ニコニコシナリオ作成部 なんか出来たもの

SOU SON

2018/05/24 22:04 投稿

  • タグ:
  • 脚本
  • シナリオ
  • 皆で作ってみた
  • ブラック企業
  • 自警団
生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をしています。

今回は、現代の惣村(自衛する村)で書く予定だったんですが。
SF?になりました。
詳しい設定は書いてませんが、ブラック企業社会の人さらいから子供を守る自警団村の話。
っぽいです。

注意点。
シナリオです。
なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
独自の書き方があります。
誤字・脱字を含みます。
こういうのって考え出したらきりないよね、アラだらけだと思いますが気にしない。




タイトル「SOU SON」




人物表
多賀康夫(38)
多賀床子(35)
多賀靖(7)
日向日陰(32)




○農村部
字幕「ほっこりひまわり自治区」

○もろこし畑
多賀康夫(38)多賀床子(35)多賀靖(7)がとうもろこしの収穫をしている。
近くに軽トラが止まっている。
康夫「ふわぁ~~あ、ゆんべはおっかあを耕して腰がいてえだよ」
床子「もうあんたったら///」
康夫に腹パンを食らわす床子。
康夫「おぉ……これは目が覚め……」
倒れる康夫。
靖「ねぇ、PS8買ってよ。買って買って!」
床子「贅沢言わないの。人さらいにさらわれるよ?」
靖「そんなの怖くないもん!」
床子「……」
靖の頬を打つ床子。
靖「……ごめんなさい」
康夫が起き上がる、その手に腐ったとうもろこし。
康夫「その辺にしたりぃな。あ、これもう食い物にならんから燃料にすんべ」
腐ったとうもろこしを軽トラの燃料部?に突っ込む康夫。
康夫「今夜も晴れそうだなぁ」
空を見上げる康夫・床子・靖。

○同・農村部(夜)
光が近づいてくる。巨大な足が紐に引っかかる。
糸をつたって鳴子が鳴る。ファミマの入店音も鳴る。

○農家・寝室
蚊帳の中で寝ている康夫・床子・靖。
ファミマの入店音で飛び起きる康夫・床子。
目を覚ました靖を抱き寄せる床子。
康夫「行って来る」
床子「あんた、気をつけてね……」
ふらつく康夫。
康夫「ちょっと耕しすぎただな」
床子「もうあんたったら///」

○同・前
康夫の声「ぐふっ……!」

○もろこし畑
頭から光を発した、人型のトランプロボが畑を踏み潰しながら歩いている。
軽トラの上に戦車の砲塔がついた軽トラ戦車が走ってくる。砲塔の下部は助手席にむき出しの状態で入っている。
軽トラ戦車2が走ってくる。乗っている日向日陰(32)。
日向「多賀さん、今日のはでかいのう」
康夫「ああ、あれはきっと金の神をかたちどったロボだぁ」
日向「構わん、撃て撃てぇ!」
軽トラ戦車2の砲が火を吹く。
トランプロボの胴体に当たるがびくともしない。
日向「これは困った、きいとらんの」
康夫「せめて足止めだけでも……」
軽トラ戦車の砲が火を吹く。
トランプロボの足に当たるがびくともしない。
日向「こりゃダメだ、一旦引くぞ多賀さん」
軽トラ戦車がUターンして走っていく。

○農家・前
床子が靖を抱きしめて家の前に立っている。
軽トラ戦車が走ってくる。
床子「あんた、人さらいはもう片付いたのかい?」
二人の前に止まる軽トラ戦車。
康夫「早く乗れ、早く!」
トランプロボが歩いてくる。
荷台に乗り込む床子、靖。

○あぜ道
軽トラ戦車が走っている。
運転席に康夫、荷台に床子と靖が乗っている。
その背後から迫ってくるトランプロボ。
康夫「あいつの目的は靖だ、守ってくれ床子!」
床子「んなの分かってら!」
靖を抱きしめる床子。トランプロボを見ている靖。
靖「なぁ、おっかぁ」
床子「黙ってな。父ちゃんと母ちゃんが守ってやっから」
靖「あのロボット、ヅラかぶってんぞ」
床子「今はそんなの関係ねぇ」
徐々に迫ってくるトランプロボ。
その左右から軽トラ戦車2・3が、共に子供を乗せて走ってくる。その砲塔が火を吹く。
手足に弾が当たるがびくともしないトランプロボ。
康夫「床子ー!靖なんつった?」
床子「なんでもねぇー!」
靖「父ちゃん!あのロボット、ヅラかぶってんぞ!」
康夫「……それか」
軽トラ戦車の砲塔が後ろを向く、運転席でトランク?を回している康夫。
康夫「頭だ、奴の頭を狙えー!」
軽トラ戦車の砲塔が火を吹く、頭に当たるがびくともしないロボ。
軽トラ戦車2・3も負けじと撃つ。
その一発がトランプロボの頭にヒットする、髪部分がづれて落ちる。
康夫「やった!」
歩き続けるトランプロボ。
康夫「ダメか……!」
トランプロボがバランスを崩して倒れる。
床子「やった!やったよあんた!」
靖「父ちゃんすげぇー!」
軽トラ戦車が止まる。集まってくる軽トラ戦車2・3.
日向「やったな多賀さん!」
康夫「ああ、なんとかなったな」
車から降りた床子と靖を抱き寄せる。

○農家・前(朝)
家が壊されている。
軽トラから降りる康夫・床子・靖。
靖「うちがぁ……」
康夫「こんなもんまた建てればええ。そんな事より、息子は絶対やらんぞ。ブラック企業に殺された爺さんの二の舞にはさせん」
床子「あんた……ジュン」

END


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事