TRPG四方山話(文章執筆欲発散ブロマガ)

秋アニメ感想集その3 ログ・ホライズン

2013/10/10 04:23 投稿

  • タグ:
  • ログ・ホライズン
  • 2013秋アニメ
  • アニメ
秋アニメ感想集の3つ目。NHKEテレ土曜17:30から放送中のログ・ホライズンの感想となる。
俺はログ・ホライズンの原作の大ファンなので、そういう目線での感想になることをあらかじめ明言しておく。基本的にネタバレはしない方針なので未読者も大丈夫のはず。
【全体的な感想】
 まずまずの出来で及第点。原作ファンとしてもそれなり満足のいくアニメ、と言ったところ。かなり美麗な背景によって異世界の雰囲気がかなり出ているし、キャラクター達も活き活きと動いている。データ放送による設定解説も面白い試みだ。とは言えこれはアニメで説明し切るのが難しい情報量である故の苦肉の策でもあるだろうから、手放しで喜べることではないのだが。
【アニメ演出的なあれこれ】
 ストーリーの感想、といきたいところだが原作知ってるので感想も何もあったもんじゃないので、主に構成や演出に関する感想になる。
 アニメと原作ではアカツキと三日月同盟とで会う順番が逆になるのだが、これは個人的にはいい改変だと思う。マリエと梅子(ヘンリエッタの本名。基本的に私は梅子としか呼ばない)のキャラ性、特に梅子の方をいち早く示せるのはアニメとしてはわかりやすいだろう。
 戦闘演出も、メニュー操作も難しさとか、視界の狭さとか、細かい所がきっちり表現されていたのは嬉しい所。アニメの常としてわかりやすくするためかレベル差の割にHPの減りが早いのはご愛嬌か。後、直継とアカツキは敵を一撃で倒すのにシロエの魔法ではそうでない辺り付与術師の非力さが伺える。
 放送前のインタビューで監督が表情を描くことに力を入れた、と言っていたがその宣言通りによく見ると結構表情にはこだわっているのがわかる。コミカルな所だけでなく、シリアスなところでも表情の描き方に気を使っており、特にフレンドリストを見た時のシロエの安堵の表情なんかはよく表現できていたと思う。
 【設定的なあれこれ】
 ログ・ホライズンの世界はMMORPGをベースとした世界であるため、とかく設定が多い。職業であったり、スキルであったり、街であったりと設定は事細かに決まっている。それを一々解説するのは無理な話だし、必ずしも必要ではないのだが、一つ、重要ながら、ぱっと見で伝わりにくい設定がある。というか既存作品のせいで誤解されやすいというべきか。
 ログ・ホライズンの世界がベースとしているゲーム、エルダー・テイルはいわゆるパソコンや、家庭用ゲーム機でやる普通のTVゲームである。先発のSAOやAWの川原礫作品(筆者は川原礫ファンでもある)がネトゲアニメとして有名で、これらがVR(仮想現実)物であるから勘違いする人が結構いるようだが、エルダー・テイルは本来はVR物ではなく、普通のモニターで遊ぶゲームである。ログ・ホライズンの世界はエルダー・テイルの法則を引き継いではいるもののアニメの用に自分の体を使って動かすゲームではないので、そういったところの違いに主人公たちは四苦八苦しているのだ。
【キャラクターに関して】
 ログ・ホライズンには多彩なキャラクターが出てくる。アニメでは特にヒロインのアカツキの魅力が強調されていたように思う。膝蹴りのところのノリや、食事シーンの表情など、とにかく可愛くなっている。
 シロエは眼鏡が印象的だった。というか狙い過ぎである。
 その他画面には主要キャラでないMOBキャラも大勢写っていた。MMORPGの世界らしく、さまざまなPLとNPCキャラが描かれるのは雰囲気作りに一役買っているだろう。変な名前のPCが多いのもあるあるネタだ。
【芸の細かさについて】
 ログ・ホライズンには設定が多いと上で書いたが、それの一端がシロエ達の開く操作画面に現れている。職業やHPMP,アイテムや特技のリストなどかなり細かいところまでしっかりと作りこまれているのは原作ファンとしてはかなり嬉しい限り。更に、1話は顔見せも兼ねてかさまざまなギルドのメンバーがチラッと映っている。三日月同盟や西風の旅団など外伝でメンバーが描かれているギルドは本編の脇役キャラまできっちりキャラデザされて映り込んでいるのはニヤリと出来る。
 個人的に気になるのは黒剣のメンツで映った中にユーミルはいたのかどうかだったりするが、たぶん判明することはないだろう
【まとめ】
 全体として、細かいところまで作りこまれていて画面としてはかなりクオリティの高い出来になっている。とは言え、小説のアニメ化の宿命というべきか、膨大な設定をどこまでアニメの尺内で上手く表現できるかという問題があるためそこに不安がないでもない。放送スケジュールを見る限りはストーリー進行はそれなりのペースで一応安心はしているので今後も期待のアニメとして見続けて行く予定。4話、9話あたりが楽しみだ。
 あ、俺のお気に入りキャラは梅子です。美人会計さん素敵。









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事