ニコニコシナリオ作成部 なんか出来たもの

姨捨山フール

2015/04/01 23:05 投稿

  • タグ:
  • シナリオ
  • 皆で作ってみた
  • エイプリルフール
  • 姨捨山
今回は、一応エイプリルフールなのでそれにちなんだシナリオを。
書いたは書いたんですが、なんだこの残尿感。

あらすじ
エイプリルフールに大量殺戮が起こるという情報を得た卯月(主人公)。
その村に行ってみると、それがただのネタではなかったと理解する。
彼らを止めようとする卯月、しかしまるで自ら死にに行くような村人たち。
それには秘密があった・・・?

(ネタバレ、人口削減計画によって家族の一人が死ななければいけなくなり、彼らはその志願者だった)

注意点です。
シナリオを読んだ事がない方には読みづらいかも。
独自の書き方があります。
誤字・脱字を含みます。
なんだこの残腹感・・・。
以上です。



タイトル「姨捨山フール」


人物表
卯月わたぬき(38)
その他(全然、名前決めなかったです)

○村「四月馬鹿村」・入り口
バッグを持った卯月が手にスマホを持って歩いて来る。
卯月「県外、か・・・。ウィキリークスの情報が正しければ大変なことが起こるらしいけど。こんな平和な村で、まさかな・・・」
村内放送「高台まで避難してください。繰り返します。津波が迫っています。村民の方は高台まで避難してください」
卯月「地震でもあったのか・・・?行ってみよう」

○高台の麓
40~50台の男女が高台へ歩いている。
歩いて来る卯月、男女の中に混じる。
男「お前、よそもんか?帰れ!とっととこの村から出てけ!」
卯月「え、でも避難しろって流れて…」
男「帰れ!」
立ち尽くす卯月。
歩いていく男女、銃声がする。
茂みに入り、バッグからカメラを取り出す卯月。高台にズームする。
歩いていく男女、が銃声と共に一人づつ倒れていく。
兵士の声「エイプリルフール」
卯月「・・・エイプリルフールに大量殺戮があるという情報は本当だったのか」

○スーパー「ぶっこみ」・店内
店内に殺到してくる主婦達。
主婦1「ワー!」(片手に大根持ち)
主婦2「ポポポポポポポイント2兆倍いいいいいいいい!!!」
主人公「まて!!2兆倍なんてポイントカード何枚分になるか冷静に考えrぶべら!!」
主婦につきとばされる卯月。
お買い得と書かれた商品の山が崩れ、その中から現れたブローニングM2重機関銃がドドドドドとうなり、突っ込んでいく主婦たちの体に大きな風穴を開けてゆく。
兵士の声「エイプリルフウウウウウウル!」
煙をあげた薬きょうがチリンチリンとコンクリートの床を鳴らし足元にうずたかく積まれてゆく。
カメラを構える卯月。
卯月「まるで自ら死に向かっているようだ・・・。一体何が起こってるんだ?この村で」

○病院「過剰総合病院」・診察室
医者「ただの風邪ですね、お薬2週間分出しておきまーす」

○・待合室
老人で込み合っている。
老人1が大きな薬袋を手に出口へ歩いている。

○公園「三途公園」・内
ベンチに座っている卯月。
卯月「どうすればいい・・・。俺一人では止めることも出来ないのか・・・」
薬袋とお茶のペットボトルを手にした老人1が歩いてきて卯月の側のベンチに座る。それをチラと見る卯月。
卯月「こんな平和な村なのになぜ・・・」
大量の薬を手に取っている老人1。
卯月「なっ!?」
立ち上がる卯月。
薬の山を口に運ぶ爺1。その手をつかむ卯月。
卯月「何をしてるんですか!こんなに飲んだら死ぬに決まってるでしょ、やめてください!」
爺1「止めんでくれ!孫の為なんじゃあ・・・」
卯月「孫?」
周りを見回す爺1、ポケットから畳んだ紙を取り出し卯月に渡す。受け取り紙を開く卯月。
紙の文字「人口削減計画」
卯月「この度、増えすぎた人口を減らす為。あなたの家から一人の志願者を募集します。応募者は楽しいエイプリルフール祭りに参加して貰うことになるので、楽しみにしていてください・・・。なんだこれは。あっ」
ペットボトルが落ちる。爺1がベンチから崩れ落ちる。
カメラを構え爺1に向ける卯月。そのままカメラを下ろす。
卯月のナレーション「自分の家族の為に死んだ人たちをメディアにさらしてどうする。・・・やめよう。何も見なかった、ここでは何も起こらなかった。ただのエイプリルフールのネタだった。それでいいじゃないか」
歩いていく卯月。

○卯月家・前

○同・庭
卯月と卯月息子が遊んでいる。
卯月嫁が宛名も切手もない封筒を手に歩いて来る。
嫁「あなたー、こんな封筒が入ってたんだけど」
嫁から封筒を受け取る卯月、開封。
卯月「いたずらか?・・・まさか、これは・・・」
紙の文字「人口削減計画」

END


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事