陸海空のこむぎあじ ~Bread @ Board~

陸海空を使って『コミケ』から『名古屋』まで帰る

2016/01/06 00:25 投稿

  • タグ:
  • 旅行
  • 鉄道
  • 航空


皆様明けましておめでとうございます。
本年も『765名古屋支社広報板 ~Bread White Board~』(このタイトル全然使ってないな)
と、超熟Pをよろしくお願いします。

さて、表題のお話。
年末に、コミックマーケット2、3日目に参戦してきました。
1枚目の写真は、3日目の朝、ゆりかもめで撮影したレインボーブリッジ。
なかなか美しい写真じゃない?(自画自賛)





往路はおなじみウィラ-エクスプレスの夜行バス
都庁のそばに降ろされて「ここ何処だよオイ…」となった早朝6時。
ええ迷いましたとも。でも気づいたら新宿駅南口にいました。

会場内の写真は、薄い本確保に奔走していたため
両日とも少数。コスプレもちょこっとしか撮れず、
唯一掲載許可付きで撮ったコスが…


こういうネタコス、大好きです。てかネタコスばっかり撮ってました。


ここから本題。

三日目も終わり、名古屋への帰途につくわけですが、
東京から名古屋って基本的に「新幹線」「高速バス」の二択しか
選択肢がないわけで、つまんねぇなと(乗り物オタ的発想)

そこで思いついたのが「陸」「海」「空」を全部使って
名古屋まで帰るルート。どう考えても大回りかつお金も掛かる方法なのに
何故選ぶかって?

「そこに航路・路線があるから。」



まず「海」。コミケ常連ならおなじみかもしれません
日の出桟橋行きの海上バスです。 

これが予想以上に楽しくて道中

豊洲の新市場や


海からみるレインボーブリッジ






対空戦闘!!(提督脳)
と、目まぐるしく変わる景色で
30分の道のりもあっちゅうまでした。座っていられたのもありがたかった!


続いて「陸」東京モノレールです。
乗るのは久しぶりで、こんなに飛ばす路線だっけ?!とビックリ
海沿い、高速沿いのいい車窓でした。

モノレールで着いたのは羽田空港。
国内主体のはずなのにまぁ外国人の多いこと多いこと。

第2、国際線とターミナルを見て回ろう…と思ったけど無理でした。
理由はこいつ↓

10kg弱ありました。ちなみにコミケ中これ背負ったままでした。行軍訓練か。
コイツの重さで足にマメが出来てまともに歩けず、ターミナル散策もほどほどに
(一応各ターミナル行ったけど)第1ターミナルでぼーっとすることに。

2015年最後の夕日、美しかったです。


機材変更に伴うゲート変更なんやらもありつつ
JL209の機内の人に…
そして、無事定刻にRWY34Rから離陸…

















東京の空撮夜景ってものすごい綺麗なんですね…
窓側取らなかったことを後悔しました。


分かりづらいけどビッグサイトも見えたよ!!

めっちゃわかりにくいけどクラスJです。(満席で写真がね…)
奮発して取った割に、時間が短すぎてドリンクサービスすら無かった…残念。
SKY-Wi-Fiサービスで「孤独のグルメ」があったので見てたけど
1話見切る前に着陸でした。なんて早いんだ飛行機…


銘板も撮ったけど…肝心のシリアルが写ってねぇええええ!
あとで調べたらJA319J(製造番号35348/2867 )で、元JEXの機体だったそうな


飛行ルートはこんな感じ。なんて大回りを…
実飛行時間40分、水平飛行は15分ありません。
このルートに需要があるのが不思議でたまらない…今回もほぼ満席、
預け入れ手荷物受け取りも多いようでした。

以上、初参加のコミケ、初めての「陸海空」東京→名古屋移動レポでした
皆様も試してみては如何でしょうか?
ちなみに、後者に関してはもう二度とやりません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事