地霊殿や神霊廟や命蓮寺や守矢が消滅しても、別に大きな痛手ではありません。
ただ、フランが暴走すると、幻想郷そのものの維持が困難になる可能性があります。
自然の循環を失った土地では妖精も生まれませんし。
フランの暴走は止める、ただし手段は選ばない、というのが紫の基本姿勢です。

といった回答でまずはご容赦を。
お答えしたことでさらに疑問が増えるかもしれません。
またお気軽にどうぞ~。

このコメントは以下の記事についています