ニコニコシナリオ作成部 なんか出来たもの

パイナップルの悲劇

2013/08/17 21:40 投稿

  • タグ:
  • シナリオ
  • オリジナル
  • 皆で作ってみた
  • パイナップル
  • 手榴弾

出会いのシーンを書く。今回は「落し物」です。
義眼というアイデアもありましたが、チャカの方で台詞が早くついたのでそちらにしました。
作成時間、2枠(1時間)と手直しちょっと。

タイトル「パイナップルの悲劇」

人物表
A(おそらく40↑)
お嬢さん(?)(?)元令嬢
他、回想シーンでのみ登場

○路地(夜)

首に手榴弾をつけたお嬢さんが歩いている。パイナップルを手にしたAが落ちている拳銃を拾いお嬢さんを追いかける。
A「おとしましたよお嬢さん」
お嬢さん「暴発してたら大参事でしたよねー、ふふふふ」
Aが拳銃をお嬢さんに渡す。
お嬢さん「ああよかった、これで殺めれます」
A「お嬢さん、そのままだったら指紋がつきますよ」
(お嬢さん「指紋がついてもいいんです、そのときには私はもう・・・」)
お嬢さん「そのときのラバー軍手ですので」
A「そっ、そっかー」
Aのナレーション「めっちゃ恥ずかしー」
お嬢さんの手榴弾を見るA。
A「ちなみに、その首にかかったパイナップル、とてもお茶目ですね」
お嬢さん「食べてみます?顎が吹っ飛びますけど」
A「正気の沙汰じゃないですね」
お嬢さんがAの手のパイナップルに気づく。
お嬢さん「あなたのその右手の物…それなんですか?」
A「ああ、これはさっき青木青果店で買ったほんとのパイナップルです」
お嬢さん「買ったお店の名前まで言うなんて、可笑しな人」
くすくす笑い合う二人。
A「こんな深夜にどちらへ?」
お嬢さん「今日は父の命日なんです。そして、父の敵の命日にもなります・・・」
ハッとするA。
A「・・・お嬢ちゃん大きくなったね」
お嬢さん「そっそう?」
お嬢さんのナレーション「だれやったっけー?この人?」
A「そいつで奴をとうとうやってしまうわけですね…」
お嬢さん「そうですね」
お嬢さんのナレーション「奴も誰やねん」
A「ん?・・・記憶がないのも無理はないよ、生きていただけ奇跡だったんだから」
お嬢「あなた……何を知ってっ!?」
A「この傷を覚えているかな?」
ズボンを脱ぐA。ブリーフを履いている。
太ももと股間の超際どいとこに傷がある。
慌てるお嬢さん、手を顔の前でパタパタさせる。
お嬢さん「私に関わらないで!外反母趾になるわよ!」
A「外反母趾?」
お嬢さん「ええ、外反母趾よ、あのマラソンの土佐礼子が諦める要因となったアレよ!ついでに言うと外反母趾と残留孤児って、なんとなく似てると思わない?」
A「落ち着いて」
お嬢さん「私・・母方が外反母趾の家系なの・・・」
A「お前の母方の話など興味が無い」
お嬢さん「じゃあ、あなたは私のなにに興味があるの?!」
A「おまえの決意だ」
お嬢さん「まさか!?」
A「つまり、お前さんが殺める男が、目の前にいるってことだ」
お嬢さん「・・・。またまたwwwwwww」
太ももの傷をさするA。
A「お嬢ちゃん、この傷はな…」
慌てるお嬢さん、手を顔の前でパタパタさせる。
A「あんたがつけた傷さ、覚えちゃいないだろうがな」
動きが止まるお嬢さん。
お嬢さん「私が…?」
ポケットからナイフを出すA、パイナップルにナイフを刺す。
A「あんたは俺を刺したあと、その記憶を自ら閉ざした・・・そして、日常にまぎれ15年、俺はつかずはなれずあんたを見守ってきた・・・」
お嬢さん「すとーか…」
A「もうその忌まわしき記憶から、解放されてもいいころだ」
お嬢さん「もしかして、・・・あなっ、うぐっ!?」
頭を押さえ苦しむお嬢さん。

○お嬢さんの家・(回想)
(ナレーションとシーンが続きます。すいません手付かずです)
かつてのお嬢さんの食卓・・テーブルに飾られたパイナップル・・・
それをもってきたのは、お嬢さんの父親の部下の・・A!!
Aは背広を着こなし、お嬢さんの父の指示を的確にこなしていた・・・
しかし、そのパイナップルには盗聴器が・・・・
父の会話はライバル企業に漏れ、株価操作にて、窮地に追い込まれる・・・
父はAに問い詰め、怒りにまかせAにパイナップルを投げつける、それは急所にあたり、うずくまるA・・・

○路地(夜・回想戻る)
首に手榴弾をつけ手に拳銃を持ったお嬢さんがうずくまっている。
パイナップルを手にしてズボンを下ろしたAがそれを見ている。
A「この傷は、あんたのオヤジにパイナップルを投げつけられてつけられた傷だ」
お嬢さん「思い出した!あの後、父は取締役会で問い詰められ、苦しみぬいて、自らの命を・・・」
A「おれはおやじさんのパイナップルを受けて以来、女をだけなくなっちまった・・ふっ」
お嬢「知らないわよそんなの!自業自得じゃない!それとその傷私がつけたって言ったじゃない!」
A「フッ、記憶にないな」
お嬢さん「・・・父の仇っ!」
拳銃をAに向けるお嬢さん、その指が震えている。
引き金をひく。が指がひっかかる。
A「さっき拾った時に細工しておいた。玉は出ないよ・・・俺みたいにな」
ひざまずくお嬢さん。
お嬢さん「最低!変態!ED!露出狂ブリーフ!」
お嬢さんに近寄るA。後ずさりするお嬢さん。
お嬢さんの首の手榴弾をもぎ取るA。
持っていたパイナップルをお嬢さんに渡す。
A「あんたの手を汚すまでもない、このパイナップルをもらってくぜ」
A、パイナップルを口にくわえズボンを拾い上げて走っていく。
爆発。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事