TRPG四方山話(文章執筆欲発散ブロマガ)

秋アニメ感想集その2 キルラキル1話

2013/10/04 13:38 投稿

  • タグ:
  • 秋アニメ
  • キルラキル
  • 2013秋アニメ
2回めの投稿は同じく秋アニメの新作キルラキルの1話感想。
【感想】
グレンラガンのスタッフの新作オリジナルアニメということで期待して見たが、勢いがあって中々面白かった。
冒頭からトンデモ学園の有り様を描写しつつ、雰囲気を示し、中盤でサクッと主人公を敗北させてからのニュー衣装での逆襲劇はスピード感溢れて息つく暇がない。
 ネタ連発のセリフ回しの戦闘は人によっては気になるかもしれないが、高クオリティ作画でめまぐるしく動く中での勢いのまま紡がれれば寒いギャグも笑い飛ばして更に笑える雰囲気が作れていると個人的には感じた。
 最初の敵役ボクシング部の部長のノリは実に馬鹿なノリで好みだ。このノリはちょっとスタードライバーを思い出す。あちらよりはずっと昭和テイストではあるが。
【キャラクターについて】
 主人公の纏流子は猪突猛進っぷりと切符の良さが好感が持てる。負けっぷりと逃げ足の速さもかっこいいだけの主人公より人間味があって好きだ。後半のあの衣装はスタッフ悪乗りし過ぎだろ!と内心突っ込みつつも、照れて顔を赤くしてるのが可愛いのでスタッフグッジョブ!とも思ってしまう。
 生徒会のメンツはやはり昭和テイストというか、金剛番長とかそんなのを思い出すノリである。結構キャラも立ってたと感じたので今後あいつらと流子が激しくバトっていくと思うと楽しみだ。個人的には運動部統括の苦労人っぽいイケメンが好み。なんか実はちょっといい人そうなのがツボ。
 後は満艦飾マコが結構好きだ。熱血テイスト全開の中での数少ない癒やしとして今後もずれたセリフを言い続けて欲しい所。ところでパンツより胸のほうが気になってしまった視聴者はきっと俺だけではないはずだと信じたい。後熱湯風呂と言いつつ油じゃねーかってネタはちょっと笑った。
【総評】
 1話から面白く、かなり期待できるアニメ。このままのノリで最後まで突っ走ってくれるととても嬉しい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事