ニコニコシナリオ作成部 なんか出来たもの

世界はバグで出来ている

2016/09/29 23:16 投稿

  • タグ:
  • シナリオ
  • 脚本
  • 皆で作ってみた
  • バグ
  • 幽霊
生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をやっています。

今回は、仮想現実で何か書けないか?
という事で。
・心霊現象は実はバグだった。
・霊能者はデバッガーだった。
・とりあえず貞子は出そう。
・ええと後なんだっけ?
こんな感じのアイデアで、
最後はバグだらけにして仮想現実を強制終了させて現実に戻る。
まぁこんな話です。

注意点。
シナリオです。
なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
独自の書き方があります。
誤字・脱字を含みます。
完成形ではありません、まだまだアイデアを募集しております。
タイトル、こんな感じでいい?



タイトル「世界はバグで出来ている」



人物表
有木馬具(8・21、ありき まぐ)
中谷由紀恵(20)
霊能者達
その他


○廃墟
有木馬具(21、ありき まぐ)が、テーブルの上で震える花瓶を指差している。
花瓶に近づく黒スーツの霊能者。
有木「花瓶が震えてるんです!怖い!」
ポケットから独鈷杵(とっこしょ)を取り出す霊能者、独鈷杵を指で押す。光り出す独鈷杵。
それを見ている有木。
霊能者「如是我聞。一時佛、在舎衛国祇樹給孤独園…」
花瓶の振るえが止まる。
有木「・・・あ、さすが霊能力者!凄い!」
霊能者「これでもう祓われました。あなたもいつまでもこんな場所に居ないように」
歩いていく霊能者。
有木「ありがとうございました!」
霊能者の背中を見つめる有木。
有木のナレーション「俺は知ってる。これは幽霊とか心霊とかそういうのじゃないって」

○旧有木家・前(有木の回想)
田舎の一軒家。
お葬式の鯨幕、喪服の列。

○同・応接間
棺おけの中に祖母の遺体。それを覗き込む有木馬具(8)。
有木母の声「まぐ、まぐー?」
有木(21)のナレーション「言い忘れていたが俺の名前は有木馬具」
祖母の遺体に手を伸ばす有木。
有木母(36)が入って来る。
母「あっ、触るんじゃありません!」
有木に近づく母。
祖母の遺体に触れる有木。遺体がそのままの姿勢でポーンと飛び上がる。
有木「(見上げて)・・・」
母「いくわよ、もう」
有木の手をつかんで歩いていく母。
有木「・・・」
上空に浮かんでいる祖母の遺体が窓の外に見える。

○廃墟
花瓶を見つめる有木(21)。
有木のナレーション「あれは絶対に夢や幻覚じゃなかった、何かがおかしいんだ。物理法則・超常現象・システムエラー・・・。何かが」

○廃屋・前(夜)
写真を手にした馬具が歩いて来る。
有木のナレーション「ここに霊が出るらしい」
写真を見る有木。髪の長い女(中谷由紀恵20歳)が映っている。
有木のナレーション「別に美女に釣られたって訳じゃない。・・・別にそういうんじゃない」

○同・居間
テレビや家具が並んでいるが、フローリングが破れ、畑らしき地肌が見えている。
入って来る有木。
有木「・・・お化けなんてなーいさ!お化けなんてうーそさ!ねーぼけーたひーとが!見間違ーえひっ!?」
テレビが点く。砂嵐。
有木「・・・お化けなんてうーそさ?」
テレビに映る井戸の映像。
有木「こーない、あれが来ない」
井戸の手前の畑にクローズアップする映像。土が盛り上がる。
フローリングの畑から女の手が生える。
有木「うわっ・・・そっち!?」
消えているテレビ。
地面に手をかけて這い出るように腕と二本目の手が生えてくる。
有木のナレーション「逃げたい、逃げたらいいと思う。もしくは蓋とか踏むとかしたい。でも出来ない!怖いし好奇心!」
続いて金髪の頭が出て来る。
有木「・・・わーるどわいどうぇぶ」
字幕「www」
マイクロビキニを着て、ブロンドヘアで顔の隠れたサダコ?がランバダを踊り出す。
有木「・・・」
頭を抱える有木。
有木のナレーション「何かおかしいとは思ってるけどさ。こんなのってあんまりだよー!あー、家帰って酒飲んで寝たい。あー・・・ざっけんなよ!」
サダコ?に襲い掛かる有木。その胸を両手で揉もうとしてすり抜ける手。
有木「スルーり!?」
そのままの勢いでサダコ?の頭とぶつかるようにしてすり抜ける有木の顔。

