つかぽん提督のひとりごと

3-4半日戦果424 備忘録(2019.11/16~17)

2019/11/21 00:13 投稿

  • タグ:
  • 艦隊これくしょん
  • 艦これ
  • 半日戦果
  • 戦果
  • ブルネイ泊地
  • 3-4
  • 擬似空6

1.まえがき
2018年11月17日、7-1の戦果が下方修正(1周当たりの戦果が2.98→1.47)されたため半日戦果は別マップの模索の必要に迫られました。
その後、4-4や3-2高速+、4-5高速+など様々な方法が開拓されましたがそこに一筋の光明が。

3-4”擬似空6”

正規空母2 軽空母2 水母1 軽巡1で画像のようなルートを通ります。
(道中3戦+ボーキサイトマス、1周当たり戦果2.66)


”擬似空6"たる所以は、水母と軽巡に水戦を載せて制空補助をさせる(空母のような役割)ためです。正規空母、軽空母に艦攻をたくさん積むことで1期の5-4の様に開幕航空で敵を殲滅する作戦です。
3-4擬似空6の登場により、7-1が下方修正された環境でも半日400オーバーの記録が出るようになりました。
それに続いて自分も2019.2/24に挑戦しましたが、393という不本意な結果に終わりました。


そして、7-1が下方修正されてからちょうど1年経った11/16~11/17にかけてリベンジしてきたのでその時の記録を備忘録として記します。

2.使用した編成
①3-4周回用
※画像はクリックで拡大できます。

第一艦隊(制空値:195 触接選択率:1.2倍…92.0% 1.17倍…6.7% 1.12倍…1.0%)


第二艦隊(制空値:186 触接選択率:1.2倍…92.2% 1.17倍…0% 1.12倍…7.0%)


第三艦隊(制空値:187 触接選択率:1.2倍…84.9% 1.17倍…12.9% 1.12倍…2.0%)


制空確保ラインが168のため、制空値が190前後になるように調整。
また、制空確保時の触接開始率100%以上触接倍率1.2倍の選択率90%前後になるよう調整。
基本的に雷装14以上の強艦攻は大きいスロットに優先して配置、九七友永は12以下のスロットに載せてます。
第三艦隊のみ、触接選択率の関係でSourdfish MkⅢ(熟練)を積んでいます。
※命中+4ですが、触接の倍率は命中+3と同じ1.2倍の扱いとのこと。

コマンダンテストの噴進砲改二とBoforsは航空戦でのカスダメやクリティカル貰って中大破を防ぐために積みました。
Lv.99で噴進弾幕の発動率は80%。
道中大破が多いので、全員増設スロットに女神。
3-4編成は18隻全員、演習でcond値100にしています。


②6-5ボス用
下ルートのネルソンタッチ採用編成。
開始時のフライング用。


③3-2高速+ルート用
最後に余った時間に出撃する用。
1周3分程度で周れるため時間調整に最適。
軽巡1駆逐5、高速+統一、電探1個以上装備でボスへ到達可能。


3.実際の流れ

11/16 13:40~
6-5へ出撃し、ボスで昼戦を行いB勝利以上が確定している状態で「追撃せず or 夜戦突入」の選択画面になるように調整。


今回は昼戦終了時に画像のように理想的な状態でした。
道中でネルソンタッチが発動していたので、わざと火力を下げるために複縦陣にしてます。

14:00
JST Clock(クリックで飛べます)での日本標準時表示が14:00:05になった時に「追撃せず」を選択。
これで6-5ボスA勝利の戦果が入ります。
なぜ5秒経過後かというと、以前EO込み半日戦果に挑戦した際に5-5ボスで3秒経過後に「追撃せず」を選択したのに午後ではなく午前の戦果に入ってしまったという事件があったからです。

6-5から帰投後
ここからは予め配置しておいた第一~第三艦隊で順番に3-4を周回します。
第一艦隊第二艦隊第三艦隊補給・入渠・女神積み直し
以上を1セットとしてこれをひたすら繰り返します。

入渠ラインとしては、
・中破・大破は確定で入渠
・小破については中破に近いラインは入渠
・中破と無傷の中間の場合は、他の中大破がいる時に併せて入渠。
厳密にHPがこれ以下で、というのは決めておらず感覚でやってます。

11/17 1:56
3-4の158周目から帰投。
残り4分のため、3分程度で1週できる3-2高速+で行くことに。
予めプリセットに組んでおいた編成を展開し、3-2へ。

1:59
3-2から帰投した時点で残り1分、ダメもとで6-5の潜水マスへ。
3-2高速+ルートの編成でそのまま出撃。
残り2秒でB勝利をもぎ取る。

2:00
12時間お疲れ様でした!

