TRPG四方山話(文章執筆欲発散ブロマガ)

秋アニメ感想集その4 今季の視聴作1話2話感想まとめ

2013/10/13 00:19 投稿

  • タグ:
  • 秋アニメ
  • 秋アニメ感想まとめ
  • 2013秋アニメ
  • 蒼き鋼のアルペジオ
  • 東京レイヴンズ
  • ガリレイドンナ
  • サムライフラメンコ
秋アニメで視聴予定だった物がひと通り出揃ったのでざっとした感想を書く。
【月曜】
《蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-》
 漫画『蒼き鋼のアルペジオ』が原作のSF海戦アニメ。キャラクターを含めた全編3DCGで創られているのが特徴。原作は既読。
 正直な所、キャラクターのCGは多少の違和感を感じるものの、許容範囲。ただ、海戦の方で迫力ある描写をちゃんと出来るのか、と云う肝心な所にちょっと不安を感じる1話ではあった。キャラクターや設定はアニメ用に多少弄られているらしく、イオナのキャラにちょっと違和感を感じた。ただ、タイトルも違うので別物として楽しむ分には問題ない、と思いたい。本格的な評価は今後の対艦戦でのCGの出来次第だろうか。
 評価:若干不満、今後に期待。

【火曜】
《東京レイヴンズ》
 同名のライトノベルが原作。現代社会の夜を駆ける陰陽師達の物語。原作は既読。
 1話は原作1巻の序盤部分だったが、原作ファンとしては大筋満足な出来。北斗の可愛さが存分に出ていたのが素晴らしい。ただ、鈴鹿はちょっとあざといというか少し下品な方に寄ったのは残念。式神がCGで表現していたが、人造式がぱっと見でメカっぽく見えたのは今後との差別化にちょっとネックになるんじゃないかなぁと思わないでもない。
 原作はストーリーが進むほど面白くなっていくので、北斗に関する所くらいの出来が続くならかなり期待したい所だ。富士見のアニメ化は大抵出来が悪いので実は全く期待していなかったのだが、嬉しい誤算。OPもオサレで素敵。
 あ、メインヒロインですか?彼女は今力を溜めているんですよ。
 評価:満足、今後も期待

【水曜】
《境界の彼方》
 同名のライトノベル原作の京アニ製作アニメ。妖怪退治系異能バトルもの。原作は未読。現在2話まで視聴済み。
 やはりなんだかんだで京アニ作画は綺麗だ。ストーリー的には異能バトルラノベとして可も無く不可も無くという印象。ジャンルやキャラデザが嫌いじゃないなら見て損はない、程度の出来ではあるだろう。なんだかんだで女の子はかわいい。だが、母親は正直やりすぎでちょっと引いた。でもその分ちょっと主人公への感情移入は高まったw
 あと、メガネがやっぱり素敵である。
 評価:それなり、今後もきっとそれなり

【木曜】
《凪のあすから》
 オリジナルアニメ。電撃関係でのコラボが多い様子。
 残念ながら10分くらいで視聴を断念してしまった。見たところ海中で生きる人と陸上で生きる人がいて仲が悪い、海中人の学生が地上の学校に編入して…と言ったところまで見たのだが、正直あまり好みのジャンルではなかったのでやめてしまった。オリジナルアニメなので一応見たものの、設定にもキャラの性格、デザインにも好みを覆す程の物は感じなかった。
 若干ファンタジー風味な海青春学園モノなので、そういうのが好きな人はたぶん面白く見られるだろう。
 評価:好みの違いで断念、今後は基本的に見ない

《キルラキル》
 オリジナルアニメ。昭和臭漂う超人学園に挑むヤンキー痴女のお話。2話まで視聴済み。
 個人的には今季で一番の期待作。躍動感のあるアクション、勢いのある展開、馬鹿なノリとお色気。アタマからっぽにして気楽に楽しめる良アニメだ。主人公の逃げっぷりとやられっぷりが結構好きなノリ。
 評価:かなり良い。今後もかなり期待

《ガリレイドンナ》
 ノイタミナのオリジナルアニメ。1話を見た限りだと女性キャラ主人公のメカモノの様子。
 事前情報ほぼなしで見たのだが、アバンでメカモノだと判明し、ひとまず視聴継続。メインキャラとなるガリレオ三姉妹はみんな一癖も二癖もあるようだが、末っ子が襲ってきた飛行機を自作メカっぽいので撃ち落としのに惚れ込んでしまった。まだどんなアニメかはなんとも言えないが、全体的に軽めのノリと、SF世界、金魚飛行船がいい感じにマッチして中々面白そうに見えてくる。作画もかなりいい。
 評価:かなりグッド。今後がとても気になる。

《サムライフラメンコ》
 同じくノイタミナのオリジナルアニメ。改造人間でも、スーパーマンでもない青年が地道にヒーローを目指す話。
 主人公に特別な力など何もないし、特別な悪もいない、一言で言えば普通の世界で主人公は自分発注したヒーロースーツを身に纏い、社会の小さな悪を注意する。簡単にいえばこんな内容なのだが、警官と主人公のやりとりがシュールで楽しく、主人公のヒーロー業に励む姿は神妙な気持ちにさせられる。
 いくら殴られても手を出さず、他人が見て見ぬふりをする小さい悪をしっかり悪いと言う姿には真のヒーロー像を見た…とまでは言えないものの、主人公の熱き魂のような物が感じられた。しかし今後は同じような展開では飽きるだろうし、どのように話が広がるのか楽しみであると同時にどうなるのかと不安でもある。
 評価:なかなかグッド。今後は…どうなるのだろうか?

《革命機ヴァルヴレイヴ2ndシーズン》
 春アニメ、革命機ヴァルヴレイヴの分割2クール後編。1クール目は色々ぶっ飛んだ展開や描写で複雑な気分にさせてくれつつも、適当に見てる分にはそこそこ面白かった。
 1クールラストからどういう展開になるかと思いきや、そのまま普通に戦闘が続いて、最終的に撤退していくドルシア軍というちょっと拍子抜けな展開。要するにストーリーはそのまま続きだ。設定に関してちょっと明かされつつ、世界の裏も垣間見えて…と言った感じで伏線回収を早速始めているようで、1クールでわからなかったことはそれなりに納得できてきた。
 ただ、主人公は相変わらずなんともよくわからない思考回路だ。敵は容赦なく死なせてるくせに、餌はエルエルフだけにするという。この辺はやっぱりどうももやっとさせられる。
 普通に続きで、深く考えず見てる分には面白いので視聴は継続。
 評価:そこそこ。今後は…また何かやらかしたりしないかちょっと、いやかなり不安。

【土曜】
《ログ・ホライズン》
 NHKEテレ放送の同名のライトノベル原作アニメ。基本的にはゲーム世界取り込まれ系アニメ。日本人だけで3万人が取り込まれたゲーム世界風異世界での主人公シロエ達の冒険を描く。原作は既読。
 原作ファンとしては大満足とはいかずとも及第点といえる出来。大量の設定を画面でうまく見せているし、最低限の説明もできている。キャラも作画が安定しているとは言い切れないものの活き活きとしている。外伝キャラも含めてちょい役キャラもきっちり登場していてファンサービスも充実だ。ただ、細かい描写で、あれ?これ後で不味いんじゃ…というのが幾つかあるのでその辺をどう誤魔化すかがちょっと気になるところだ。
 評価:十分満足な及第点。今後は多少の不安はあれど、基本的に期待。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事