食いしん坊ツバサのブロマガ

ニコニコ料理カテに対して思うところ ~なぜ料理カテは超会議に出られないのか~

2015/05/15 03:08 投稿

コメント:13

  • タグ:
  • 料理
  • 超会議
※この記事は、主個人の見解です
ニコニコ料理カテを愛するがあまり、深夜のテンションもあいまって、
ツイッターのTLにずらずらと書き込んでしまったものを、ほぼそのままの形(誤字や、言い回しが間違っている所は修正)
して掲載しております

まとめて文章にして欲しいとのコメントもあったので、まとめてみました。
主の素直な料理カテに対しての魂の叫びです




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結局のところ、料理カテは金にならない、人数の動員が見込めないということで、
超会議にエントリーされないんだと思う
たしかに、一時期と比べると投稿者も視聴者数も減ったかもしれない
でも、「食べる」って行為は、絶対に誰でもしたことにある「カテゴリー」ではないだろうか

料理カテは投稿者も視聴者も他のカテと比べると人数が少ない
でも新しく投稿をしてくれる人も見かける
でもそういう動画に限って「名人様」とか「小姑」と呼ばれるコメントが目立ち、
それがイヤでやめてしまうのだろう

約一年毎日料理動画をうpし続けて思ったことだけど
ニコニコに動画をうpするというのは「自己満」ではある。
でもそれだけで続くようなものではない
コメやマイリスの一つ一つが嬉しくて、次への動画の活力となって、
続けていくうちに生活に一部になっている
まぁ、生活の一部は言い過ぎかもだけど、
そういう自分の動画への反応を見たいからうpするんだと思う
そういう楽しさがニコニコのよさだと思うし、
こういう非日常の楽しさをもっと多くの人に体験して欲しいなって思うんだよね

もちろん「動画うpしろよ」ってことじゃない
動画をうpしたいと思ってもらえて、自発的に動画をうpしてもらえるのが一番なんだよね
で、そのきっかけになれるような動画とか、イベントとかがもっと増えればいいと思うし、
そのきっかけが料理カテだとなお嬉しい

でも前述したとおり「名人様」や「小姑」に嫌気をさしてやめてしまう人もいるのが悲しい
全体の人数が少ない分、他のカテよりそういうコメントが目立ってしまうのが
原因というのもあると思う
でも、「料理」とか「食べる」って、
歌ったり、踊ったり、ゲームするより身近だと思うんどよね
でも、動画の絶対数が少ないから共感したり、
きっかけになったりする動画に出会える確率も少ないのかもしれない

他のカテと違って他の投稿者さんとか、動画を見てくれている人と交流するのも難しい・・・
料理カテを盛り上げるには、ただ動画をあげたり、
投稿する人が増えるだけではダメなんだと思う
もっと、うp主同士の交流とか、コラボ、
見てくれてる人たちも参加できるイベントやオフ会
そういう感じで、料理カテも集まって盛り上がれる!
料理って楽しい!
っていうのをもっと発信するべきだと思う。

料理動画を投稿して、それを見てもらうってだけじゃなく
プラスαの何かをつけないと、料理カテは盛り上がらないと思う
そのプラスαが何なのか、何が起爆剤になるのかはわからない
数年前までゲーム実況がここまで大きくなるってのをわかっていた人がいるだろうか
わからないってことは、何をしてもいいって事だと思う

でも料理カテは全体の人数が少ない分、
変わった事や今までにないことをやろうとすると、
名人様や小姑が出てきて潰されてしまう
「普通に料理だけしてろ」となってしまうのだ

料理カテに動画を投稿してる人、料理カテが好きな人たちも
超会議に料理カテが出て欲しいって思ってるはず
でも、現実は出れてない・・・
俺は正直悔しい。なんで料理カテだけ出れないのか
カテとしては結構古くからいる料理カテがなぜダメなのか
そういう殻を破りたいって俺はずっと思ってる

ニコツバラジオだってオフ会だって、そうればいいなって考えた産物だし
見てて楽しいって思ってもらわなくちゃ、誰にも共感されないだろうし
「料理動画投稿してみようかな」
「料理カテ面白い」
なんて思ってもらえるはず無い!!