○中谷家・由紀恵の部屋
中谷由紀恵(20)が液晶の前でキーボードを叩いている。
液晶に映る不明瞭な廃墟の居間。
液晶から有木の顔がぬっと出て来る。
由紀恵「・・・!」
有木「・・・あ、しゃし・・・っこんして」
由紀恵「聞こえる?私の声」

○廃墟・居間
サダコ?の頭と同化している有木の顔。両手は何かを揉んでいる。
由紀恵の声「・・・ねがい!・・・けて!・・・たたちは・・・われて」
サダコ?が消える。
有木「夏の暑さもひと段落し、秋も深まってまいりましたが。結婚してください。・・・あれ?」
周りを見回す有木。ポケットから写真を取り出しキスする。なめる。

○廃墟
有木と霊能者が向き合っている。
霊能者「もうここには来ないようにとぶへっ」
霊能者を殴り倒す有木。独鈷杵を奪い取る。
有木「お前らがなんかやってんのはとっくにまかり通って以下略!」
独鈷杵をあれこれ押す有木、光る独鈷杵。ニヤリと笑う有木。

○デバッグ室
黒スーツたちがパソコンを前にカタカタやっている。
霊能者1「またバグが検出されました!」
霊能者2「どうなってる!?幽霊や集団催眠で済まされるレベルじゃないぞ!原因をハッキリさせろ!」

○廃屋・前
光る独鈷杵をマイクのようにして歌っている有木。
有木「生麦生米生卵!東京特許許可局!蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ!すもももももももものうち すもももももももううれたっ!」
畑から青いツナギのいい男たちが映えてくる。煙と共に発生したミラーボールから弾け出る小型彗星。空間が歪み丸いマスコット的な猫的なあれが出る。
アレ「にゃーけーびーなりー(ノブヨ調)」
霊能者達が入って来る。
霊能者「貴様ァ、どこでそれを・・・。取り返せ!」
有木に襲い掛かる霊能者達。をトゲつきの金棒で粉砕する眼帯・天使のワッカ・白スク姿の撲殺天使坂本美緒(中の人つながり)。
霊能者「おのれ・・・」
独鈷杵を取り出す霊能者。
霊能者「仏説阿弥陀経。如是我聞。一時佛、在舎衛国祇樹給孤独園、…」
有木「つまりだ、お前らはこれでデバッグしてた訳だな。音声入力?その読経みたいなの。つまり!この世界はバーチャルな・・・可能、ん?空想?・・・なんとか世界って訳だ!ででーん!」
読経を続ける霊能者。
有木「・・・ニャンコ・子ニャンコ・孫ニャンコ!マンゴ・子マンゴ・孫マン・・・」
股間からキノコを生やした配管工が霊能者を踏み潰す。
霊能者「や、やめろ・・・」

○街・外観
巨大なロードローラーのローラー部分がパックマン的なアレのやつがビルや建物を飲み込んでいく。
サグラダファミリア的な太陽の塔が映えてくる。桜の花が咲いて散る。

○廃屋・前
霊能者「もうダメだ・・・。強制終了!バルス!」
真っ暗になる。

○有木家・前

○同・馬具の部屋
VRヘッドセットをつけた有木がベッドで寝ている。
体を起こす有木。ヘッドセットを静かに外す。
有木「・・・あの子に、会いに」
ベッドから降りるがそのまま崩れ落ちる有木。立ち上がる、が震える膝。
有木「く・・・くひひひひひ」
体がブルブルと、震える花瓶のように揺れている有木。

END


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事