レディオブログ

現段階での新型コロナウィルスに関しての素人見解

2020/03/16 17:37 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • コロナ
  • 新型コロナウィルス
  • 考察

自分の情報トレーニングの為、後々に振り返りやすいようのまとめ


1.新型コロナの危険度

100年に1度程度の危険

・基本スペック

潜伏期間の長さ、無症状の多さ、重症者が完治するまでの期間の長さ、ウィルス排出期間の長さ、致死率の高さ、感染力の高さ

これがとんでもなくやっかい


勿論、もっと感染力が高かったらもっとやっかいなのだろう

感染力を低下させる事と、症状緩和の薬開発が一番被害の少ない勝利だと願う


現在の最大被害都市は武漢とロンバルディア州、テヘランあたりだと思われるが、今後欧米のどこかの都市が同じ程度になる可能性は十分ある

また、武漢程度の被害都市が今後複数出た際に、どこかの都市は武漢を超える被害にもなりうるのでは?と危惧


2.現状

Sランク 武漢 ロンバルディア州 テヘラン

Aランク 欧米中国のいくつかの都市 北海道、名古屋、大阪 大邱(A+)

Bランク 関東、感染者がいくらかいるその他の都市と、封じ込めに成功しつつある都市

Cランク 四国、九州、沖縄、東北地方の限定的な感染者しかいない(とされている都市)


現状把握が物凄く難しいので、物凄くざっくり評価

一応日本の地域を入れたが誤差は大きい



3.感染力

感染力を仮に数値化するとして、

気候×習慣×人の集まり×衛生

という感じなのかと推測


この掛け算の数値(感染力)と、感染者数が比例するイメージ


それぞれの影響度(掛け算の倍率)と根拠を軽く


・気候 影響度S(3~1)

ウィルスは一般的に寒くて乾燥している方が感染力が高いとされていて、今流行している地域を見ても寒い地域の方が感染者数の伸びが大きく見える

また、日本のクラスタ説明によると密閉空間等の影響も湿度や温度に関わりそうなのでここに入れてるつもり


・習慣 影響度A(2~1)

ここ10日間くらいで欧米の感染が爆発的になっているのを見ると、握手やハグ、食事の際大声で喋る事などが大きく影響しているように思われる


・人の集まり 影響度B (1.5~1)

大邱の新興宗教の事や、ライブハウス等でクラスタ感染が報道されている通りだと思うが、その中でも色々と条件がありそうに思われる


・衛生 影響度B (1.5~1)

手洗い、マスク等々で感染力が弱められると思いたい(特定の個人に対しては影響度S)が、集団でそこまで大きくかわるのかな?とは思うのでB


これらの数字・条件はそれなりにこれまでの感染の経緯を観察しての物だが、素人の勘で良くも悪くも適当に書いたつもり



4.検査方法

これが今までの所日本で一番の争点だったかも

日本のやり方は現状それ程悪くないとは思うが、今後更なる広がりが分かってきた際に遅れを取らないで欲しい

現状感染者や死亡者が多い都市がいくつかあるが、そこで現状十分に追いかけてられているのか?と不安はある

最近気付いた点として、軽症の風邪やインフルエンザの人が検査によって初期にコロナの疑いを低くし、今までの通りの普通の医療を比較的コロナ拡散リスクを抑えて受けられるのはメリットかも

検査は戦略の一つで、どういう検査に対してどう治療するか、どう行動するかがセットになるのだろう


5.「感染者数」

この手の物を数えるメリットは多々あるが、その数え方はとても難しい

神様しかわからない本来の「感染者数」は人間にはわかりようが無い中で、死亡者数(人口比率)を数えるのが比較的わかりやすい指標

だが、これは元々の医療の状態と年齢分布でかなり前後するし、重症患者が急増する事で医療崩壊状態になってしまうと一気に上がってしまうので、「感染者数」とは必ずしも比例しなさそう

また、高齢者施設の中で広まってしまった場合も全体の分母が小さいと大きな影響になる

感染報告数と陽性率も良い指標になるが、これは検査の方法や状況で大きく差が出る為、同じ戦略や環境同士でないと比べる意味は無さそう


そんな中、3/2に専門家会議が出した、2/25の段階で北海道に約940人の感染者がいただろうと推測している

この数字にあまり意味は無いと思うが、比較的「感染者数」に近いのではないかと思われるし、個人的には好き



6.オリンピック

・開催問題

3月上旬頃は日本のコロナ状況でオリンピックどうなのかな?と思っていたが、ここ最近の欧米の感染拡大を見るとかなり難しいのではないかと思う

仮に日本がかなり良い方向で収束に向かったとしても、他の国が収束していなければ受け入れられなくなるし、
収束した国だけで行っても、オリンピックを機にぶり返してしまう恐れを感じながら開催できるのか?と考えると難しいのかなと

予定通りの開催が無理だとして、延期が良いのか中止が良いのか無観客が良いのか、とても難しい

2年延期でサッカーを競技から外すのはどうだろうか


・オリンピックと検査

オリンピック開催の為に検査数を減らして感染者数を低く見積もろうとしているという説をよく見かける

そう疑われても仕方ない部分はありそうに思うが、前記した北海道の感染者数の推定(実数の10倍近く)を出しているのであんまり関係ないのかなと


7.今後の想定

・悪い想定

イギリスの方針「集団免疫」のように諦めるのは一つの解決策だろうが、今それを選ぶのはまだ勿体ない

また、武漢以上の悪い状態が起こりうるとして、身近にそれが起こる事は想像したくない


・良い想定

気候によって大きく感染力が増減すると期待して、より効率的に被害を抑えつつ良い薬が出てくるのを待つ

効率的な対策として、情報を最大限集めて解析し、社会実験のような形で実行する形を望む



8.呼び名

新型コロナウィルス、新コロナ、武漢ウィルス、COVID19、SARSCoV2等、様々な呼び名があるが、どう呼ばれるようになるかは時代が決めるのだろう
COVID19が世界で一番通じやすく、使われやすくなるのだろうかと思う


9.3月上旬までの自己評価

次回の記事にて


コメント

レディオ (著者)
No.1 (2020/07/22 11:30)
続報を書く予定
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事