ぼちぼち書きます

【自動車教習所】実技2時限+応急救護3時限【第2段階】

2014/06/30 22:23 投稿

  • タグ:
  • 普通自動車運転免許証
  • 免許
  • 乗用車
  • 自動車教習所
  • 教習所
  • 仮免許証
  • 路上教習

教習所に6時間以上居ました!

6月27日(金) 路上教習2時限と応急救護3時限受けてきました!

今日は、
第2段階の実技10・11回目と、応急救護3時限
受けてきました~(((o(*゚▽゚*)o)))

路上にはもうだいぶ慣れたもので、
スイスイと進みました。
実技2時限なんて、あっ!という間(ψƠڡƠψ)♪


空いた1時間は自習。
問題集を解き終わりましたー!


そして応急救護
3時限連続だからキツそうだなーと思ってたけど
だいぶ疲れました(;´Д`A

自分、または他人が事故を起こした際に
怪我人が出た場合の対処や
心肺蘇生法、人工呼吸、AEDを使った除細動。

いままで中学や高校で習ったし
個人的に復習もしていたので
全部やり方は分かっていたけれども、
3時限通してもう1度教わり、
ダミー人形を使い実技もして
流れを再確認出来ました。

ここからは、わたしの親族の話しになるのですが。
わたしと血の繋がりのある親族が11年くらい前、
わたしが11歳の頃に、亡くなりました。

元々その方は心臓が悪く、
血圧の薬などを服用していたのですが
キチンと薬を定期的に服用していませんでした。

その方が、心臓発作にて倒れてしまいました。

その時、その場に丁度
女性の看護師さんが居合わせていたらしく
その看護師さんが心肺蘇生法、人工呼吸を
救急車が来るまで一生懸命してくださいました。

結局、その親族の方はお亡くなりになられましたが
勇気を出して、冷静な判断をし、正確に心肺蘇生法と
人工呼吸をしてくださった看護師さんに深く感謝しました。

赤の他人の命を救おうとしてくださり
心より尊敬しました。

わたしは現在もう21歳になり、
11歳の頃に比べると色んなことを学び
学習し、後悔しては反省し、
それでもたくさん失敗や過ちを繰り返しと
いろんなことがたくさんありました。
いまでも、大きな問題を抱えながら生きています。

ふと、思い出すのです。

あの時の看護師さんは、元気にしているのかな?
連絡を取り合うことが出来ず、お礼も言えなかったけど。
幸せに暮らしているのだろうかと。

あの看護師さんの意志を無駄にしたくはありません。

わたしの親族の命を繋ごうとしてくださった
顔も声も名前も何も知らない看護師さんだけど
忘れることはありません。

わたしがこれから車社会へ出て
あの時の看護師さんと同じような状況になった時

あの看護師さんのように
とっさに冷静な判断をして行動すること。

これが看護師さんへの恩返しだと思っています。

わたしは、あの看護師さんを見習って
消えそうな命でも出来るだけ繋ぎたいです。


免許証を取得したら母の車に乗る予定なのですが
母の車には、もう積んであります

救急箱とゴム手袋。

タオル、新聞紙、人工呼吸する時の使い捨てマウスピースと
停止表示板、発煙筒、懐中電灯なども積む予定です。

免許証取得するまでに
日々少しずつ買い足していってます。

あの時、看護師さんが全力を尽くしてくれたように
わたしも誰かに全力を尽くす覚悟でいます。

もし、本当にそうしないといけない場面に立ち会った時
冷静に判断出来ず、アタフタしてしまうかもしれないけど

小学生の頃、当時の大親友が癲癇持ちで
発作を起こした時に、冷静に正確な対応出来たし
大丈夫だと思う!!!!!

はじめから弱気でいたらいけませんね。

わたしが勇気を出せば繋げる命ならば
勇気を出します。

今まで以上、強く心に誓った日でした。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事