けーゆのブロマガ

(多分)どこよりも早い巨人軍第2次戦力外通告予想!!

2014/10/13 15:41 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 野球
  • プロ野球
  • 巨人
  • 読売ジャイアンツ

そういえばブロマガをほったらかしにしていたことを思い出し、何か書こうかな、と考えたところ、この時期になると有名選手の引退や戦力外通告のニュースが多く報道され、じゃあそれ関連の記事を書こう、と思い筆をとってみました。ポケモンの調子悪いとか関係ない

それではまずは巨人第1次戦力外通告を振り返ってみましょう。

越智大祐投手
高木康成投手(育成)
森 和樹投手(育成)
柴田章吾投手(育成)
雨宮 敬投手(育成)
荻野貴幸内野手(育成)
和田凌太内野手(育成)

越智選手以外は育成選手からの戦力外通告になりました。
巨人の支配下登録選手数は投手31、捕手7、内野手15、外野手13、合計66人、ここから越智選手を引いて現在65人になります。
ドラフトやFA、トライアウトなど新戦力の獲得にそなえて選手数は50後半あたりにしたい、ということは6~10人ほどが支配下登録の中から戦力外になると考えられます。
それでは前置きはこのあたりにして早速予想のほうに行きたいと思います。

◎(ほぼ戦力外確定)
クリス・セドン投手
今季成績 登板10試合 4勝5敗 防御率4.67
ホールトンの後釜として入団した新外国人、193㎝の長身から繰り出すなぜ抑えられるかわからないような130㎞代のストレートとチェンジアップ、スライダーを武器に初登板の広島戦で
好投、その後も初対戦の相手には好投するも2回目以降は見極められ、CSの最終テストとなった9月25日の中日戦でも3回途中4失点と結果を出せなかった。まぁ残すよりも来年の新外国人クジにかけたほうがよさげ。

井野 卓捕手
今季成績 1軍出場なし
去年楽天からトレードで移籍、1年目はそこそこ出番をもらうも今年は小林の加入やカトケンの後半の活躍、2軍でも鬼屋敷や河野に出番を取られ24試合で打率.125と厳しめ、戦力外の捕手でも元中日小田が一番人気の可能性が高く、小田が獲れなかった捕手不足のチームが拾ってくれるか・・?というところ。

フレデリク・セペダ外野手
今季成績 打率.194 本塁打6 打点18
ご存じキューバの至宝。打線の救世主として入団するも打率が2割にも届かない、守備もペタジーニ以下と期待外れ、なぜか代打としての方が成績を残した気がするもこの成績で来年も残すのは外国人枠的にもキューバ的にも・・・。CSでの出番はあるっぽいのでせめて第二のボウカーになってキューバに帰ってほしい。(今のところキューバの至宝<ボウカーという悲しみ)



○(多分戦力外)
田中 太一投手
今季成績 1軍出場なし
あの有名な太一カーブを操る若手投手、年々当番数を増やすも特に目立った成績も残せず、また今年のフェニックスリーグにも派遣されず、もし怪我でないのなら一気に戦力外候補に。
※フェニックスリーグに途中参加していました(10/19追記)

石井 義人内野手
今季成績 打率.250 0本塁打 1打点
一昨年代打の神様として活躍するも去年は不振、今年にかけ開幕1軍を勝ち取り初打席で安打を放つも怪我で2軍落ちしその後1軍復帰は1度だけ(3-0)、二軍成績は.327と好調なのでまだ
代打orDH要員ならまだ活躍のチャンスあり。

加治前 竜一外野手
今季成績 1軍出場なし
1年目からプロ野球史上初の初打席サヨナラ弾を放つなど活躍、年々成績を落とすも一昨年はそこそこの活躍、しかしまた成績は下降し、今年は太田、橋本など若手外野手の活躍、自身の怪我もあり一軍出場なし、外野は飽和しているので戦力外の可能性大。


△(可能性あり)
須永 英輝投手
今季成績 登板1試合 防御率81.00
2軍では後半失速するも防御率2点台と活躍。しかし、一軍には一度しか呼ばれず唯一の登板機会も1/3回を3失点と炎上。フェニックスリーグにも参加せず戦力外の可能性もなくはない。

星野 真澄投手
今季成績 1軍登板なし
育成→支配下→育成→支配下と行き来した苦労人、今年は2軍で登板45試合、防御率1.25と大活躍もなぜか1軍に呼ばれず、フェニックスリーグにも不参加、須永と同じく左投げのリリーフなのでどちらかor片方はアウトの予感。
 

横川 史学外野手
今季成績 打率.286 1本塁打 5打点
井野と共にトレードで加入した長距離砲、今年はプロ初サヨナラ打を放つなど前半戦は活躍、しかし1度2軍に落ちるとその後は1軍に呼ばれることもなく2軍でも不調ぎみ、フェニックスリーグにも参加しておらず可能性としてはなくもないくらい。

ホセ・ロペス内野手
今季成績 打率.243 本塁打22 57打点
開幕は絶好調でのスタートもその後不調に、阿部、アンダーソンが1塁を守ったりとシーズンが終わってみると去年より打率が急降下、個人的には残ってほしいが来年も今年と同じ起用法なら残らない(残さない)可能性もある。


×(今後のチーム編成によっては・・・)
福田 聡志投手
今季成績 登板12試合 防御率9.64
新人の時にラッキー福ちゃんとしてブレイク・・?その後はパッとしない活躍も、2012年には今季で引退する高木康投手と同じ僅差ビハインドなどでの役割で50試合登板で防御率1.61と大活躍、その後腰痛などでの不振が続いてますが久保投手と同じように経験のある投手なのでCS
での登板復活を期待しています、しかし越智選手や高木選手を切ったように、もし怪我前に戻る見込みなしと判断されたら戦力外の可能性も・・・

立岡 宗一郎内野手
今季成績 打率.000(2-0)
去年、正二塁手を寺内、中井、藤村と争うなど46試合に出場。しかし今年はほとんど1軍に上がることはなく2軍での打率も降下、内外野どこでも守れるため需要はあると思うが、和田恋、奥村、辻、大塁など若手内野手の台頭もありこちらも可能性としては、なしではないと
いうくらい。

個人的な予想だとこんなもんでしょうか?
この選手が入ってないor入ってるのがおかしい!! といった感想等バシバシコメントしてくれると嬉しいです。








コメント

けーゆ (著者)
No.2 (2014/10/13 17:07)
>>1
ありがとうございます!! 星野and須永はもっとチャンスがあってもおかしくなかったと思います
ロペスは可能性は低いけどアンダーソン次第で放出もなくはないかな?と個人的にはもちろん残ってほしいです
ミスったーX
No.3 (2014/10/14 17:45)
ロペスは成績的にもまだやれそうなので残してほしいですよね。
ベンチで試合に出たそうにしているのが辛い(´・ω・`)

あとはここにいなくてもトレード要員になりそうなのも何人かいる気がします。

鬼屋敷あたりは好きなのでそろそろ危機感もって頑張ってほしい…!
けーゆ (著者)
No.4 (2014/10/15 02:07)
>>3
ロペスは一定の成績は残してくれるので後は球団側がどう考えるかですかね・・

トレード要員ならここの選手+隠善、公文あたりが候補だと思ってます

鬼屋敷、河野の若手捕手組は小林の台頭で厳しいですが鬼屋敷はバッティングも向上してきましたし1軍出場も何試合かしたので期待できるかもしれませんね!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事