深淵

冒涜的異変シリーズ まだここがわからんから聞いてみよう!編

2016/01/12 23:35 投稿

コメント:21

  • タグ:
  • 東方
  • クトゥルフ神話TRPG
  • 冒涜的異変
えー、後日譚をご覧いただき、ありがとうございます。
「まだまだ語り尽くせていない」などと嘯いておりましたら、皆様から
「納得できん点がまだまだある!」との指摘をいっぱい受けました。
そこで、発表形式が動画になるのかブログになるのかはわかりませんが、
Q&Aが必要ではないかと思っております。

そこでまず、Q「疑問質問」を列記して、それから対応を考えようかな、と。
このブログを、皆様の疑問質問の受け皿といたします。
ただし、すべての質問に答えがあるわけではありません。
永遠の謎もあるでしょうし。
「答えはみんなの心の奥に!」かもしれません。

ということで、ここまでの「疑問質問」をまとめてみます。

1)うp主が語り尽くしていない点
・霊夢の「恥ずかしい声」の真相とは?
・美鈴の「BBA玉」発言は紫に聞かれずにすんだのか?
・謎の兎忍者の日常とは?
・マスパでMP使い果たしてぶっ倒れた魔理沙にアリスはチョメチョメしなかったのか?
・幽香のマスパにひっくり返ったメディスンは大丈夫だったのか?
・総攻撃の後、てゐとにとりは二撃目可能なMPを残しながらなぜ撃たなかったのか?
・霖之助は凄そうな武器を持っていたのになぜ出番がなかったのか?
・すでに能力などが決まっている幻想郷住民に対し、阿求は如何にしてキャラシートを
 作成したのか?
・霊夢はなぜ、SAN値チェックがなかったのか?
・永琳の「ファンブルでも出ない限りは」発言の真意は?
・河童と兎はどちらが破廉恥なのか?

2)動画のコメントにあった疑問質問(うp主的解釈)
・小鈴のゲームが先か、神格の侵略が先か?
・ゲームが現実になっていたのか、現実をゲームで再現していたのか?
・小鈴が勝っていたら幻想郷は神格の手に落ちていたのか?
・モブ天狗にはなぜ厳しいのか?
・大天狗は死んでしまったのか?
・幽香は顔出しNGなのか?
などなど

他にもありましたら追加してみてください。
繰り返しますが、すべてに答えがあるとは限りませんですよ~♪

コメント

岡山工場(inpipo) (著者)
No.19 (2016/03/13 16:53)
>>18
紫としては「幻想郷の維持」が最優先であり、命蓮寺も、阿求でさえも、必要不可欠な要素とは
考えていない可能性があります。
KP攻防戦で相手にスキが生じれば、おそらく映姫と小町を導き入れていたでしょう。
相手は、幽々子のような、「この世のものでない存在」に手を焼いているようですし。
クルエル
No.20 (2016/03/24 22:29)
いくつか質問をさせていただきます。
1.阿求らのゲームにおいて、八雲紫も探索者としてマミゾウもしくはぬえがプレイしていた、という解釈でよろしいでしょうか?
2.ニャルがマミゾウの姿をとっていたのには明確な理由があったのでしょうか?
3.後日談まで「ぬえは外の世界に行っている」と幻想郷では認識されていましたが、実際は里でマミゾウ、小鈴、阿求とゲームをしていました。この錯誤はどこでなぜ起きたのでしょうか?(何者かの意図等はあった?)
4.妹紅のSAN値は0でしたが、同じく蓬莱の薬を飲んでいる永琳と輝夜のSAN値も0と設定されていたのでしょうか?
5.阿求らはこのゲームをしたことで、本来これらのキャラが知りえない機密情報(幻想郷や各勢力、各キャラの秘密など)を新たに知ってしまった、ということはあるのでしょうか?消されたりしませんよね?
6.阿求、小鈴、マミゾウ、ぬえはこの後、真相を知ってリアルSAN値は大丈夫だったのでしょうか?特に小鈴とぬえが心配です。
岡山工場(inpipo) (著者)
No.21 (2016/03/26 06:33)
>>20
それではお答えさせていただきます。
1.まず、紫様も含め、幻想郷住人はすべて探索者になっていました。
ただし、プレイヤーをしていた四名を除いて。
ここで面倒なのは、阿求たちのプレイはニャルの愉悦の「手段」にされており、プレイによる賽の目が
ゲームに影響しているのと同時に、ニャルの実際の侵略がプレイに反映されていたのです。
マミゾウたちの判断が現実に影響を与えるのと同時に、紫様達探索者の行動がゲームの内容に影響を与え、
どちらかが主体ということにはなっていませんでした。
小鈴はニャルの役でしたが、小鈴の好き放題にさせておくほどニャルはおとなしくありません。
ニャルの行動と判断が、小鈴のプレイに影響を与えていました。
マミゾウと霊夢もそんな感じです。
その中で特殊... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事