もこもこりゅう

りゅうは暇を綴る[33]-育ちの良さ-

2016/06/26 22:00 投稿

  • タグ:
  • 時事ネタ
  • 焼き魚
✒育ちの良さを感じる瞬間ってありますよね。
あ~~この人育ち良いだろうな~~」って。
読者の皆さんにとってどういう瞬間ですかね?
僕の頭の中に浮かぶ育ちの良い人像を挙げると
・食べ方が綺麗 ・字が綺麗 ・言葉遣いが丁寧
・姿勢が綺麗 ・顔が綺麗(後述) ・所作
というところですかね('ω')・顔が綺麗については後述で。

✒・食べ方が綺麗というのは分かりやすいですよね。
箸の持ち方とか魚の食べ方とか一つ一つの所作とか
魚の食べ方はモロに出ると思います、特に焼き魚。
焼き魚は日本人でも綺麗に食べられる人って少なく
これはマナーを知っているか知っていないかの違いで
汚く食べている人を見ると「うっ…」となります。
どれもこれもすべては親の教育(躾)だと思います。
それを親が知っていても教えない人もいますけど
親が正しい食べ方をしていてれば自ずとそれを真似て
子どもも正しい食べ方を覚える。これが自然な教育で
それが「(子どもは)親の背中を見て育つ」ってこと。

✒・顔が綺麗というのは「顔立ち」の意味ではなく
内側から溢れる中身のことで、素材が綺麗だとしても
手入れを疎かにすれば、次第に劣化してしまいます。
つまり、自己管理がしっかり出来る人か出来ない人か。
例えば、遠目で見てイケメンでも近くで見て鼻毛が
ボボボーボ・ボーボボだったらどうします?引きます。
美人の口が臭かったらキスは疎かブレスケアをぶつけて
やります「てめぇ口臭ぇんだよブスが」と一言添えて。
髪をやたらいじる男も女もナルシストか知らないけど
「ちょ待てョ!!」のあとに「ちょ鏡みてこいョ!!」
と言ってご自慢の顔に泥を塗りたくってやりたいです。

最後に、一言で締めると










こういう記事を書かない人が育ちの良い人です

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事