にっちのブロマガ

YOURSあとがき

2019/09/18 21:00 投稿

  • タグ:
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン
  • MAD
  • AMV
ヴァイオレット・エヴァーガーデンのMADを投稿しました。
なぜか動画を見ずにこれを読んでる人はとにかく動画を見てください。
あとヴァイオレット本編も視聴済みであることを前提として話をしていきます。



曲名:yours
アーティスト:vivid undress

この動画はヴァイオレットへ贈る「手紙」です。
歌詞、構成、演出すべてが
ヴァイオレットへ向けられたものになるようにしてます。

全シーンどうしてこのシーンを選んだのか聞かれたら
答えられるくらい意味を込めて作ったつもりです。
でも全部解説するのも野暮なのでここは言っておきたいってとこだけ書きます。


『この世界はすべて君のものだ』


この歌詞に動画で伝えたかったことが集約されているといってもいい。
ヴァイオレットにとってギルベルトが世界そのものだった。
でも今は違う。戦争が終わり兵士ではなく自動手記人形としての新しい人生が彼女にはある。
もう命令はいらない。自分の世界は誰かではなく自分のためにあってほしい。
それがギルベルトの願いでもあるわけだから。


『必要なものは案外 そんなにないから 1人で背負わなくていいよ
さぁ荷物降ろして いこう いこう いい子』



yoursは全体を通してストレートに語りかけてくるような歌詞が印象的。
痛みも乗り越え前に進む勇気をくれるようなここの歌詞は特に好き。泣く。
「いこう いこう いい子」は歌詞を見てないとわからないかもしれませんが
最後「いい子」になっています。いい子なんだよなあ!


『大切なものを両手に持ったら 自分を傷つける手はもう無い
これからは守り抜く強さだけ ちゃんと抱きしめて もう離さないで』







〜いい子からのラスサビへと繋ぐ一連のシーン。
このあたりはドラマ的な見せ方を意識してますね。
作中でも屈指の印象的なシーン「愛してる」はこの動画の一番の見せ所であり爆発ポイント。
過去のシーンをモノクロに、現在のシーンをカラーにしてそれを交差させながらの構成は
曲のオリジナルMVのオマージュです。


ラストのギルベルト


これまでギルベルトのシーンは過去でありモノクロでした。
ですがここのギルベルトはカラーです。
これにはちゃんと理由があります。
このギルベルトの右目をよく見てほしい。
傷を負っていますよね?
作中で右目を負傷したのは死んだとされるインテンスの戦いの時。
つまりインテンス戦より後の姿でありもしかしたら生きているんじゃないか…
という自分の予想のもと現在のシーンとして表現してます。
そしてヴァイオレットと再会してほしいという意味でヴァイオレットをその瞳に映してます。
そんなフラグを残す終わり方にしました。


タイトルに込められた意味


動画のタイトルは曲名と同じYOURS(元は小文字ですが)。
曲名そのままタイトルにするのもな…と最初は思ってたのですが
動画の中で要所要所で差し込まれる黒バックに白文字のカット、この文の内容を
全て「you」という単語が含まれたものにしようというアイデアが浮かんだことと
「yours」には「あなたのもの」などの意味の他に英語の手紙で結びの言葉でもあるから。
日本語でいう「敬具」や「かしこ」に相当します。
手紙を題材に扱うこの作品にぴったりではないでしょうか。

ということでこの解説も結びとさせてもらいます。
相当気持ち込めて作ったので感想等いただけるととても嬉しいです。
それではまた。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事