ニコ生将棋放送 ~明日にかける王手~

「Wake Up, Girls!」第8話感想 ~2つの不安と3つの希望~

2014/03/12 19:14 投稿

  • タグ:
  • WakeUpGirls!
  • Wake_Up,Girls!
  • WUG
  • アニメ
  • 山本寛
またもや不安を掻き立てる展開に。これが落差の最大値なのでしょうか。それとも更に追い打ちをかけるようなエピソードが待ち受けているのでしょうか。

 色々言われているように、作画が安定しない箇所が多々ありました。細かい所はまだよいとしても、藍里菜々美の会話シーンはさすがに厳しいのではないでしょうか。BD/DVDでは修正されると信じています。

 さて、内容について。早坂厳しい言葉が引き金となり、とうとう真夢佳乃が正面からぶつかることになりました。また、「Wake Up, Girls!」の活動を一時的なものと考えていた菜々美は、アイドルの祭典ヘの不出場を宣言。最終回が近づき、ますます雲行きが怪しくなってきました。

 厳しい展開となる一方、随所に希望を見いだすことが出来る回でもありました。真夢佳乃の言い合いについては、互いに本音を言い合えるきっかけになりそうです。5話でメンバー間に遠慮があることを看破したアンナカリーナは、「ちゃんとケンカできてる?」と問いかけました。この言い合いは、望ましい結果に至るのに必要な過程なのでしょう。

 また、気まぐれに見える早坂も、「Wake Up, Girls!」に楽曲を書下ろし、レッスンでもメンバーを叱咤。白木との会話からも、本気でプロデュースしようとしているのが感じられました。

不出場を決めたはずの菜々美も、藍里のレッスンに付き合うなど、仲間を気遣う様子が伺えました。特に菜々美については、これまでクールなキャラとして描写され内面を知ることが出来ませんでしたが、このエピソードで温かい一面を垣間見ることができました。

 物語は不安も希望も色々とごちゃまぜになったまま、クライマックスに突入していくことになりそうです。結末を予想するのは難しいのですが、それだけに次回以降も期待して視聴したいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事