3.結果
〇半日戦果
11/16 ランキング15:00更新


11/17 ランキング3:00更新


2056→2480で、結果は424現時点で7-1下方修正後の暫定1位となりました!
11/24 1週間で3位に陥落しました。

〇出撃データ
6-5ボスA勝利(フライング分)
3-4 158周 道中A勝利2回・ボスA勝利9回
3-2 高速+√ 道中S勝利+ボスB勝利
6-5 潜水マスB勝利

中大破演出…149回(カウントし忘れがあるかも)
開幕航空戦殲滅回数…19回

〇消費資源
開始前母港


終了後母港


燃料:51044
弾薬:40597
鋼材:24071
ボーキ:34890
バケツ:187個
女神:6個(うち1回は旗艦大破進撃で使用)


4.感想
今回は400を超えることを目標にして挑戦しましたが、予想以上の結果となりとても嬉しいです。
これまでの経験だと、半日戦果の前半はある程度キラキラが継続するおかげで時速がそこそこ出るものの、後半はやや落ちるというのが普通でした。
今回の挑戦では30分ごとに手元で時速を計算していましたが、なんとコンスタントに時速35を維持していました。
経験値カットがなかった前回と比べて、2艦隊経験値カットにできたことと正規空母のレベルが底上げされたのが大きな要因と考えています。
今回は1艦隊のみ経験値カット無しということで、まだまだ伸びしろはあるので次は430越えを目標に艦隊を整えていこうと思います。

5.今後の改善点
〇全艦隊経験値カットで揃える
経験値の演出は2秒程度、擬似空6なら1周で4回あるので3艦隊ローテーションを仮定すれば1艦隊を経験値カットにするだけで7分程度の短縮となります。
今回は最後の3-4が終わってから4分あったので、残り1艦隊を経験値カットにすれば合計11分余ることになります。11分あれば3-4を+2周してかつ2分以上の余裕が生まれます。

〇強力な空母陣を育成する
個人的な3-4で採用したい正規空母の優先順位は以下の通り。
①Saratoga MkⅡ.mod2 
スロットが大きく開幕に強い、かつ中破でも動ける。3-4最強空母

②赤城改二      
5スロにより偵察機などを積みつつ艦攻4積みできる。

③翔鶴改二      
スロットが平均的に大きい。素火力が高く砲撃戦も強い。

④Intrepid       
開幕航空だけなら間違いなく最強。耐久にやや難あり ダメージコントロールッ!

⑤瑞鶴改二       
翔鶴と同じだが素火力はやや低い。

⑥大鳳改        
中破でも動けてかつ30-24-24のスロットは魅力的。8スロの使い方は人によって悩ましいところ。

軽空母についてはデフォルトで射程中でスロットがそこそこある瑞鳳改二は内定。
あとはスロット重視で隼鷹改二を使うか、射程重視で鈴谷・熊野(ただしスロット数は控えめの為開幕威力は落ちる)を使うかどうかというところでしょうか。
今後まとまったスロット数を持った改二軽空母が出ればまた環境が変わりそうです。

やはり現環境ではSaratoga mkⅡ.mod2や赤城改二が複数欲しいところ。
予告されている加賀改二の性能によっては採用も十分あり得ると思います。
早く実装しやがれくださいお願いします

〇3-4水雷ルートを活用する
3-4戦果周回として、擬似空6ルートの他に水雷ルートもあります。
画像の矢印のようなルートを通りますが、道中1戦+うずしお1回でボスと戦果効率だけ見れば大変魅力的なルートです。


編成は航巡1軽巡2駆逐3
水戦を積んでボスマス制空拮抗を取りつつ、ボスは夜戦も視野に入れて勝ちを取っていく形になります。

-利点-
・道中1戦のため、戦闘がうまく進めば圧倒的に速い。
・擬似空6と比較すると消費資源が軽い。

-欠点-
・ボスに対して艦隊が貧弱なため被害が大きくなりやすい
・夜戦行かないと勝てない場合が多く下手したら敗北もあり得る
・修理の手間などを含めると道中1戦のメリットが薄れる
・疲労を考えずにローテーションするためには最低でも4艦隊は必要、艦隊を揃えるのが大変。

水雷ルートは上記のような理由でかなり時速にばらつきの出るピーキーなルートです。
ただ、擬似空6とうまく組み合わせれば時速の底上げに寄与すると私は考えています。

6.あとがき
最近は半日戦果に挑戦する人が増えてきてレベルも上がっていると感じます。
私自身はどこまで記録が伸ばせるのか、それが楽しみでやっているというのが本音です。
なので、もっとたくさんの人に挑戦してもらって、記録を出して欲しいと思っています。
400オーバーが当たり前になる時も遠くはないかも…?

また、この場を借りて挑戦当日に放送枠に来てくださった皆さん、それ以外にも応援して下さった皆さんに感謝の意を示して締めたいと思います。ありがとうございました!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事