レディオブログ

自転車が歩道を走ってて一番困るのは車じゃないですか?

2017/03/23 16:37 投稿

コメント:214

  • タグ:
  • 自転車
  • 車道
  • 事故
ツイッターで「自転車 車道」とよく検索しているのですが、2chのまとめの
自転車車道走ってて一番困るのは車側だよな」というのが目立っていました。
http://vehicle123.com/archives/69803060.html

車道自転車に対して直進している車側が「邪魔だ」と思うのは、まぁしょうがないかなぁとは思いますが、交差点ではいかがでしょうか?

以前から十字路の絵を使って書きたい事があったので、良い機会かと似た題名で書いてみます。


今回は信号機のある十字路での歩道自転車と車道自転車の比較と、世に出回っている幹線道路と細街路調査を紹介してみて、そこでは自転車が歩道を走る方がより困るのじゃないか?という事を書いていきます。

(下図の説明:紫線と黒線の間を歩道。茶色矢印は車でピンク矢印は歩道走行自転車、水色は車道走行自転車で、上を北とします。)


1.左折車と順走直進自転車


所謂左折巻き込みです。
車道走行自転車のリスクの一つだと思われますが、歩道自転車にも同じ程度の危険がありそうです。


2.左折車と左折自転車


あまり意味は無さそうですが一応。
これだと歩道自転車と車との事故はほぼ有り得ません。
車道自転車と車ですと無くは無いのかもしれませんが、特殊な気がします。
合法的な車道自転車は左折車と絡むのは上記2つだけでしょう。(右折自転車は二段階右折をするので直進と同じかと)
ここまでは序章です。


3.左折車と左折自転車

これはいかがでしょうか?合法的にできる歩道自転車の左折方法ですし、特殊な事でもありません。
車が左折する場合、当然巻き込み確認をしますが、左後方(南西方向)を見てもこの自転車を発見する事はできません。
交差点の形状によってはこの自転車が見えにくい事もあるでしょうし、左折する際にこの自転車を毎回想定して走っているドライバーさんはどの程度いるでしょうか。


4.左折車と逆走側直進自転車


こちらは先ほどのケースよりは問題無さそうです。正面から来る自転車なので見やすいですが、合法的な車道自転車ではこれはありません。


5.左折車と右折自転車


こちらは 3 のケースよりは危険度は少ない気はしますが、4よりは危険度が高そうです。
車側がこの自転車に気付いた時点では自転車は東に進んでいるのが見えた時に、南に来ないと決め付けて巻き込み方向(南西方向)に気を取られると危ないかもしれません。


6.右折車と順走直進自転車


こちらは典型的な右直事故で、車に乗る際に最も気をつけなくてはいけないケースの一つでしょう。
車道自転車・歩道自転車どちらも危険はあります。どちらがより危険かよく分かりません。


7.右折車と逆走側直進自転車



これは車道自転車ではありえませんし、発見が難しく危険な
ケースだと思います。
車は右折する際、対抗する直進車がいると右折できないので、まずは北方向を確認しますので発見ミスが大いにありえそうです。


8.右折車と右折自転車


7と同等程度か、それ以上に危険に思われます。
この自転車を先に発見するのはとても難しそうです。


9.右折車と左折自転車


これは右直に似たケースですが、これも先に発見したり、南側に左折してくる事を想定し忘れる事もあるでしょう。


以上9つのケースを紹介しましたが、合法的な車道自転車のみを想定するならば、この交差点では1.2.6の3種類だけを気をつければ大体良さそうですが、歩道自転車を想定すると9種類気をつけなくてはいけません。

特に3.5.7.8.9について書かれている物をほぼ見た事がありませんので、以前から書きたいと思っていました。

事前に交錯するかもしれない自転車を事前に発見しやすければ、それだけ準備がしやすいだろうと思っての事です。
もちろん事前に自転車を発見できなくても、車側が十分注意して直前で止まる事は十分可能だとは思いますし、歩道を走る自転車の側でこれらのリスクを理解して回避する事も可能だとは思いますが、車道を正しく走っている方が助かると思います。


さて、続きまして幹線道路と細街路調査の紹介です。
こちらは上図とは違って事故のリスクを調査した物ですので、より危険度が分かりやすくなっています。(十字路の調査もありますが、歩道走行自転車の右左折を考えると上図の方が分かりやすいと思い描きました。




