ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

陸海空のこむぎあじ ~Bread @ Board~

シンデレラ5thLIVE 福岡公演の参戦レポ(Day2 ライブ編)

2017/08/08 22:30 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
http://ch.nicovideo.jp/ngo765to-st/blomaga/ar925492
以前、3rdライブのレポで、こんなことを書きました↓


CD選考とは言え、この変なチケ運
フラットな福岡公演だとどーなるかぁ…?と思ってたら…


「アリーナ2列 中央」
しかも全体曲でなつねぇの位置が近い近い…
(『小』が自分 ☆がなつねぇの立ち位置)
もう…席着いた時点で行きて帰れないかと思った。

1.Yes! Party time!!
(イメージ画像↓)

「あああああああああああああああああ
近けえええええええええええええええええ!!!」
(心の叫び)

「これがVRですか。」そう言いたくなるような光景がその場に広がる。
今回で分かったけど、「Yes! Party time!!」は一曲目に向いてない。
空きっ腹にウイスキーをストレートで流し込むようなもんで危険だ。盛り上がりすぎて。

2.SUPERLOVE☆
基本の立ち位置が上手端で、何度も目があったのがのじょ。
この曲後半のバーストアピールは凄かった…
ステージから落ちるんじゃないかと思ったぞ…

3.ニャンと☆スペクタクル

(↑近すぎるニャンスペに感情がオーバーフローして
舞台袖から見守るPと化した小麦味Pの図)

「ニャーニガニャンデモ…」の早口言葉、前回は終わったあとに
ワンクッション置いてからサビに入っていたはず。
今回、ついにCDと同じverでのニャンスペが聞けたことで
また一つ、みくの成長を確認できた、と思う。


6.Nothing but You
この曲、MVも曲自体も大好きなせいか、ここでも一部
記憶が飛んでるけど、飯田氏と志貴クンがものすごく神々しかった。
猫耳猫しっぽのみく(なつねぇ)は、演出と曲調にマッチングし過ぎていて
最後の方まで気づかなかった…
舞台演出、ライティング、振り…今までで一番デレステMVを完全再現したのは
この曲だったと思う。

9.祈りの花
センターステージによしのんが降臨している…
ある意味、こちらも神々しい光景だった。

11.おかしな国のおかし屋さん
何かしら食べたりでPaっぽいかな子だったけど
今回のこの曲はCu度が半端なかった…

一日目は志貴王子だったと見かけたので
二日目は村中さん(ソルジャー王子)あたりかと予想していた
我々の意表を突く「鈴帆しゃん王子」!
思わず笑った!

EX.「すいとーよ」選手権
個人的に一位だったのはのじょの
カブトムシすいとーよ…あの無邪気さは犯罪だ。
一番面白かったのは村中さんの「純情すいとーよ」のあと
OTLになった村中さんを囲んで走り回る「ヴァイク高森」
(その昔、なつねぇがラジオで持ってたコーナー思い出した)

17.Frozen Tears
18.Memories
19.Neo Beautiful Pain
この公演のハイライト。美しかった!!
まずFrozen Tearsで渕上神がみせる「ふふっ」って感じの笑顔が
マジ北条加蓮。

Memories、ラスト暗転した瞬間は
ラブライカよりこの曲が似合う二人じゃないかと。

Neo Beautiful Pain
どうしてもこの曲、言葉では言い表せない…
もとから好きな曲で、しかもまつえりのパフォーマンスは最高の一言。
言語化するなら「超Coでエモい」
ラスサビの全力振り付けに敵うアイドルは今のところいないかな…

公演のレポは以上です。
今回は席が近すぎて最高すぎて上手く文章化出来ないね…
おねシンで全員が目の前に来てアピールしていってくれたときは
このまま昇天してもいいとさえ思った…

最後に、
16.Take me☆Take you
「ハッと」させられた曲。
センターになつねぇがいて、両サイドはこのツアーが初舞台の二人。
いつの間にかみくが先輩と呼ばれる立場になったこと。

「輝きの向こう側」、それとは違う「その先へ」向かう日が
来る日が近づいているのかな、と。
福岡公演で何も発表がなかったので
SSAでは何かしら大きな発表があるはず。
それがどんな未来だろうと、この歌の歌詞を胸に
SSA公演のLVを楽しみ、みくたちのプロデュースを続けていきたいと思います。
『果てない夢は まだまだこれから』
『覚めない夢は 始まったばかり』

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事