ニコ生将棋放送 ~明日にかける王手~

プリパラ考察~レオナちゃんのスカートの中がどうなっているのかについて~

2014/11/16 20:46 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • プリパラ
  • レオナ
  • レオナ・ウェスト
  • アニメ
テレビアニメ、プリパラ18話「レオナ、全力ダッシュなの!」で主要キャラの一人、レオナ・ウェストが男性であることが判明しました。初登場からずっと男性説が囁かれてはいたものの、子供向けアニメの主要キャラとしては珍しいこともあり、公式の回答を待ち望んでいたファンも多かったことと思います。

 今回は、レオナのキャラクター性について色々と考えてみたいと思います。ただしニコニコ動画で視聴しているため、テレビ版で出ているかもしれない新情報には追い付いていない可能性があります。18話までを視聴した時点で書いていますので、ご了承ください。

 さて、レオナがいわゆる男の娘だったことが明らかになったわけですが、一口に男の娘といってもその在りようは色々です。アニメに出てくる同種のキャラとしては昨期の「ひめゴト」に登場した有川ひめが記憶に新しいところですが、比較するとレオナとは大きな違いがあることが分かります。有川ひめは
・性自認は男性
・意に反して女装させられる
・葛藤しつつ、まんざらでもない

というキャラで、視聴者は「彼が何かに目覚めそう」な様子を楽しむと共に、「自分も何かに目覚めそう」になってドキドキすることになりました。いわばフェティシズムを楽しむための作品で、「男の娘」の描写としては最もポピュラーなもの言えます。

 しかしプリパラは朝アニメで、主な視聴者は子供です。当然セクシャルな面を強調するわけにはいきません。18話を見る限りでは、レオナの性自認は男性のようです。また、女装はするもののフェティシズムは伴わなず、外的要因(姉・ドロシーの影響)でクロスドレッサーになったのが見て取れました。また、レオナ自身は恥ずかしがりの性格であるにも関わらず、女装・男装をすることや男性なのを知られることに対しては、羞恥心を持っていないように見えます。

 なかなか珍しい設定で、朝アニメで男の娘を出すため、色々と気を使って練った結果と言えるでしょう。みれぃそふぃが分かりやすい例ですが、プリパラではキャラクターの二面性や意外性を前面に押し出した作品作りがなされています。その最たるものがレオナの性別で、難しくても何とかバランスを取って表現しよう、ということだったのだと思います。

 しかしレオナは、奇をてらうだけのキャラではないはずです。いくらギャップを楽しむためとはいえ、繊細な扱いが必要な設定ですし、マイナスに捉える視聴者もいるかもしれません。みれぃそふぃの設定には、「プリパラでこんなに変われるんだよ」という視聴者(の女の子)に対するメッセージが込められています。しかしレオナを見た男子小学生が「ぼくもプリパラで女の子になろう!」なんて思って夢中になる、というのは考えにくいでしょう。ですからレオナは、直接男児に向けてのメッセージを背負ったキャラではないのです。

 アニメプリパラの主要な目的は、ゲームのプロモーションです。アニメにも出てきますが、プリパラのゲームには「トモチケ」というシステムがあります。これによって積極的に友達を誘う動機付けがなされており、メーカーにとってはユーザー獲得のための工夫ということになります。レオナの目的は、誘う対象の拡大を視聴者に示唆することにあるのではないでしょうか。つまり「誘うのは別に女の子じゃなくてもいいんだよ」ということです。男の子が自発的にプリパラを始めることは少ないでしょうが、仲のよい女の子に誘われれば、やってみようと思うかもしれません。

 これこそが、レオナちゃんのスカートの中に隠された秘密だったのです!

 と、スカートの中という言葉が象徴的なものだったことにして終わりにしたいところなのですが、せっかくなので直接的な意味でも少し考えてみたいと思います。

 プリパラの世界ではフィジカルな特徴が変化します。ドロシーレオナはそれが殆ど見られませんが、らぁらのように身長が大きく変わるケースもあります。スカートの中のフィジカルな特徴についても、現実世界とは異なるものになっている可能性があるわけです。

 性差による特徴には様々なものがありますが、最もシンボリックなのは胸とスカートの中でしょう。レオナの胸については、女性らしさを意図的に省いていることが以前から指摘されていました。18話においてもラスト付近でドロシーと向き合った際、明らかな違いがありました。すなわち、胸については男性の特徴を有しているように描写されているのです。目に見えるフィジカルな特徴が男性であるということは、スカートの中についても同様である可能性が高いのではないでしょうか。

 何しろ深夜アニメではありませんので、それが明確になる日は決して来ないでしょう。でも今年は、「ありまぁす」という有るのか無いのかよく分からない迷言でお茶を濁せるのがいいですね。しばらくはレオナの一挙手一投足から目が離せません。

コメント

のっくだうん99
No.1 (2014/11/18 03:53)
レオナの設定は単純に悪ノリの産物だと思います(直球)
プリパラは基本そんな感じですし
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事