こちらにはリスクの値もついています。
絵を見て頂く通り、歩道の自転車に対してより多くの注意を払う必要があると思いますので、自転車が車道を走ると車は困っちゃうと思います。



さて、特に後半に紹介した図では危険度を比較しています。
十字路でもそれに似た調査はありまして、交差点では車道自転車の方が安全という調査が複数あります。

今回はとある2chでのテーマをお借りしての題名で、本当にどちらがより困るのか(危険か)という比較は、交差点以外の場所での直進車・直進自転車との比較も含まなくてはいけません。
車道自転車と歩道自転車の比較を総合的にするのはとても難しいと思っていますので、これについては後ほどの記事で書きたいと思います。



※追記 3月26日9時40分

どちらかで紹介されたのか、沢山コメント頂きありがたい限りです。全てに返信したいのですが、記事内容と関係ないと思われる物は放置致します。

通知を見てから記事を読み直しました。コメントで指摘して下さる方がいらしたかどうかまだ全部読んでいませんが、合法的な車道自転車の二段階右折で、先に右に曲がる、所謂カシオペア右折というのがありまして、それも合法的です。
なので、歩道のみで想定している事に車道自転車も含まれます。


★追記2 よくある意見に対する簡易な答え(順番変更3月27日)
Q.交差点で安全確認するのは当たり前
A.それができている人はそれでいいと思います。
(追加)自転車がいない時の右左折で速度を落とさない車は多いです。
後続車が多い時に安全確認とはいえ止まれば渋滞の原因にもなってしまいますので。
自転車がいないと思って進行したら、8とか3みたいな事があるんじゃないかと。実際そういう事故は起きていると思われます。

Q.一番困らない
A.2chのとあるまとめの題名の逆を書いてみただけで、実際はそう思っていません。
ただ、車道自転車で車が困るというのはどうでしょうか?

Q.自転車乗りの意見では?
A.車に15年。年間1万km以上乗ってます。

Q.合法的な自転車のみを想定?
A.YES。違法自転車、逆走自転車については別の機会に。

Q.車道自転車邪魔
A.次の記事を読んで下さい

Q.車道自転車危険
A.歩道自転車は交差点では危険。比較は難しいので後ほど。

Q.歩行者がいるから一緒でしょ。
A.自転車と歩行者では速度が全然違うので一緒じゃないと思います。

◎追記3
他にも自転車関係の記事書いたので良かったら読んで下さい。
これを機に書いた記事は順次リンク貼り付けます。
車道自転車は邪魔? http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar1233023 
移動時間・快適性  http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar1234421
そもそも論     http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar1234438
どちらが安全か   http://ch.nicovideo.jp/niconicoradio/blomaga/ar1234450

3月中はこのブログ内容に関する生放送やります。
http://com.nicovideo.jp/community/co316803

コメント

レディオ (著者)
No.219 (2017/04/05 13:04)
>>218
簡単に付けられる物があるなら悪くないのかもしれませんけれども。
基本的には「見えない所から出てくる自転車」が危ないと思っていて、今回の絵もそれを伝える目的もあるので、ウィンカーやらはそれの役にはほぼ立たなさそうに思います。
個人的に一番ウィンカーがあってくれて助かるシチュエーションは、歩道にいる自転車が車道に降りる時ですかね。
そして時は動き出す
No.220 (2017/05/01 11:47)
痛いニュース(ノ∀`) : 名古屋から富山まで自転車で帰省中の大学生 トラックにはねられ死亡 - ライブドアブログ
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1923523.html
車道を走っていて死んだね。「他の要因のせいだからノーカン」理論で逃げるかな?
レディオ (著者)
No.221 (2017/05/01 13:19)
>>220
追突で亡くなられる事故は年間約50件です。
ここ数年で特別増えてはいませんが、他の事故は著しく減っているので車道走行との関連性は多少はあるのかもしれませんね。
当該事故がどうだかわかりませんが、歩道が無い道路でも追突事故は起きていまして、車道を走れ=追突事故というのは短絡的です。

自転車が車道走行をすると当然追突事故のリスクは増えると思われます。
追突死亡事故原因の多くは視認ミスで、当該事故の加害者も視認ミスしていたようにニュースに書いてありました。
尾灯を着ける事で劇的に改善されるのでは?と思っています。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事