陸海空のこむぎあじ ~Bread @ Board~

飛行機で成田空港旅…その2「JAL3082 NGO→NRT」

2016/02/24 19:00 投稿

  • タグ:
  • 旅行
続きです。
成田ゆきJAL3082便、搭乗中のお話

定刻通りドアクローズし、プッシュバックも完了したのに…動かない。
エンジンスタートもなかなか始まらない…
「何かやらかしたか?」と不安になること3分ほど


やっとタクシー開始。動けなかった原因は
どうやら空気を読まずにスポットインしてきたシンガポール航空のよう。
グランドさぁん…


特に渋滞することもなく、スムーズにタクシーウェイを進む機体
途中、絶賛放置プレイ中のB787製造初号機が…
「里帰り」ってことでボーイング社からセントレアに譲渡した機体ですが
完全にもてあましてますよね…
展示館なり、せめて屋根付きのところへしまって欲しい…

短距離国内線とはいえ、787クラスなら端っこまで滑走路使うかな…と思っていたら
737やDHC-8がよく使っている『A3C』誘導路からのショートカットRWY36イン…



(Youtube高画質版はコチラ)
羽根のしなりがよーくわかるかと思います
去年1月に乗った737と比べると、音が電気的(?)で
静かーなのが特徴的。

すぐ左旋回して伊勢湾を南下
空港島の特徴的な形がよくわかる…イイネ…


真っ白な雲に入って…


ぱっと抜けると眼下に浜名湖 そして…


FU☆JI☆SAN!!
絵に描いたような富士山!


若干高度低め(25000フィート)なのもあって地上の景色もくっきり
御前崎上空で…


右旋回。富士山が離れていく~


飛行中、全てのモニターで「定期航空協会・機内での安全阻害行為の禁止について…」
など、さしておもしろみのない映像が流れ、
本来は自分で選べるはずのエンターテイメントシステムは稼働していないようでした。
せめて高度速度計くらいは出して欲しかった…


サービスもまだ時間が掛かりそうで、機内を歩いてみます
R3ドアから右翼を撮影。

トイレも覗いてみます 曲線が多用されていて近未来的ハイテクトイレ…
ウォシュレットは付いていません。後から調べてみると、
ビジネスクラスのトイレには付いていたらしく…しまった…



ギャレーはさして在来機と変わらないようで…

席に戻ってみると、ワゴンサービスがちょうど自席を通り過ぎた
ところでした。(あれぇ~まだ相当時間掛かりそうだったのに…)
「すぐにお伺いします」とのことで、本当にすぐ来てくれました。
そしてCAさん。「敷島(仮)さま お飲み物は…」
今、名前呼んだ!?名前?!
大半が乗り継ぎの(しかも次もビジネス)客とはいえ
短距離のクラスJで名前を覚えてもらえるサービス…
アッパークラスなんてグリーン車くらいしか乗ったことないんで
それだけでもうテンションMAXでした。


ホットコーヒーをもらいました
…去年、スカイマークの時も同じこと言ったんですが、
飛行機や新幹線のコーヒーってやつは何故進化しないんでしょうか…?
特段詳しくない自分でも「あっ…(察し)」となる感じ。
設備に制約があるかと思いますが、まずコンビニコーヒーに対抗してくれ!



眼下には新島が見えます
航空路の制約上、けっこー本州から離れて飛んでいるようです


コーヒーを飲み終わってしばらくするとベルトサインON
水平飛行は25分くらいでした 飛行機早いね!!
のぞみならまだ浜松着いてない時間だよ!



降下が始まるとまぁなかなかの急降下 体が前に持って行かれます
後でデータをみると1分間に3000フィートほどがっつり下げてました
なんでそんなに急ぐの! 
それでも耳が痛くならないのは787の機内環境の良さなのかも。

着陸の様子はYoutubeでどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=5WTCXfSM1vU

B滑走路から走ること10分 いやはや広いね成田のエプロンは・・・




第2ターミナル65番スポットにイン
定刻通り!流石JAL!




乗り継ぐであろう皆様には先に降りてもらい
その隙に座席の写真をパシャパシャ
フルフラットは文字どおり完全に水平になりました ビジネスすごい


電気式シェードの比較 比べてみるとよくわかります



と、最後までパシャパシャやっていたら
CAさんから「座っているところをお撮りしましょうか?」と!
お願いします!! と二つ返事でお願いし、
着座してピースするオタクが無事写真に収まったのでした(流石にそれは恥ずかしくて載せられない…)





ルートはこんな感じでした。

次回に続く!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事