でも、現状料理カテは「料理作ってる動画を投稿する」ってところでとまっている
そこから先に飛び出していかない
他のカテと比べると、セリフも無いし(生声動画の方もいます)
顔も出さない(顔出しの方もいます)

うp主の素性というか、キャラとか、声、容姿がわかりづらく、
見てる人の「共感」を呼ぶ材料が少ないというのも盛り上がらない要因のひとつだと思う
だからといって、生声動画とか顔出し動画をすればいいと言うわけではない
見ている人たちだって、自分が共感できる人の動画だったら見たいと思うに違いない

そういう意味では料理カテはもう少し「アイドル化」する必要があるのだと思う
ニコ生の公式放送や、チャンネル等で、料理カテを軸にしていて有名な人が何人いるだろうか
ゲーム実況で有名な人が料理をしている枠の方がはるかに多いんではないだろうか
それはなぜか・・・

料理カテの人では集客できない、料理カテの人は名前が知られていない
コレが運営の本音だろうし、料理カテが置かれている現状だと思う
仕掛人さんのように料理カテから飛び出しマルチに活躍している方もいらっしゃいます
しかし、そこに続く者がいなければ料理カテはいつまでも超会議に呼ばれないし、
運営には見向きもされないんだと思う

でもそうやって第二の仕掛人さんではないが、目立ったことをすると
「○○のパクリか」とか、「料理だけしてろ」と叩かれる始末
マネしたっていいと思うし、変わった事をしてもいいと思うんだ
ものまねをするってのは、その本人に対して愛情がないと出来ない行為
別に本家をバカにしてるわけではない

それに、せっかく「動画をうpする」という非日常なことをしているんだから、
それをとことん楽しもうじゃないか
みんなで集まってワイワイしたり、楽しい事をしたっていいじゃないか

なぜ料理カテだけそれができないのか、それはつまり
前例が無いからだ
前例が無いから何をすればいいかわからないし、やってもいいのかな?と足踏みしてしまう
特に日本人は現状維持が好きな民族
遠く昔鎖国の時代から続く、変化を受け入れるのに時間がかかる民族

でも、変わったことするのが好きな人
楽しいことが好きな人はいるはずだ
でも叩かれるのが怖い、周りの人にニコニコしてるのバレたくないとか
色々縛りがあるんではないだろうか

もちろんひっそりやりたい人もいるとは思う。
でもせっかく今この同じ国、同じ時代、同じ時間を共にし、
「料理」という身近にあるカテゴリーで触れ合ったのだから
この出会いを大切にしたいし、きっかけにしたい

およそニコニコをしていなかったら出会わなかったであろう人たちで、
料理カテを盛り上げて、運営に一泡吹かせてやろうじゃないか。
人柱だろうと生贄だろうとなってやる
異端児と呼ばれようと、つまらないといわれようと、
料理カテが盛り上がる礎になれるなら本望

1年間動画を投稿してきて思ったのはそんなところ
本当に料理カテが好きだからこと、今までと同じことじゃだめってすごく思う

料理カテは超会議でなくていいし、このままでいい
そういう人が大部分を占めるなら、何も言わないけど、
そうじゃないと思うから今日は叫んでしまった

俺一人に力では何も出来ないだろうけど、こうやって叫ぶことは出来る
何かが変わるまで、行動しなければ行動してないのと同じ
一度きりの人生だし、自分が好きなことはやり通したい

中にはこうやって叫べない人もいると思う
そういう人の気持ちを代弁しているなんてたいそうなことは言わないけど、
こういう考えを持っている人がいるって事を知ってもらうだけでも、
料理カテの未来に一石を投じることができるんではなかろうか

なんか支離滅裂な気がするけど・・・
料理カテへの思いをぶつけてみました
だから今年は何かデカイ事をしたいと思ってるのだ!!!!

最後に、タイムラインを荒らしてしまって申し訳ありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以前は超会議で出す料理のレシピを考えるという企画があったのを考えると、
料理カテが絶対に参加できないわけではない
まぁ、実際は採算が取れないとか、食品衛生法とか色々あるだろうけど
「金」にならないのなら呼ばれないのは大きいとは思う・・・

コメント

ツバサ (著者)
No.12 (2015/05/17 00:15)
いなっちさん>
通りすがりにコメントありがとうございます。
確かに、画面の向こうに伝えられない匂いや味というのこそ料理で大事なものですからね!

「リアル飯テロ」
なんか心に響きました。共感していただけるということがこんなにも心強いとは思いませんでした。。。
なんとか形に出来るようにがんばりたいと思います!
ありがとうございました
Hidemaro
No.13 (2015/05/25 20:14)
>>3
メニューは面白いですねwwどうせニコニコの祭りなんだから、ニコニコらしいネタまみれのメニューとか、自分で作るのには抵抗あるけど、食べたり飲んだりしてみたい物ってあったりすると思うんですよ。
肉のみカレーとかポーションとか・・・そういった普通の祭りでは経験できないものを提供してもらえると、個人的には『面白い』と思います。
らいおんの人
No.14 (2015/07/20 14:20)
盛り上げたいでガオね!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事